【ある台湾工作員のつぶやき】

2018/11/04 20:12
3cecb63018d8
「台湾は、もう中国本土の金目の攻撃で青色吐息。最近はそれがさらに侵攻してきた。こういう話をしても日本の人にはわからないかもしれない」
 
 そうつぶやくのは、台湾の独立を維持する勢力の政府関係者。
 
「(台湾南部の)高雄は完全に共産党の陽動作戦に載せられた。実は知られていないが、高雄は民進党独立派の牙城だった。それを、中国本土寄りの「北部中央政府派」が、いよいよ兵糧攻めにしてきた。挙げ句は高雄県と高雄市を合併して、予算はは高雄市時代と同じにした。だから、もう高雄は国民党にもどる。中共が、

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「社会・情報・諜報」の最新記事

アクセスランキング