【チョイ早版です】ここからどうする?〜〜〜13日の後場から夜から明日への、《225先物戦略解析》&《FX!》&《米国市場》

2018/09/13 12:39
3213785aa05b
副題:アウトレイジ (outrage)

ミニやラージに関わらず、SQの週と言うのはその値動きはもうファンダメンタルズを離れて腕力暴力相場のヤリほうだいになりがちだよなあ、との見方をして来たわけです。値動きも一昨日が日経平均は300円近い上昇を見たわけですが、中身はといえばそんななかで、個別銘柄の新高値銘柄数VS新安値銘柄数の案配が、「41:156」となり、新安値に躍り出たその数に驚くと同時に、銘柄名もかつての優良株が顔を出すなどしてなんだかちぐはぐさも大いに感じられたものでした。また昨日は日経平均も前日の大幅だかの翌日ということもあって反動で90円ほどの下げを記録しましたが、前述の新高値VS新安値は「38:289」となり、思わず「え?たった90円安なのに新安値をつけた銘柄数は300近くもあるの?289も?」と言う驚きの声も出そうでした。売られている銘柄が、日経平均の動きだけではわからない表情をこうして見せているのですね。本当はどうなんだ?と言う。そしてこれは、例の指数連動性の高い銘柄群をいじることによって形成されるわけで、これを象徴するかのように、ユニクロ株(ファーストリテイリング)やソフトバンク株などが連日の賑わいを見せているのですね。内容がよいわけでもないが指数はぶち上げるといった印象です。

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「【トレーダーMASAKIの当てたい相場予測!】」の最新記事

アクセスランキング