【Tの分析】マッカーシー米陸軍長官の講演に関する一考察

2020/01/23 13:11
5c44f78682c5
2020年1月10日、ワシントンD.C.で講演したマッカーシー米陸軍長官は、「インド太平洋地域において、サイバー分野や極超音速ミサイルの運用等、複数領域での作戦を実施する新たな部隊を2022年までに2カ所、配備するといった方針」を示した。
マッカーシー米陸軍長官は、来年の2021年に最初の部隊を設置し、再来年の2022年に二つ目の部隊を配備するといった見通しを示したのである。
マッカーシー米陸軍長官は、沖縄、尖閣諸島の他、南シナ海を挙げて、このことにより「米軍の接近を阻止する能力に対処できる」と強調した。
近年の東アジア・インド太平洋地域の情勢変化、国際情勢の変化や近年の中国のいわゆる接近阻止・領域拒否(Anti-Access・Area Denial、A2・AD)やロシアの最新の軍事戦略・戦術等を想定していることは明らかであろう。

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「社会・情報・諜報」の最新記事

アクセスランキング