経済インテリジェンス

2016/12/15(木) 21:52

Market Express 2016/12/15 トレンドを読み間違えるな 世界の株価の動向より

 このところの株価の急上昇を受けて、日本のメガバンク株の空売りが6年ぶりの高水準となっています。最近の株価上昇はペースが速過ぎて行き過ぎたと考えられているためでしょう。
 
 東京証券取引所の週次データによれば、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ株の信用売り残は今月2日に1億900万株と、2010年7月以来の水準に達しています。
 
 この大相場に二つの見解が対立してます。つまり、テクニカル指標にこだわる個人投資家と、トランプ次期政権の政策が銀行に与える影響を注視する外国人投資家の間で相場観が全く相反しているのです。どちらが正解なのでしょうか。

関連記事

よく読まれている記事

「経済インテリジェンス」の最新記事

お薦め商品


カテゴリトップに戻る