経済インテリジェンス

2017/08/07(月) 10:03

Market Forecast 2017/08/07 中国を食らいつくせ!

 実際のところ、ここまで景気が良いのは何年ぶりのことでしょうか。その原因は、中国の過剰とも言える景気対策です。中国共産党の党大会は10月とみられていますので、その時期までは現在の景気も維持されると見て良いのでしょう。
 
 しかし、マーケットには、下落を始めた銘柄も多数見られます。今が分水嶺という見方も出来ます。決算もほぼ出そろい、今後は特定の材料に一喜一憂するマーケットが続くことでしょう。だからこそ、銘柄の選択が非常に重要な時期に入ったとも言えます。
 
 上昇した銘柄は以下の通りです。
 イオンフィナンシャルサービスは、170円ほど上昇しました。オービックビジネスコンサルタントは、140円程度上昇しました。東宝は、100円程度上昇しました。日本電産は、700円程度上昇しました。日立国際電気は、70円程度上昇しました。小糸製作所は、6400円でエントリーしておけば250円程度は儲かりました。日立建機は、月曜日の暴動でエントリーしていれば、60円程度儲かりました。マツダは、60円程度儲かりました。
デンソーは、少なくとも100円は上昇しました。日新製鋼は、少なくとも30円程度上昇しました。住友金属鉱山は、60円程度上昇しました。沖電線は、10円程度上昇しました。花王は、少なくとも60円程度は上昇しました。信越ポリマーは、1000円でエントリーしていれば、60円程度は儲かりました。コクヨは、60円程度上昇しました。任天堂は、500円程度儲かったはずです。ダイセキ環境ソリューションは、1400円でエントリーしていれば、60円は儲かりました。安藤・間は、25円程度上昇しました。ヤマトホールディングスは、70円程度上昇しました。日本通運は、40円弱上昇しました。サカイ引越センターは、250円程度上昇しました。豊田通商は、100円程度上昇しました。ニトリホールディングスは、1000円程度上昇しました。コメリは、100円弱儲かったはずです。総合メディカルは、250円程度上昇しました。ベルシステム24ホールディングスは、30円程度上昇しました。白洋舍は、200円近く上昇しました。
 
 下落した銘柄は以下の通りです。
 VOYAGE GROUPは、200円以上下落しました。サイバーエージェントは、130円程度下落しました。富士通ゼネラルは、20円程度下落しました。KOAは、100円程度下落しました。東京エレクトロンは、900円程度下落しました。新光電気工業は、20円程度下落しました。日立ハイテクノロジーズは、150円程度下落しました。アイシン精機は、300円程度下落しました。日立金属は、25円程度下落しました。JMCは、70円程度下落しました。KIMOTOは、5円は下落しました。東芝プラントシステムは、17円程度下落しました。千趣会は、20円程度下落しました。インフォマートは、60円以上下落しました。
 
 

関連記事

よく読まれている記事

「経済インテリジェンス」の最新記事

お薦め商品


カテゴリトップに戻る