(前編)森友問題は同和利権!マスコミは「めんどくさいから安倍のせいに」。

2018/04/02 14:08
b4f97447618c
 情報強者揃いのこのサイト読者に対して、改めて森友問題の説明は必要はないだろう。森友学園が設立を予定していた小学校用地として、大阪府にある国有地が「通常より安く払い下げられたのではないか」という疑惑である。野党を中心に「安倍首相夫妻が便宜を図ったのではないか?」と、官邸の責任を追及する動きが活発化している。
 
 さらに財務省官僚による公文書改ざん疑惑まで表面化し、報道を見ている限りではますます疑惑は深まったかに見える。しかし、天真爛漫で知られる昭恵夫人のキャラクターを考えると、彼女が黒幕だという説にはしっくりこない人も多いようだ。さらに安倍首相本人の日常的な多忙さを考えると、これほど瑣末な案件にわざわざ自ら首を突っ込むとは思えないという感想を抱く人も多いと聞く。要するに、いかにもそれっぽい報道各社の“謎解き”をいくら聞いても、ストンと腹に落ちることがないのだ。なぜだろうか?

 在阪民放テレビ局のベテラン記者A氏が苦笑いしながら漏らす。「それは・・・あのタブーに触れないまま、逃げの報道をしているからだよ・・・」
 当サイトでは、事情をよく知る複数の大手メディア記者たちが語る事件の深層と、彼らが一様に抱く「めんどくさい同和」をお伝えする。
 
 
 まずは前出の在阪民放テレビ局のベテラン記者A氏が語る。
 
「みんな、本当のことなんてとっくにわかってるくせにね。でも絶対に報道できっこないタブーだからね。いったん反権力の掛け声で振り上げた拳をそのまま降ろすわけにはいかないから、安倍政権批判にすり替えたまま続けるしかないんだろうね」
 
 

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「社会・情報・諜報」の最新記事

アクセスランキング