【Tの視点】今回のカルロス・ゴーン氏の逮捕劇で我が国・日本が支払うことになるであろう「代償」に関する一考察

2018/12/05 09:16
83ffb539fa88
 
 2018年11月30日(日本時間、12月1日未明)、安倍首相とマクロン仏大統領の日仏首脳会談が開催された。
 アルゼンチンで開催されていた主要20カ国・地域首脳会議(G20)にあわせ、今回の日仏首脳会談は開催されたが、今回の日仏首脳会談は当初、予定されていなかった。
マクロン仏大統領の呼びかけに安倍首相がこたえる形で、急遽、開催された会談であるが、会談はおよそ15分という極めて短時間の会談となった。
 
 各種報道・各種情報によると、会談のポイントは、ずばり、「カルロス・ゴーン氏の逮捕を受けて、事態の収拾とルノー(仏)・日産自動車・三菱自動車の三社連合体制(いわゆるアライアンス、アリアンス)」に関してであった。

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「社会・情報・諜報」の最新記事

アクセスランキング