Tの視点:文在寅韓国大統領の韓国検察改革と正義に関する一考察

2019/11/20 07:13
4f34a7001602
2019年11月19日、韓国の検察(当該事案はソウル中央地検が中心)は長饒伊〜蝓複横娃隠糠9月9日に法相に任命され、2019年10月14日に法相を辞任)の事情聴取に踏み切った。
各種の報道・情報によると、韓国の検察当局による事情聴取で長饒伊〜蠅呂およそ黙秘している模様である。
相克曹国前法相とその親族を巡って、長饒伊〜蠅量祇デ潴酩埓菊学疑惑問題、不透明な株式投資等の様々な疑惑が問題となっている。既に韓国の検察当局は長饒伊〜蠅亮宅を家宅捜索しており、長饒伊〜蠅虜覆篌堕錣和疂甬訴されている。
長饒伊〜蠅伐搬押親族を巡る当該事案に関する捜査は山場を迎えていると考えられる。今後、長饒伊〜蠅鮟笋訶該事案の行方は、国内の支持はもちろん、併せて国外、特に中国や米国の支持を支えとする「文在寅韓国大統領と文在寅政権」、尹錫悦検察総長率いる「韓国検察・司法サークル」、「韓国保守派」、文在寅韓国大統領を支持する「韓国リベラル派・進歩派・左派(学生運動に参加し、韓国大統領選挙戦において盧武鉉氏や文在寅氏の支持の中心となった、いわゆる386世代を中心)」、「韓国の典型的・伝統的なリベラル派・進歩派・左派(軍事政権に対抗していた野党勢力の系譜。金大中氏、金泳三氏の支持層の中心)」等の権力闘争、勢力バランスに大きく左右されてゆくものと思われる。

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「社会・情報・諜報」の最新記事

アクセスランキング