賭博麻雀で検事総長になり損ねたあの男が行った先

2021/09/08 21:44
5f28d782f50e

昨年5月、検察庁法改正法案が世論で沸騰しているなか、賭博麻雀を暴露され東京高等検察庁の検事長を辞めざるを得なくなった黒川弘務。
退官後、どうしていたかと思いきや、ある企業の顧問に就いていた。
そこは……。

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「経済インテリジェンス」の最新記事

アクセスランキング