【Tの分析】近年の米司法の政治化に関する一考察

2020/02/13 19:08
f974933f92b7
米司法の変化

拙稿原稿「弾劾裁判を切り抜けたトランプ米大統領を待ち受けるリスクに関する一考察」において、トランプ米大統領のような弾劾裁判・弾劾訴追や大統領に対する訴訟・提訴等のいわゆるリーガル・リスクに関して、予防法学も含むリーガル・リスク・マネジメント(リーガル・リスク・コントロール、ダメージ・コントロール、予防法学等も含む)や円滑な世間運営・政策実施等に関して「権力の抑制と均衡」と「権力の共有」の制度を睨んだアートともいえる政治手法等を駆使することが重要であるといった点について触れた。
いわゆる「統一政府(大統領と議会の多数勢力が同一政党に属する。そうでない状況は、いわゆる分割政府。)」であることがまず必要となる。クリントン政権等のいわゆる分割政府の状況の下で、ワシントンD.C.や米国内外の情勢により政治的に予算関連法案等で議会が機能を停止し、政府機関がいわゆるシャットダウンといった状況になる等、政府・行政機能が著しく低下してしまうような状況になるといった不確実性が増大するためである。
国家運営・政権運営・政策実施・立法・理念の実現等の政治的目標をより実現し、様々なリスク(大統領弾劾や大統領訴追等)等の不確実性を可能な限り縮減する上で、大統領・議会上下院の議員選挙で勝利することがまず重要となるのである。
それにより、

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「社会・情報・諜報」の最新記事

アクセスランキング