いい話、ノンフィクションほか

いい話、ノンフィクション、感動する話、その他小話をお届け。

すごくどうでもいい「AGA」とかいう抜け毛にまつわる話

2019/03/22 09:42
3 3
結構どうでもいい話を書いてみます!!!読み物として読んで頂ければ幸いです。    でも、世の中の抜け毛の皆さん、まずはこれを読んで!!!    ある医師がいう。

バイトテロの闇

2019/03/16 11:16
20 20
「こんなんでホントに10万円ももらえるの?シンちゃん。」 真由美がいう。 「騙されても、別に犯罪じゃないからいいじゃん」

宗教

2019/02/24 12:49
10 10
「ウチにはいろんな宗教の人が社員でいるんだよ」  と、あるIT企業の社長。  「宗教じゃないけど、一番びっくりしたのは、

ダメよ!スゴい効き目のあるサプリ!

2019/02/21 17:35
10 10
「すごいダイエットサプリがあるんですよ」 読者の大島さんからそんなメールがきた。 「へえ、どんなのですか?」

【危険な日本の暗部】ある女性の極秘録「ササガワ」

2019/02/19 15:47
100 200
これはフィクションです。現実の人物などには一切関係ありませんと言うことになってます。   笹川財団には、かつて内外タイムスの社長を務めた遠矢氏も深く関与していたと聞く。ただ、笹川良一氏が亡くなるまでの話だが。いずれにしろ、日本の裏フィクサー...

【医療】ある、患者の話。

2019/02/13 07:21
10 10
救急隊が到着。 通報者は25歳女性。同居している25歳男性が突然あばれだしたという。 錯乱状態のため、救急隊だけでは抑えきれず、救急隊は警察官の出動要請。所轄から7人の警察官がきて、なんとか男性を押さえる。 病院選定は難航した。薬物による錯...

不思議な宝石商

2019/02/12 16:32
10 10
「常に端緒を探せ」といわれていたので、どこでも、怪しげな人間はチェックするのがくせになっていた。   週に二度ほど、通っていた池袋の寿司屋がある。 その男は、髪にパーマがかかっていない吉田類、の風貌を呈していた。背も高いし、デブでもない。痩...

読者希望で続く小説「ウルトラ」(プロローグ)

2019/02/08 12:54
30 30
「朝からすみません。新宿警察署の高田といいますが、あなたが二階堂さん、でよろしいですか?」   「はぁ、そうですが」 警察からの電話はろくなことがない。前の時は、知り合いが手首を切って石神井側をうろうろしていたので保護した、という電話だった...

【ノンフィクションかも】偽装の罠

2019/02/02 18:41
20 20
「どうしてもやるのか」 「毎日工場でくすぶって、ハシタ金もらって終わりの人生が好きな奴はバカだよ。だからゴミ扱いされるんだどこでも」 はじめていった高級クラブでの夜を章一郎は忘れられなくなっていた。 そうだ、なんであんな奴らに馬鹿にされな...

某検察の噂

2019/01/26 11:08
20 20
ゴーンとか大阪市の話じゃないんだけどね。。。

麦茶に。

2019/01/19 12:28
3 3
「段ボールこわれてるじゃないか」 宅急便で届いたアサヒの六条麦茶。これが好きで、箱買いしている。持った瞬間、箱の接着剤が取れて落としてしまった。 「忘れてるんだよね、あなたは」 妻の真弓が、わたしのぼやきに呆れつつ、これ以上の文句は不要よ...

彼女の生きた証。

2018/09/18 05:57
30 30
ある人が、ガンに苦しんでいる。しかも、もうすぐお迎えが来るという。どうにかしてあげられることはないかと考えたが、ない。そこで、勝手ながら彼女の生きた証を少しだけ、ここに残すことにした。

【古い話】邱永漢の家は、中目黒で、石原が・・・

2018/08/21 10:13
30 30
邱永漢という、日本で活躍もした実業家がいた。人物像についてはgoogleで検索して欲しい。   「実業家で作家、というけどな・・・」 古い人間がつぶやく。

【ノンフィクション感動作】別れのラブレター・Plus”LINE”

2018/08/11 03:33
33 33
あるカップルの手紙と、その先の、LINEのやりとり。 ノンフィクションでリアルなやりとり、お届けします。 感動を、お届けします。     まずは、祐一さん(東京在住)から奈々さん(千葉在住)へのお手紙から。 ----------------...

石川県の地方自治体職員の憂鬱

2018/07/01 19:16
10 10
「いやぁ、たまらないですよ。森元総理の地元ということで、石川県には空港が2つもあり、隣の富山にもあるのですが・・・」   石川県の某地方自治体の職員は嘆く。

キチガイオッサンの戯言「精神医療ミシュラン」カルテ22

2018/06/30 09:39
11 11
みんな元気かぁ!1年半ぶりやなぁ!  ナニワのキチガイオッサンやでぇ。  また精神科病院に長期入院しとったんや。  で、今回のオッサンはめっちゃ怒っとる!!  ここしばらく続いとる、サイコパスっちゅうかキチガイが、罪の無い人を殺し てる件や...

【潜入】第4回  No.1− フィクサー −

2018/06/26 12:00
33 33
その日も、国会図書館に咲いている桜を見上げながら、ベンチに座って待つ。 「天気がいいようだな、二階堂さんとやら」   ベンチに、爺さんというのはまだ早いような、でも貫録と目力でベンチから立ち上がる気力を削いでしまうような、不思議な雰囲気の男...

【潜入】第3回  No.13− 俺のボトル −

2018/06/22 02:11
33 33
「鈴木さん、人のボトルを飲むと気は挨拶位しろよ。なんだよ、旅行に来てた白人の少女案内するとかいって、「緩風」に行ったらしいじゃないか。行くのはいいが、そのタカリ根性がいかんのだよ。だからあんたは公安のお荷物の公機捜なんかにいくんだ」 公機捜...

【潜入】No.4− 警察のイヌ −

2018/06/21 14:58
33 33
https://www.j-cia.com/archives/14396 の続き ----------------------------------- 富士組経営の焼肉屋に到着。   岡崎は使い慣れているようだ。 「奥の席、いいか」 ...

【潜入】No.3− ヤクザと、恐怖の麻雀!! −

2018/06/20 15:23
33 33
新宿の、職安通り。 いまは、大江戸線の「東新宿」という駅ができている、近く。1階に焼肉屋が入っているビルのマンションのとある階に、マンション麻雀の舞台はあった。    「中国研究会にこないか」 「中国研究会って何ですか」 「来れば、わか...
次のページ>>