【Tの分析】海上自衛隊・P1哨戒機に対して韓国海軍駆逐艦「広開土大王」が火器管制用レーダーを照射した事件に関する一考察

2019/01/25 04:47
b330dc499782
海上自衛隊・P1哨戒機に対して韓国海軍駆逐艦「広開土大王」が火器管制用レーダーを照射した事件の収拾を巡り、我が国・日本と韓国の間で厳しいやり取りと駆け引きが続いている。
いわゆる元徴用工を巡る我が国・日本の企業に対する訴訟、従軍慰安婦関連の問題、歴史問題等もあわせ、日韓の間における諸問題が複雑化の傾向を一層と強めており、日韓関係は厳しい局面が続いている。
そのような中、2019年1月23日、韓国国防部は東シナ海において我が国・日本の哨戒機が韓国海軍の艦艇に対して低空での「威嚇飛行」を行ったとして、我が国・日本を糾弾する声明を発表した。
韓国国防部による当該声明の発表と同日の2019年1月23日(日本時間1月23日夜。韓国国防部による当該声明の発表の後になる)、ダボス(スイス)で河野太郎外相と康京和韓国外相の日韓外相会談が行われた。
このことでも明らかなように、韓国国防部による当該声明は、海上自衛隊・P1哨戒機に対して韓国海軍駆逐艦・広開土大王が火器管制用レーダーを照射した事件、元徴用工関連訴訟問題、従軍慰安婦問題、歴史問題、そして北朝鮮問題といった我が国・日本と韓国の間の諸問題や北朝鮮問題・朝鮮半島情勢・東アジア地域情勢を巡る「韓国の外交政策」の延長線上に位置づけられているものであると考えられる。
今回の我が国・日本を強く糾弾する韓国国防部の当該声明は日韓外相会談を睨んだタイミングで発表されたのであろう。
海上自衛隊・P1哨戒機に対して韓国海軍駆逐艦「広開土大王」が火器管制用レーダーを照射した事件の韓国により有利な収拾を狙って、そして文在寅韓国大統領・文政権による韓国外交政策(特に対日政策)の一環として今回の韓国国防部により当該声明が発表されたと考えられることから、我が国・日本はより冷静でより戦略的に対応してゆくことが望ましいと思われる。

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「社会・情報・諜報」の最新記事

アクセスランキング