【Tの分析】ロシアの最近の動きに関する一考察

2020/02/09 00:03
73db7d659c93
2024年に任期が終了するプーチン露大統領・プーチン体制は、ロシアを取り巻く国際情勢の変化(新型コロナウィルスによる肺炎の影響、香港や台湾の情勢変化を契機とした中国の変化、米中関係の今後の変化、英国のEU離脱による欧州情勢の変化、中近東情勢の変化、米大統領選挙・トランプ第二期政権等の様々な情勢変化等々)や「ポスト・プーチン体制の構築」を睨んで、いよいよ本格的に具体的動きを一気に開始したようである。

2020年1月21日、プーチン露大統領は首相をはじめとする新たな閣僚を任命した。
2020年1月15日にプーチン露大統領とメドベージェフ露首相との会談の後、メドベージェフ露首相をはじめとするメドベージェフ内閣の全閣僚が総辞職したことを受けたものである。
プーチン露大統領は、

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「社会・情報・諜報」の最新記事

アクセスランキング