そして永田町の昼下がりに(10)

2018/08/27 11:02
c98a81deca45
https://www.j-cia.com/archives/14553
のつづき
----------------------------
結局、なんだったんだ。電光石火だった。
おそらくこういうカラクリだ。
たぶん、小竹の動きは、特命か何かがずっと追っていたのだろう。そして、ややこしい俺に伝わった。永田町の身分も持ち、かつ、警察のイヌでもある。ただ、警視庁はそれを知らないはずだ。
どうしたものかと考えを巡らせたに違いない。
ただ、不自然なのは、

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「二階堂ドットコム」の最新記事

アクセスランキング