2018/04/07(土) 07:42
10
10

【元厩務員、今馬喰SEVENの競馬レポート#11】

(シーズン連載中です)

阪神競馬場のサクラはまだ満開なんですかね?桜花賞だからスワーヴリチャードは言った通りのやり方で右回りに対応してきたでしょ?グレーターロンドンも言った通り飛んだでしょ?やっぱりドバイは青かった

(今回のおまけという名目の予想)

日曜
【桜花賞】

【今回のお題】
※サクラスコシサク
※少し気になった馬
※調子にのるなブーメラン上等
※ノーザンダンサー系の秘密#1

--------------------------------------------------------------------------------
レポートは長くなりますのでまず予想から
2018/04/06(金) 12:33
10
10

【Tの視点】4月27日に予定されている南北首脳会談

 2018年4月3日、青瓦台(韓国大統領府)は、「4月27日の南北首脳会談の核心的な課題は、非核化と平和定着である」旨の発信をした。
 
 青瓦台(韓国大統領府府)は、4月27日の南北首脳会談で文在寅大統領(韓国)と金正恩委員長(北朝鮮)の間で何らかの非核化に関する合意文書(非核化宣言)をまとめる積極的な姿勢を示した。
 
 既に南北間においては1992年1月21日(正式調印)に「朝鮮半島の非核化に関する共同宣言」が締結されているが、文在寅韓国大統領としては4月27日の南北首脳会談を契機として、朝鮮半島情勢や北朝鮮の核とミサイルの問題を巡り、韓国のプレゼンスや影響力の拡大をはかりたいといった思惑がある。
2018/04/06(金) 12:29
20
20

【インテリジェンスJP】ロシア最新!関連情報

前回に続いて、ロシアに詳しい情報関係者からの話が入ってきたので、お伝えする。

1.ロシア政府の紐付き企業、Kにご用心
2.プーチンの「国家親衛隊」が監視した大統領選挙
3.ロシア連邦対外情報庁(SVR)長官のダマスカス訪問
2018/04/05(木) 00:07
30
30

【追記あり】ビートたけし独立騒動に疑問!「愛人相続映画」の題材か!

二週間前あたりから「ビートたけしがオフィス北野から独立」の話題が続いている。

そして、今日発売の週刊新潮で、オフィス北野の森社長が4ページにわたり独占告白している。
 
ビートたけし」独立問題の裏の裏 「裏切り者」にされた「森社長」の悲痛な反論5時間(週刊新潮 2018年4月12日号)というものだ。

「そりゃぁ、森さんは新潮に話しますよ」
とは、とある広告代理店幹部。

「森さんは、新潮の表紙の絵を描いている谷内六郎画伯が義理の父、つまり妻の父にあたるんですから」

そもそも、たけしは騒動になれば新潮に掲載されるのはわかっていたはずである。森社長の義父が谷内六郎画伯である事を知らないわけがない。それなのに、たけしが編集長を務める携帯有料サイト「お笑いKGB」で「新潮がやりやがった」といっている。不自然ではないだろうか?

さらに、いくつかの疑問があるのだが、それについて書いてみよう。
2018/04/04(水) 16:00
20
20

【Tの視点】北朝鮮のスポーツ(五輪)外交

はじめに
 
 2018年2月の平昌冬季五輪の開会式では、「統一旗」を掲げて南北合同入場を韓国と北朝鮮は行った。2018年4月2日、芸術団とともに平壌・北朝鮮を訪問中の都鍾煥・韓国文化体育観光相は、金日国・北朝鮮体育相と会談を行い、平昌冬季五輪の開会式での南北合同入場と同様、8月に予定されているインドネシアでのアジア大会においても開会式での南北合同入場を行うことで合意した。この動きは北朝鮮による外交攻勢の一環としての動きであり、平昌冬季五輪以降の北朝鮮による「五輪・スポーツ」外交の一環である。
 
 2020年に東京夏季五輪、2022年に北京冬季五輪を控えているが、すでに北朝鮮は東京夏季五輪と北京冬季五輪に選手団を送り、参加することを明らかにしている。
2018/04/03(火) 14:17
44
44

(後編)森友問題は同和利権!マスコミは「めんどくさいから安倍のせいに」。

前編
http://www.j-cia.com/archives/14165
の続き、後編です!
------------------------
 
「前編」では各メディアの“事情に詳しい”記者たちが、なかなか森友問題の真相に触れることが出来ない忸怩たる思いを述べてもらった。「後編」では彼らが読み解く“問題の深層”について語ってもらった。「前編」を読まないとわかりにくい内容も含まれるため、是非「前編」を読んでからこの記事に触れていただきたい。ちなみに当サイト技術トップは、某”大阪の肉屋さん”に肉を一頭、安く手に入れられるくらいのメンバーである。北新地で「俺はAだ」と飲んで暴れ・・・まぁその話は違う話でしたが、まぁ、それくらい仲良しでもあるわけです。だから、タブーもクソもない。
  
「前編」では3名の大手メディア記者たちに登場してもらったが、「後編」では別に3名のジャーナリストに登場してもらう。極めて微妙な内容であることから、各人の安全を守るために完全匿名であることはどうかご容赦いただきたい。
2018/04/03(火) 05:09
45
45

【インテリジェンスJP】やっぱりロシアは火事場泥棒

 第二次世界大戦末期、日本がいよいよ連合国に降伏するという段になったその時に、ソ連が日ソ不可侵条約を一方的に破棄して(8月9日)、火事場泥棒的に満州やら北方領土、出来れば北海道までも手に入れようと野心を剥き出しにし、北方諸島最北端の占守島を襲撃したのは8月18日未明のことだ。一連のロスケ共の非道ぶりは、当サイトの読者なら既にご存知の事と思う。米国と中国が太平洋を挟んで覇権を争う状況になっている現在、
2018/04/02(月) 21:03
24
42

【Tの視点】「プーチンの最期の戦い」

はじめに
   
 今回のロシア大統領選において得票率76.6%(投票率67.9%)といった歴史的な選挙結果でプーチン大統領は通算4選を果たした。だが、この歴史的勝利ともいわれる一方、プーチン大統領の表情は芳しくないことでもわかるように、いわゆる「プーチン・Fatigue(プーチン長期政権疲れ)」、プーチン政権による政治・経済の運営、外交安全保障政策等に関する停滞感やプーチンに対する倦怠感を払拭できないという行き詰まり感がプーチン大統領の表情の陰りを作っているのかもしれない。
 
 「強いロシア」・「ロシアの栄光」を取り戻すことがプーチン政権・プーチン体制の戦略目標であり、その実態は「ロシアの立て直し」、「ロシアの再建・復権」である。だが現実は、「強いロシア」や「ロシアの栄光」の実現は茨の道であり、「ロシアの立て直し」・「ロシアの再建・復権」に向けた死闘を演じているというのが、プーチン体制の現状である。
 
 プーチン体制が対峙しているロシアの国内外を取り巻く「現実」は、それほどまでに厳しいものである。今回の大統領選での勝利により、プーチン氏は首相時を含め、24年間もの長期にわたって事実上のロシアの最高指導者としてその任を担うことになる。
 
 だが、プーチン氏を中心とするプーチン体制といえども、「ソ連崩壊過程期〜プーチン氏が権力を掌握するまでの間」のロシアの混乱期におけるロシアの資産の簒奪・散逸・富の流出や混乱のダメージから、脱却したとは言えない状態に現在のロシアはある。
 
 これからの6年間の大統領任期は、プーチン氏にとっておそらく最期の任期になると思われる。
今回の選挙での勝利によってプーチン氏が得た6年の大統領任期は、「プーチン氏の最期の戦い」ともよべるものになるであろう。
2018/04/02(月) 17:59
30
30

【頂き物:10年モノ】海坊主関連一行情報

題名でピンとくる方のみお買い上げを。これももう10年くらい寝かしておいたのでもういいだろう。本人が見たらびっくりするだろうなぁ。
2018/04/02(月) 17:47
50
50

【失敗談】シャブ&アスカの仁風林、2008年につかんでいた情報

上記施設は、ASKAの覚醒剤取締法違反の逮捕にて有名になったが、実はそこは、経産省官僚たちが大勢、夜な夜な通っていたのである。完全な接待行為だったが、立件に到らなかった。こっちの草は飛ばされるし、事件としても建てられず大失敗だったのだが・・・
 
と、わかりにくく書いたところで、懐かしの情報を出しましょう。これは深いよ。
2018/04/02(月) 14:08
39
39

(前編)森友問題は同和利権!マスコミは「めんどくさいから安倍のせいに」。

 情報強者揃いのこのサイト読者に対して、改めて森友問題の説明は必要はないだろう。森友学園が設立を予定していた小学校用地として、大阪府にある国有地が「通常より安く払い下げられたのではないか」という疑惑である。野党を中心に「安倍首相夫妻が便宜を図ったのではないか?」と、官邸の責任を追及する動きが活発化している。
 
 さらに財務省官僚による公文書改ざん疑惑まで表面化し、報道を見ている限りではますます疑惑は深まったかに見える。しかし、天真爛漫で知られる昭恵夫人のキャラクターを考えると、彼女が黒幕だという説にはしっくりこない人も多いようだ。さらに安倍首相本人の日常的な多忙さを考えると、これほど瑣末な案件にわざわざ自ら首を突っ込むとは思えないという感想を抱く人も多いと聞く。要するに、いかにもそれっぽい報道各社の“謎解き”をいくら聞いても、ストンと腹に落ちることがないのだ。なぜだろうか?

 在阪民放テレビ局のベテラン記者A氏が苦笑いしながら漏らす。「それは・・・あのタブーに触れないまま、逃げの報道をしているからだよ・・・」
 当サイトでは、事情をよく知る複数の大手メディア記者たちが語る事件の深層と、彼らが一様に抱く「めんどくさい同和」をお伝えする。
 
 
 まずは前出の在阪民放テレビ局のベテラン記者A氏が語る。
 
「みんな、本当のことなんてとっくにわかってるくせにね。でも絶対に報道できっこないタブーだからね。いったん反権力の掛け声で振り上げた拳をそのまま降ろすわけにはいかないから、安倍政権批判にすり替えたまま続けるしかないんだろうね」
 
 
2018/04/01(日) 15:32
42
42

【Tの視点】元ロシア露情報機関員の暗殺未遂事件

はじめに
 
 2018年3月4日、英国南西部のソールズベリーにあるショッピングセンターにおいて、元ロシア情報機関「軍参謀本部情報総局」(GRU)大佐のセルゲイ・スクリパル氏とその娘が意識不明で見つかった。
 
 英当局は、捜査の結果、旧ソ連が開発した化学兵器・神経剤「ノビチョク(A-230)」が使用されたと発表し、3月14日に英国はロシアに対する報復措置として在英ロシア公館に勤務するロシアの外交官に国外退去を要請し、今年開催予定のワールドカップ・ロシア大会に英国王室や英政府閣僚が出席しないことを発表した。
 
 また英国政府は「3月13日までにロシア政府による説明が得られない場合はロシアの犯行とみなす」旨、3月12日にボリス・ジョンソン外相を通じて駐英国ロシア大使に通告していた。今回の英国で生じた「ノビチョクを使用したロシアの元スパイ(二重スパイ)父娘の暗殺未遂事件」に関し、英国をはじめとする欧州諸国・EU、米国等も「事件にロシアが関与した可能性が高い」とする見方で一致し、ロシアに対し強い姿勢で臨むことを確認した。
 
 英国や米国をはじめとして、欧州各国を中心に「ロシアへの強い非難」とともにロシアに派遣している各国の外交使節・外交官(大使・公使)の召還やロシアの外交官に対する国外退去等の措置をとってゆくといった流れになっている。
 
 このような対ロシア報復措置をとる欧米諸国(=NATO諸国)に対してロシア政府は、
2018/03/31(土) 22:11
50
50

【二階堂、これ調べてます】メモだけど、見ます?

いま追っている事件がある。なんか名探偵コナンのようなセリフだが。楽天の借入金の増加でもグラフにしようと思ったし、登記も全部取ってあるが、ちょっと後回し。
 
で、今追っている事件。簡単に言うと、どうも怪しいのがたくさんいて、税金をかっぱらおうとしているようだ。ものすごく簡単な予測相関図もある。ただ安くすると広まるので値段を上げているのはご勘弁いただきたい。
 
まず、大臣の、
2018/03/31(土) 15:11
10
10

どこぞの自称霊能力者の昔話と応援(@_@)

たかだか一人の霊でやられてしまう”焼き肉のタレ”みたいな名前の人がいる。ちなみに焼肉のタレのMは北朝鮮系だ。
 
冒頭から話、それちゃいました。いやはや、笑える昔話。こういうの、出されたら、懐かしいだろうなぁ(笑)
2018/03/31(土) 04:57
7
7

二階堂と風水と引き寄せの法則

いつからか知らないが、引き寄せだのスピリチュアルだのが流行っている。すべて偶然で運命はそんなもの、と片付けてもいいと思う。江原なんて、大して力もないくせに松濤にすんでいる。まぁ人のことなのでどうでもいいのだが、それを押しつけてくる奴がいる。「江原先生がね・・」知るかと。俺に挨拶もないヤツのいう事なんて信じないわ。ましてやテレビに出てるんだよ。そんな奴どうでもいいじゃん。
 そういう他人にすがる、
2018/03/30(金) 17:04
20
10

お試し低価格:【Tの視点】中朝首脳会談と北朝鮮外交

*いつもより記事を値下げしてお送りしています。当方の記事を切り貼りして報告書にしている皆さんのほか、読者さんが増えればいいなと思っています。

------------------------------------
はじめに 
   
 金正恩氏は習近平氏の招請に応じ(今回の訪中の建前)、2018年3月25日〜28日の日程で中国を「非公式訪問」した。金正恩氏は今回の訪中で「2011年5月の金正日氏の電撃訪中」のスタイルを踏襲して再現することで、演出効果を狙っている。移動日の2日間を除くと、実質的な外交日程は2日間となった。
 
 報道等によると、金正恩氏の訪中は、中朝首脳会談、北京のシリコンバレーと呼ばれる「中関村」の中国科学院文献情報センターの見学、天壇公園訪問、そして3月26日の人民大会堂での晩餐会と釣魚台迎賓館での昼食会といった外交日程。
2018/03/30(金) 05:55
7
7

【二階堂ぼやき】エネルギーと真実と

エネルギーというのは、歴史的にも紛争の原因となることが多いだろう。イラク戦争などもそうだろうし、中東の揉め事なんかは結局「石油資源を巡る戦い」であっただろう。石油が中東に一切なかったら、紛争など起きなかったと思う。
 田中角栄も、
2018/03/30(金) 05:31
598
298

【スクープ!マスコミなら全員必見!】A生T郎を潰すなら、森友よりこっち

これは、表に出ていない話である。政権が吹き飛ぶ可能性は森友より高い。
前置きしておくが、これは読む人が読めばなんだか全部分かる。永田町にいた奴なら全員分かる。新聞記者もよほどのバカじゃなきゃ分かる。一般人で良く政治を知っている奴も分かる。
でも、本当の一般の方は、読んでも意味不明瞭な所があるとお断りしておく。
 
これ以上の前置きが面倒なのでズバリ書くと、
2018/03/29(木) 23:00
50
50

【インテリジェンスJP】日本の国家情報収集は話にならない。実情を暴露!

 日本では中国脅威論が大分大きくなってきてはいるが、威勢の良いことを言う奴ほど、どの程度の覚悟を持っているのか疑わしい。「自衛隊を国防軍にしろ」とか、「徴兵制を復活させろ」などと声高に言う連中は大体が、自分が戦場に立つことは想定していない。実際に戦死する可能性がある軍人自身が、最も平和を望んでいるという事に思い至らない浅はかな自称保守が多過ぎる。
 
 そもそも、
2018/03/29(木) 18:16
4,980
2,980

【追記あり】儲ける!【Inside Report】また、ファンドが買い増し!他の全株処分で買おう!おまけ情報も!

【お約束の前置】*注意!本記事は掲載時までの情報に基づく言論記事であり、投資指導、助言などのいかなる行為もしておりません。当サイトは綿密な取材やインサイドインテリジェンスを行っておりますが、結果を保証するモノではありません。従って、購入後の返金やポイント返還はできません。皆さんの視点と当サイトのインサイド情報がマッチしたときには、莫大な利益が出ることでしょう。ただ、表題及び本文にどのような記載があろうとも、金融商品の売買を勧める記事ではありませんのでご了承ください【お約束前置終わり】


--------------------------------
 
ピンとくる方はこの記事をお買い上げしないでください。企業の名前自体は前も出しています。でも、今週中に夜も含めて持ち分を増やす、というインサイド情報がやってきました。仕手とかではない、本物のファンド連中です。ちなみにすぐに名前が出たり持ち分が変わったりとはなりません。水面下でやって行きます。
さぁ、買え!まだ全然安いぞ!!!2020年にやってくる不景気、日経平均下落などにも勝てるのはこの株しかない!
次のページ>>