二階堂の、のんびり日和

2019/02/09 12:01
5a9b43b30c21
帰雁の季節の到来に、浅春の趣を覚える余裕もなく生きている、というには、少し早いだろうか。
 小糠雨が雪に変わるほど、気温は下降の途をたどったようだ。階段を降りるように、軽やかな下降線を描いた気温カーヴは、スキーのジャンプ台のような感覚を覚える。
 東京には空がないと歌った歌人がいたが、

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「二階堂流」の最新記事

アクセスランキング