中学2年男子いじめ自殺の岩手・矢巾北中学校が背負う18年前の自殺事件とは?

2015/07/11 17:29
976e0c36aa50
 岩手県矢巾町の中学2年男子がいじめを苦にして自殺した事件が報道されている。担任女性教師による連絡ノートでの心無い対応などが批判の的となっているのは、各メディアで既に広く報じられている。あまり一般には知られていないが、自殺した男子が通学していた矢巾北中学校には、地元住民が今も忘れていない深刻な過去がある。さらに遺族としてインタビューに答えている親にも、様々な悪い評判もあるようだ。当サイトは、矢巾北中学校を卒業して今は東京で働く、内部事情に非常に詳しい人物に話を聞くことができた。
 
この人物をA氏とする。本人の希望により性別は伏せることをお許し願いたい。狭い地域のため、個人を特定されてしまうことを防ぐことにご理解いただきたい。

この記事は会員限定です。サイトにログインが必要となります。

「社会・情報・諜報」の最新記事

アクセスランキング