【潜入】第5回  No.2(前編)− 役人 −

2018/07/11 00:38
d342678ff7fa
https://www.j-cia.com/archives/14424
の続きですが、連載順とストーリーはアメリカドラマ風にバラバラにしています(ただし今回は第四回の続きの前編)。
-----------------------------
「いや、ちょっとね、君のためにもなるから話をしてみようと。まずは話を聞いてもらおうじゃないか。神谷君、お茶飲んだら話して。君のたっての希望なんだから」
 
いったい、何が始まるのだ・・・?
 
「はじめまして、と言う気がしませんね」
ちょっといやな感じ、という印象だった。最初の神谷。
神谷は続けて
 
「あなたもご存じの通り、あなたは警視庁公安4課、いや、もっと上の資料にも載っています」
 
「あ、通称物書きさんファイルね」
年は大分上なのだろうが、そんなことは「看板」同士で話しているのだから関係ない。むしろ、

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「短篇小説」の最新記事

アクセスランキング