自腹インテリジェンス 6,政治家という生き物

2019/06/02 11:39
039fe26aa946
18時きっかりに目が覚めた。昼間のけだるい太陽の光で疲れを覚えたのか、いつのまにか寝ていたが、昼寝でスッキリ。
 ボチボチ、神楽坂まで歩くことにした。運動不足の身ゆえ、歩くことくらいしか運動が出来ない。
 身支度をととのえて、事務所を出る。けだるい暑さはまだ続いていた。東京特有の蒸し暑さというのが、すぐそこに迫ってきている季節だった。
 
 都営新宿線の曙橋駅。昔、

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「二階堂流」の最新記事

アクセスランキング