2017/01/13(金) 00:17
30
30

【国際情勢ヨタ話】すでにトランプ陣営と接触していたのは・・・民進の!!

一行情報でお送りする。
2017/01/12(木) 18:18
30
30

【インテリジェンス・K】アメリカの動き(特別号) 1月12日 トランプの動き

「次期政権には優秀な人物を起用したい。アメリカの貿易交渉は悲惨な状況で、中国、日本、メキシコなどとの貿易で多額の損失を被っている」
 とトランプは記者会見で述べました。これは、日本企業にとって赤信号なのでしょうか。
 
 その一方で、トヨタの豊田章男社長が、マイク・ペンス副大統領に事情を説明に赴いたようですが、大変良かったと思います。アメリカの動向が、日本の政治経済を大きく左右するという現実は変わりません。それが、アメリカ情報が重要である最大の理由なのです。
 
 トランプ政権に関しては、全面否定から全面肯定まで様々な意見を伺うのですが、どの主張も一長一短という印象があります。先日、道ばたで知人と偶然出くわし、「トランプ政権はどうなんだ」と尋ねられましたので、その場で簡単に説明しました。それを今回はお伝えします。
 
1.二人のドナルド
2.日本の企業への影響は
3.マーケットはどう反応するのか
2017/01/10(火) 11:49
980
980

【当たるぞ!!】2017年銘柄〜〜MASAKIがチャートで選んだ今年買いたい株〜〜厳選9銘柄〜〜

自信を持ってお送りする「MASAKI株」。毎年当たるから買わなきゃ、損だ!!


昔は1月15日が成人の日でこの日が境目となってマーケットもその前後で明確に色合いが変わっていったように思います。この日まではやはりなんとなく年末年始の慌ただしさをそのままにマーケットもなんだか落ち着きのない、浮き足だった、またはお屠蘇気分のままなんとなく時間が過ぎていたように思います。が、この15日が過ぎれば、そんなこともなくなり、いわゆる「地に足のついた」相場らしい相場、本腰の本気の相場になっていったよなあという記憶ですね。

ところが(笑)。いつからでしたっけね? 成人の日もその1月の15日ではなくなり、なんだか同時に風情も重みも同時になくなった気がしますよね。

あ、そう言えば今年はその振り替え休日の変更の悲喜劇で、休みが4日少ないらしいです。土曜日と重なるために振り替えようにも振り替えられない。
まぁ、とにかく今年の良い銘柄。行ってみましょう。買わないとほんと損だよ!!!
2017/01/09(月) 08:48
50
50

Market Forecast 2017/01/09 今年もじゃんじゃん儲けましょう。

 さて、2017年も始まりましたね。マーケットはといえばなかなか好調な出だしのようです。海外勢からの日本株への期待は、我々日本人が考える以上に高まっています。
 
 その一方で、中国経済の崩壊も気になるところです。短期のトレードを積み重ねることで、賢く儲けていくことにしましょう。
2017/01/09(月) 08:41
70
70

【インテリジェンス・k】アメリカの動き 1月8日 トヨタはどこで失敗したのか

 日本企業も、トランプのツイッターにいちいち反応していては大変でしょう。トランプのツイッター上の発言にはしばしば誤りも見られます。しかし、トランプ政権に対する米国トヨタの対応に問題があったことも否定できないでしょう。
 
 そのトランプ次期政権ですが、政策の優先順位は内政問題が占めることになりそうです。トランプ発言に一喜一憂することなく、状況を冷静に静観することこそ重要なのです。
 
[ドナルド・トランプという人物]
[トヨタはどうすべきだったのか]
[頭が上がらない国]
[政策の矛盾 ロシア政策]
[通商政策]
[最初の優先課題]
2017/01/07(土) 22:52
100
100

【読んで開運】キチガイトーク12月〜初春版

一部のマニアの人にウケがいい「キチガイトーク」
「謎の大学教授シニアオフィサー」
「猫好きの神吉」
「神だと言い出すキチガイ二階堂」
がお送りするキチガイ座談会。あくまでもキチガイ3人の座談会。キチガイなので不具合ご容赦の程。
今回は、約4万6千字のボリュームでお送りします。誰も知らない変な情報がいくつかあるかも・・・昔書いたモノも含めてですが。

もう編集時間だけで6時間以上!非常に疲れました(二階堂)
 
(もう、会話はむちゃくちゃです。会話中、ばらばらでまとまって無く突然話題が変わったりしますが「キチガイ」なのでお許しください!)

では、どうぞ!!!!
2017/01/06(金) 13:46
100
100

Market Express 2017/01/06 ビットコイン崩壊

Market Express 2017/01/06 ビットコイン崩壊
先日、警告した通り、中国の市場から流動性が枯渇しつつある。それがビットコイン暴落となって表れている。今回の一件で、このところ急上昇を遂げていた相場が完全に崩れてしまった。現在進行している事態と、今後の対応をお知らせする。
1.4日の変動
2.中国の良くない前兆
3.今後の対応
2017/01/05(木) 09:50
50
30

【二階堂】2007年にもらった石原父絡みの話

隠し子云々の話なんですが、資料として掲載しておきます。
2017/01/05(木) 09:45
50
50

【二階堂】6年前の話なのでいいだろう。皇室絡み。

内容がまずいので少し高めにします。”チヨダ”の研究者さんはお読みください。
2017/01/05(木) 07:55
102
102

スポンサーには知らされていない「インチキ視聴率」!とさらにその先

(価格は「電(10)通(2)」をもじってみました(笑)。誰も知らないはずの情報なので。
------------------------------

 5000世帯ほどについているという「テレビ視聴チェック機」。要するに、テレビがついてれば、見て用が見ていまいが「見ている」としてカウントされるという数字である。1世帯当たりおよそ2万4千人分の影響力があることになる。視聴率でいえば、1台当たりが0.02%%になる。設置している家を100台見つけたら、視聴率は2%とれるという計算か。そういう細かい(というか激しく地味な割に報われない)、無駄な努力をして問題になったテレビ番組もあった。
 
 テレビ番組の視聴率は、前日、ゴールデン、プライムの3時間帯に分かれて発表されるし、個別の番組視聴率も当然でる。かつては「ニールセン」という会社も視聴率調査をやって飯を食っていたが、携帯の発達によるテレビ閲覧人口の激減によってニールセンはなくなり、いまは「ビデオリサーチ」という、電通の子会社のようなものが視聴率計算をやっている。
ご存じの通り、電通はテレビ局と縁が深い。それの子会社が出す視聴率情報なんて、マッチポンプみたいなものでアテにならない。
 
 スポンサー側にしてみれば、たとえばトヨタだとしよう。CMを出しても、車が買えない貧乏人、バカなガキ、そもそも軽トラにのあるのがせいぜいのジジババに見せるだけ、無駄だ。視聴率が30%でも、見ている人の”質”が悪ければ意味はない。そういう簡単な理屈を、電通がごまかし、各社広告担当は甘い汁を吸うことで見て見ぬフリをしてきたわけだが。

なんと、新しい視聴率測定器のサンプルができてきたのである。その内容とは・・・?
2017/01/05(木) 06:49
100
100

国税庁と文部科学省へ

二階堂から楽しいお知らせがあります。他の人は読んでも楽しくないと思いますたぶん。週刊誌記者は読むといいかもしれません。たぶん。
2017/01/04(水) 17:27
50
50

【国際情勢ヨタ話】支那に住んではや1年、レポート・・・

【おことわり】以下は北京在住の日本人によるもの。命の危険があるので社名等は明らかにしておりません。
------------------------------------

 ここ数ヶ月、北京の要人を含めいろんな人に会いながら、2017年の中国はどうなるか、というのを予測しています。
  
 見たところ北京の街は、総じていえば景気が良く、若い方々は飲み屋でワイワイ飲んで、土日は観光地やショッピングセンターに繰り出して、高速鉄道やドライブで近隣の大都市にいったりしています。短期の休みがあれば日本旅行に行くというのも大学を出たような若者にはごく当たり前のようです。もちろん、ごく一部の共産党幹部の息子か、それにつるんでいる連中でしょうけど。
2017/01/04(水) 16:39
30
30

【二階堂写真館】1月4日号 石垣島にて。

【二階堂写真館】1月4日号 石垣島にて。
先日石垣島にはじめていきました。カメラはSONYのRX10靴任后
また、行きたくなる島でした。
写真はすべてクリックすると拡大します。全画面表示にすると無駄に大きいサイズ(8メガとか)のものがあります(笑)。転載、素材使用はご自由に。
2017/01/04(水) 13:33
10
10

【投稿】アンダーグラウンドで、思い出したこと

本日は二階堂に届きました「元裏社会」さんからの手紙を掲載します。内容は、わかる人が読めば今誰につながることなのかがわかるかと思います。
-------------------------------------
 
「私は現在東京で細々と生活しております者で、30年程前は何かとアンダーグラウンドに首を突っ込んでおり、情報収集等し、活動しておりました。
2017/01/03(火) 20:49
1,980
1,980

【二階堂】新春、普通に考えてわかる「上がる株」1銘柄ズバリ!

*注意!本レポートは金融商品の売買を勧める記事ではありません。単なる情報・言論記事です。題名や本文に特定の文言等があっても、特定の投資商品の売買を推奨するものではありません。本記事は、当サイトの情報力を知っている方が「ほぉー!」と思ったり、その他いろいろな情報を収集するために出しているものであります!なので「株で一発儲けよう」という方はこの記事の購入をお見送りください。購入後の質問等には金商法の規定でお答えできません。購入後のキャンセルも受け付けません!恐縮です!
----------------------------------------

ふと、見て、ふと、聞いただけなのだが。とある1銘柄にきらめきが感じられるのでお伝えする。それは、総理とも関係が深い
2017/01/03(火) 18:10
80
50

Market Express 2017/01/03 波瀾の年の幕開け

 年が明けておめでたいですね。中国の製造業PMIは51.4、非製造業PMIは54.5でおわっており、これからの中国経済の見通しは明るそうです。
 
 しかし、その一方で、中国当局は、新年を迎えるに当たって個人による人民元の外貨への交換について要件を追加しています。ブルームバーグの推定によれば、中国から2016年1−10月に6890億ドル(約80兆8600億円)が流出しています。そして、人民元の下落もとどまるところを知りません。3日の取引で人民元は0.1%下落し1ドル=6.9546元と、8年半ぶりの安値水準に迫っています。果たして中国経済は復活するのでしょうか。それとも奈落の底に転落するのでしょうか。
 
 今回は中国国内の流動性の問題、そしてとある資源を取り上げました。今回の情報は新年のマーケットにも遅かれ早かれ反映することでしょう。

 
2017/01/03(火) 10:28
20
20

危機管理:すでに中国から「引きモード」の大手企業

中国が始める外国人「ランクづけ」 というものが話題になっている。賄賂でなんとでもなるようだが、
 
「FCPAの問題を気にする会社はその手が使えないはず」(国際問題に詳しい弁護士)
 
 中国に駐在をおかなければならない会社は、質の悪い会社ばかりになるんでしょうか。国家間の紛争になればそれどころではないのでしょうが、その中でも、超大手の行っている(でも報道にはなぜかでない)事実をお伝えします。
2017/01/02(月) 05:52
50
50

【インテリジェンス・K】日本の動き 1月2日 今年こそ警戒しよう

 みなさま、あけましておめでとうございます。

 今回はアメリカの動きの特別番外編で「日本の動き」です。率直に言って、今年の正月は異様な胸騒ぎがします。平和な一年であってくれれば良いのですが、今年は酉年。そこから連想される日本にとっての懸念を書き連ねることにします。何かが始まるのは確実です。多くの日本人の皆さんが事前に危機に対処していただけることを希望します。
 
[酉年の出来事]
[2017年の日本]
[朝鮮半島]
[ロシア]
[トルコ]
[テロの脅威]
[残された脅威]
[まとめ]
2016/12/29(木) 18:20
50
50

【インテリジェンスK】アメリカの動き 12月29日 2017年の米中対立に向けて

 トランプ政権の成立により、いよいよ米中対立が先鋭化することになります。オバマ政権で崩れたアメリカが今後復活していくことになるでしょう。しかし、中国も積極的に対応しようとしています。
 
 しかし、そのまえに安倍首相には憲法を改正していただき、情報機関も設置していただきたいと思います。知人は、外務省の対テロユニットは管官房長官のおもちゃだといっていましたよ。そろそろ、男の本気を見せていただきたいものです。国民も必ず応えるでしょう。
 
[オバマの嫉妬]
[ノルウェー]
[安倍外交の弱さ]
[中国空母]
[ナヴァロ教授]
[北朝鮮]
2016/12/28(水) 15:12
1,980
1,980

【Inside Report】ええっ?まだ追加???今年最後のインサイドレポート!

*注意!本レポートは金融商品の売買を勧める記事ではありません。単なる情報・言論記事です。題名や本文に特定の文言等があっても、特定の投資商品の売買を推奨するものではありません。本記事は、当サイトの情報力を知っている方が「ほぉー!」と思ったり、その他いろいろな情報を収集するために出しているものであります!なので「株で一発儲けよう」という方はこの記事の購入をお見送りください。購入後の質問等には金商法の規定でお答えできません。購入後のキャンセルも受け付けません!恐縮です!
--------------------------------
http://www.j-cia.com/archives/13006
 
↑この情報の追加だ。心して読んでほしい。
次のページ>>