【Tの視点】今回の第四次安倍改造内閣・党役員人事に関する一考察

2018/10/09 10:34
f2c429e18847
 2018年10月2日、第四次安倍改造内閣が発足した。そして、2018年10月4日には、第四次安倍改造内閣の発足に伴う副大臣・政務官の人事も決定された。
 
・第四次安倍改造内閣の特徴
 
 今回の第四次安倍改造内閣、初入閣は12人となり、第二次安倍内閣の発足以降、最多となった。そのことから、先日の自民党総裁選の「論功行賞」といわゆる「入閣待機組」への処遇を重視したものだと見る向きがある。
そのような一面も持っていることはいうまでもないであろう。
 
 また、先日の自民党総裁選の結果や安倍政権が直面している国内外の難しい諸問題から、第四次安倍改造内閣での「12人の初入閣」は、安倍政権が苦境にあることを示しているとみる向きもある。
 それは、

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「社会・情報・諜報」の最新記事

アクセスランキング