2017/07/30(日) 09:27
35
35

声優、上坂すみれの憂鬱

文春が先日、声優、茅原実里の結婚話をスキャンダル風にして出したものの、全く記事の的が外れてて失笑されるということがあった。

結婚離婚出せばいいもんでもない、ってのが普通の芸能人と違うんだが、どうやらわかってなく出し方を間違えたらしい。記者にも変革が求められてます。

さて。題名の話に移ろう。これは確実な筋。
2017/07/28(金) 18:29
5,980
4,980

【Inside Report】絶対自信の総力特集!夏のレジャー資金、神懸かり的に稼げる5本!防衛省もからみます。

※注意!本レポートは当たってますが、単なる情報・言論記事です。題名や本文に特定の文言等があっても、特定の投資商品の売買を推奨するものではありません。本記事は、当サイトの情報力を知っている方が「ほぉー!」と思ったり、その他いろいろな情報を収集するために出しているものであります!なので「株で一発儲けよう」という方はこの記事の購入をお見送りください(笑)。購入後の質問等には金商法の規定でお答えできません。購入後のキャンセルも受け付けません!恐縮です!
 
※本記事は値下げいたしません。
-------------------------
レジャー資金から、学資資金まで。この夏はちょっと吹いてみないか!5銘柄プラス1のおまけ情報付き。夏のJ-CIAは金神がついてて、すごい儲かりました。あ、その時記事書いてない・・・最近、思いつきで買ったら上がるんです。50万ほどしか抜けませんでしたが500万で3日で50万なら十分でしょう。

さぁ!金を使う予定のある人も、儲ける予定のある人も、全員、絶対に買わないと損!一部の人に大好評の「一発ギャンブル株」もありますよ。ではでは参りましょう!まずは、防衛省も永田町も関係する一発銘柄から!次に手堅い1銘柄!さらに手堅い2銘柄、そして学資保険のごとく2銘柄。ガッツリ儲けてガッツリあそびましょう!
デイトレ派も慎重派も楽しめますよ!

 
2017/07/26(水) 11:28
30
30

私の履歴書(仮) 9−A

さて。前回
http://www.j-cia.com/archives/13474
の続きなのだが、
2017/07/26(水) 00:44
30
30

Market Express 2017/07/26 ここでやってくるどんでん返し!

Market Express 2017/07/26 ここでやってくるどんでん返し!
 某外資企業の業績が大幅に変動しました。トレンドの転換点になるような大企業です。この企業の収益の変動は、日本の同種企業にも大きな影響を及ぼすことでしょう。この数日、マーケットを覆っていた嫌な雰囲気を吹き飛ばすには十分な材料です。早い者勝ちです。皆さん手軽にさくっと儲けてくださいね。
 
1.某社の回復(本文では実名で表記されています)
2.日本市場への影響は
2017/07/25(火) 05:30
30
20

【インテリジェンス・K】米軍情報特集

インドでも緊張が高まっていますが、安全保障面でも徐々に一触即発のような状況が世界各地で発生しつつあります。北朝鮮関連を含めた米軍筋の情報が増えていますのでお知らせします。北朝鮮有事では、米軍も出動した方が良さそうですね。
[北朝鮮のミサイルの射程]
[アメリカの敵]
[海兵隊の動き]
[米中軍事交渉]
2017/07/24(月) 23:06
 

カタール航空

カタールとアラブ諸国が断交したため、エミレーツとエティハドに客が流れており、殿様商売状態。
2017/07/24(月) 04:04
30
20

【インテリジェンスK】アメリカの動き 7月24日 塀の上を歩いているトランプ

 実際、上下院の努力でトランプを弾劾にまで持ち込むことは不可能でしょう。しかし、モラー特別検察官ならばどうでしょうか。トランプ大統領の過去の記録に対して現在全面的な捜査が行われている最中です。ここで何か否定しがたい情報が発見されれば、トランプ政権は相当のダメージを受けることになります。
 
 オバマケアの撤廃も重要なのでしょうが、ついにおしりに火がついてしまう可能性があります。
 確かに、トランプ政権によりアメリカ外交の方向性は大きく転換したことは事実でしょう。しかし、政権維持が困難になれば、それどころではありません。アメリカはさらなる停滞を迎えることになるでしょう。マーケットも今回の一件で高めの株価が吹き飛んでしまうかも知れません。
 
[トランプ政権の憂鬱]
[米ロ首脳会談の意味]
[健康保健制度の行方]
[インド]
[米中蜜月の終わり]
2017/07/23(日) 23:10
30
30

Market Forecast 2017/07/24 いっそうの銘柄選択で、確実に儲ける!!今回はセール!

アメリカの政治状況が混沌としてきました。現在の株価の水準は高止まりであることはマーケットの参加者ならば、十分に承知していることです。トランプ大統領の危機は、行き過ぎた相場の危機ということもできるでしょう。今週は若干の調整があるかもしれません。
 先週上昇した銘柄は以下の通りです。
 松竹は、80円程度上昇しました。ロームは、150円以上上昇しました。ローランド ディー.ジー.は30円程度上昇しました。ソニーは、30円以上上昇しました。ダブル・スコープは、300円上昇しました。戸田工業は、60円近く上昇しています。安川電機は、400円上昇しました。アマノは、30円近く上昇しました。ディスコは、800円近く上昇しました。ハーモニック・ドライブ・システムズは、500円以上上昇しました。ミクニは、15円程度上昇しました。第一精工は、300円近く上昇しました。SUMCOは、少なくとも40円は儲けられたはずです。三井金属は、15円近く上昇しました。昭和電工は、250円近く上昇しました。ホギメディカルは、300円弱上昇しました。日本郵船は、5円程度上昇しました。寿スピリッツは、400円近く上昇しました。S FOODSは、17日の出だしで買っていれば100円以上儲かったでしょう。コスモス薬品は、1000円近く上昇しました。
スタジオアタオは、500円以上上昇しました。ディップは、少なくとも60円上昇しました。エス・エム・エスは、250円近く上昇しました。
 下落した銘柄は以下の通りです。
 KDDIは、30円弱下落しました。象印マホービンは、10円程度下落しました。三協立山は、50円近く下落しました。住友ゴム工業は、40円近く下落しました。サッポロホールディングスは、40円程度下落しました。いちごは、4円程度下落しました。IDOMは、月曜日の内に10円程度下落しました。ユニー・ファミリーマートホールディングスは、100円以上下落しました。ファーストリテイリングは、2300円程度下落しました。
電通は、100円以上下落しました。オオバは、20円程度下落しました。平和は、30円程度下落しました。SANKYOは、20円程度下落しました。
2017/07/23(日) 07:10
30
30

芸能なの?いや、半分だけ・・・

どうも、下村博文とそのまんま東こと東国原英夫には関連があるらしい。関連と言うほどのものではないが、
2017/07/23(日) 06:40
0
1,980

【二階堂特殊記事】われらが天才情報官からの特殊情報

いまは在野に下って、療養をしている方がいる。様々な事情でそうなられたのだが、とにかく頭がいい。そして、調べることをいとわない。無理はできないが、フィールドワークも行うことができる。私は「特命情報官から」と書いたりするときがあるが、その方のことだ。
 
その方が療養されてなければ、組織にずっといたはずなので会うこともなかっただろう。最初は「妙に絡んでくる人だ」と思ったのだが、民間人とは思えない情報収集力、コネクションを持っている。私が最も信頼する仲間だ。仲間、等というと本当は失礼なのだがあえて親しみを込めて。
 
それほどの人間がもたらす情報というのはどういうものか?
「価格は絶対に高くしてください。それから、誰もが簡単に見れないようにしてください」
情報的には全くその通り、というものだ。

ただ、ご注意頂きたい。別にいますぐどこかの株価が上がるとか下がるとはではないし、見ても「なんだよ」と思うかもしれない。ただ、情報をやっていれば「この情報官というのは何者だ」と言うに違いない。なので誠に恐縮ながら、「それがなんなのか絶対に知りたい」という方だけが購入頂きたい。
 
ただ、これだけの情報が、こんな安いコストで手に入るか(人を使えば人件費、交通費、通信費もかかります)ということを考えれば、「全く安すぎるくらいに安い」という話だ。ただし繰り返すが、特定企業の話ではない。関係している電力企業はあると思うが・・・情報は複数ある。それを大公開だ!
2017/07/22(土) 23:51
70
50

経産省事務次官の憂鬱

「あいつが事務次官になるとは思わなかった」
そう語る人は多い。役所の中の事は知らないが、少なくとも、安倍政権における影の帝王、「今井天皇」の息がかかった人事なのだから間違いは無いだろう。

いうまでもなく、経産省事務次官、嶋田氏の話だ。いやでも本当はそうではない。
 
実はこの記事は、
2017/07/21(金) 05:13
30
30

今年も北戴河の季節が近づきましたが

 今年も、8月の北戴河が近づきましたが、孫政才が失脚しましたね。

 5月から6月にかけ、王岐山が40日間姿を消していましたが、6月20〜22日に貴州省紀律検査委員会検査ほかに顔を出し、で貴州に潜航していたことが判り、貴州は胡錦涛の政治基盤であり、今回の訪問が習近平と胡錦涛同盟の堅固さを示すものと受け取られています。

 毎回、王岐山が
2017/07/19(水) 02:02
40
30

Market Express 2017/07/19 Big Shortで儲けろ! 相場が瓦解する瞬間を予想する!

そろそろ、相場は崩れるはずと思っておられる方も多いのではないでしょうか。今年の株価の上昇は、アメリカと中国の国内事情による点が大きいといえます。とするならば両国の国内事情から、一世一代の大暴落のタイミングを予測できる、もしくは大暴落につながる要因を事前に察知しておくことは可能になるでしょう。
 まあ、先のことはわかりませんが、現金の比率はそろそろ上げておいた方がよいでしょう。相場の下落時は、一世一代の買い場でもあります。今回のチャンスを多くの方々に生かしていただければと思います。
 ただ、今回は現段階での予測ですので、状況が変動次第また追ってお知らせすることにします。
1.相場が崩れない原因
2.アメリカ経済の現状
3.アメリカ経済の盲点
4.相場が崩れるのはいつか
5.結論
2017/07/17(月) 08:22
50
50

Market Express 2017/07/17 停滞した相場を突き破って儲ける秘訣!

相場が停滞しているからこそ、銘柄を丁寧に選んでいくことが必要になります。バットを短く持って、確実にトレードすることが欠かせません。アメリカ経済や中国経済に対する懸念は残りますが、その隙間をかいくぐって上昇する銘柄に別途使用ではありませんか。案ずるより産むがやすしです。
 上昇した銘柄は以下の通りです。
 コスモス薬品は、1200円以上上昇しました。ディスコは、600円上昇しました。スズキは、火曜日に少し下がったところでエントリーしていれば、250円以上儲かったでしょう。THKは、100円近く上昇しました。麻生フォームクリートは、8円上昇しました。日本基礎技術は、30円上昇しました。古河電池は、50円近く上昇しました。SUMCOは、80円以上上昇しました。SCREENホールディングスは月曜日の内に60円程度上昇しました。ネットワンシステムズは、30円以上上昇しました。クボタは、30円近く上昇しました。サンデンホールディングスは、15円近く上昇しました。SUBARUは、30円近く上昇しました。山陽特殊製鋼は、10円弱上昇しました。日立金属は、30円程度上昇しました。日本特殊塗料は、120円程度上昇しました。前田建設工業は、40円近く上昇しました。JR西日本は、40円以上儲かったでしょう。アサヒグループホールディングスは、60円近く上昇しました。江崎グリコは、月曜日の寄り付きで買っていれば、80円は儲かったでしょう。ネクステージは、130円程度上昇しました。ウエルシアホールディングスは100円弱はもうかったはずです。アスクルは、3600円でエントリーしていれば、少なくとも50円は儲かったでしょう。サーラコーポレーションは、70円近く上昇しました。コシダカホールディングスは、60円弱上昇しました。ラウンドワンは、80円程度上昇しました。
 下落した銘柄は以下の通りです。
 出光興産は、120円近く下落しました。ジャパンディスプレイは、3円以上上昇しました。第一三共は、30円程度下落しました。石油資源開発は、月曜日の内に20円下落しました。国際石油開発帝石は、月曜日の内に10円下落しました。JXTGホールディングスは、10円近く下落しました。東邦チタニウムは、13円程度下落しました。大阪ガスは、8円以上下落しました。ユニゾホールディングスは、40円近く下落しました。JR九州は、40円下落しました。アダストリアは、60円近く下落しました。エービーシー・マートは、100円下落しました。ヨンドシーホールディングスは、70円程度下落しました。ローソンは、70円程度下落しました。セブン&アイ・ホールディングスは、70円程度下落しました。乃村工芸社は、100円弱下落しました。
2017/07/17(月) 07:26
30
30

【インテリジェンスK】アメリカの動き 7月17日 久しぶりの中国特集

誤解がないように申し添えておけば、大陸・半島諸国との戦争はもう既定路線です。ただ、実際に戦争に入る前に相当の準備が必要になります。どうしても1年から2年はかかるのです。それまでは北朝鮮のミサイルがいつ日本に向けて発射されるのか、中国がいつ尖閣に上陸するのかにおびえて眠る日々が続くことになります。一触即発のこの事態に、保育園や大学の認可問題で時間を浪費する日本の政界・メディアは深く反省する必要があるでしょう。まさしく現在の日本人は家宅の人(家が火事なのに、遊びに興じて火事の家から逃げない子供)なのです。
 確かに現段階で見れば、トランプは親中政策を踏襲しているように見えます。しかし、本音のところはどうなのでしょうか(笑)。今回は中国による息の長い対米工作の片鱗を紹介しましたが、日本はといえばさらに苛烈な中国の工作が進められているのです。
 メディアや野党が先導する安倍内閣の倒閣運動も、こうした工作の一端でしかありません。安倍政権の支持率が下がったとたん、日本近海における人民解放軍の活動が活性化していることをもっと重く受け止めなければいけません。アメリカが台湾を独立国として認めるとき、すなわち従来の「一つの中国」政策を放棄するときこそが、米中戦争の火蓋が切って落とされる時なのです。
[中国]
2017/07/16(日) 08:03
30
30

香水をやたらつける半分日本の血の芸能人

「いや、もうね、すごい臭いなんですよ。楽屋が隣なのに、すごいんですよ。局の空調の問題もあるのかもしれないんですけど、はっきり言って本人とマネージャー以外は「なんだありゃ」と思っています。顔はかわいいんだからどうにかすればいいのに・・・」
 
 某テレビ局の、まぁ、偉いとも偉くないとも言えない中間管理職の製作担当がそう、こぼしていた。
 
「誰よそれ」

「ああ、私から聞いたことだけでなければ大丈夫ですよ・・・でも実名は勘弁してくださいよ・・・
2017/07/14(金) 14:02
3,980
2,980

【追記あり!インサイドレポート】なんと経営者と政治家が自ら!!!本当のインサイダだー!

※注意!本レポートは当たってますが、金融商品の売買を勧める記事ではありません。単なる情報・言論記事です。題名や本文に特定の文言等があっても、特定の投資商品の売買を推奨するものではありません。本記事は、当サイトの情報力を知っている方が「ほぉー!」と思ったり、その他いろいろな情報を収集するために出しているものであります!なので「株で一発儲けよう」という方はこの記事の購入をお見送りください。購入後の質問等には金商法の規定でお答えできません。購入後のキャンセルも受け付けません!恐縮です!
-------------------------
*14日17時40分追記あり 

これは値段を高くさせてもらいました。なぜかといえば、経営者と政治家までもがつるんでいる、という状態だからです。これは楽しいインサイダー情報だ!確かに、情報の通りいま徐々に上がっている。これを逃すことはない!絶対みんな儲けて、夏休みのレジャー代にしよう!!!

 社長がいっている銘柄とはズバリ、
2017/07/14(金) 09:23
0
4,980

【Inside Report 超極】ほれ来た、次は「あの電力」の大スクープ!!!

※注意!本レポートは当たってますが、金融商品の売買を勧める記事ではありません。単なる情報・言論記事です。題名や本文に特定の文言等があっても、特定の投資商品の売買を推奨するものではありません。本記事は、当サイトの情報力を知っている方が「ほぉー!」と思ったり、その他いろいろな情報を収集するために出しているものであります!なので「株で一発儲けよう」という方はこの記事の購入をお見送りください。購入後の質問等には金商法の規定でお答えできません。購入後のキャンセルも受け付けません!恐縮です!
※ネタ元からの依頼で、「両でしか買えないようにしてほしい。マスコミが来ても困るからなるべく高めに」と言われましたので変更いたしました。やっぱりガスより電気です。
-------------------------
 
現在、機密に指定されている事項だ。ただ、「機密になってること自体を外に公表できない」というジレンマがあるため、当サイトで書くのは何ら問題がない・・・ないわけではないが「高くしてくれ」と指定されている。
 
じゃ、いきますよ!
2017/07/14(金) 09:18
30
30

『来週の会議に出すネタに困ってるマスコミさんへ』

*本記事はすぐ消します。たぶんみんなが追うから・・・

実は、今話題の「キチガイハゲー」
2017/07/13(木) 21:45
30
30

「米中関係に関する一考察  トランプ・習の「共謀」・「協働」関係」

はじめに

2017年7月8日、ハンブルグ(独)で開催されたG20・主要二十カ国・地域首脳会議に合わせて米中首脳会議が開かれた。
今回の米中首脳会議は当初40分程度を予定していたが大幅に時間が延長され、
結果、予定された倍以上の約90分の会議となった。
米中首脳会議に関する米中両国政府のリリース、両国首脳の発言、政府関係者の発言、様々な報道やシンクタンク等による分析・評価からみると、米中二国間の「非衝突と非対立」、「相互尊重」、「ウィンウィン」と「協力」をアピールすることに終始している米中両国の姿勢にも関わらず、様々な点で米中両国の主張はおおよそ平行線であるといった分析や評価が一般的になされている。
特に、いわゆる「北朝鮮問題」への対応や取り組みという点での米中二国間の「溝」が注目されている。
次のページ>>