尖閣問題の奇妙なお話 悪いのは朝日新聞という名の人民日報日本版!

2013/01/16 23:38
d3f842876aba
「領空侵犯に信号射撃 対中国で防衛相方針」という朝日新聞の煽りミスリードにより一気にキナ臭くなってきた中国の尖閣侵略問題ですが、中国がやけに強気だと思いませんか?微妙に小物の少将などがテレビ討論で超強気な発言を繰り返しているのに対し習近平国家主席は最近動きを見せず外交部も多くコメントしていません。その分環球時報と朝日新聞、いずれも人民日報や中国宣伝部に大きくコントロールされているメディアが少々過剰とおもえる報道をしています。

今回の威嚇射撃の件は防衛省の発表どおり「国際基準に則り対応」という修正報道が「中国側」から後追いでなされましたが、各プレイヤーの情報や環境を少し掘り下げてみると事情が見えてくるはずです。そしてやはり中国の行動を理解するためには金の勘定から考えるべきでしょう。日本のメディアでは紹介されそうにない分析をご紹介します。

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「社会・情報・諜報」の最新記事

アクセスランキング