【インテリジェンスJP】インドの大規模合同海軍演習が意味するもの

2018/03/07 16:44
04b92fdf7744
 ベンガル湾のアンダマン・ニコバル諸島周辺で、3月6日から8日間に亘って実施されるインド主催の大規模な合同海軍演習「ミラン2018」に対して、中国政府は神経をとがらせている。インド政府は、オーストラリア、ベトナム、インドネシア、バングラデシュ、ミャンマー、モーリシャス、ニュージーランド、オマーン、タイ、スリランカ、シンガポール、タンザニア、モルディブ共和国、カンボジア、ケニア、マレーシアの、計16カ国の海軍が参加する大規模合同演習を行うが、これは中国への対抗姿勢を鮮明にするものだ。
 
 インド洋に於ける、

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「社会・情報・諜報」の最新記事

アクセスランキング