社会ニュース

2015/09/10(木) 02:06

【分析官の目】山口組の動きとカジノ法案・安倍総理とイスラエルの関係を交えた一考察

今回の山口組の処分・離脱騒動は一般に報道されているような組織の執行部への不満・不信感・不審感だけなのだろうか?実はもっと前向きで積極的な胎動ではないだろうか?
 
例えば、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に関連するさまざまな利権、国立霞ヶ丘陸上競技場の解体工事、国立競技場の建設、「カジノ」を併設する統合型リゾートの建設計画や誘致等々のビッグ・プロジェクトに関する巨大利権を巡る活発な動きがある。
 
今回の山口組の処分・離脱騒動は、近い将来に手にすることができるかもしれない、それらのさまざまな「利権」を巡る胎動(おそらく次世代の秩序・体制につながる)の一部なのではないだろうか?
そのような視点から今回の山口組の処分・離脱騒動を見ると全く違った光景が広がってくるのではないだろうか、というわけで、今回は「陰謀論」もまじえてお届けしましょう。
 
陰謀論者なくて現実だったりして・・・ではどうぞ!

関連記事

よく読まれている記事

「社会ニュース」の最新記事

お薦め商品


カテゴリトップに戻る