経済インテリジェンス

企業情報から投資情報など。経済がらみの情報を掲載しているコーナーです。
2017/08/21(月) 06:03
398
398

Market Forecast 2017/08/21 下げる相場で儲ける秘密!!

 先週は109円程度まで円高になると予想しましたが、それ以上の円高になりましたね。しかし、先々週の下落が激しかったために、先週はまたとない買い場担ったようです。
 
 先週上昇した銘柄は以下の通りです。
 
 東京センチュリーは、70円程度上昇しました。スクウェア・エニックス・ホールディングスは、200円近く上昇しました。ミネベアミツミは、50円程度上昇しました。ワコムは、15円程度上昇しました。レーザーテックは、250円上昇しました。アルバックは、月曜日に200円程度上昇しました。ジーエス・ユアサコーポレーションは、10円程度上昇しました。旭ダイヤモンド工業は、70円程度上昇しました。IHIは、4円上昇しました。ツバキ・ナカシマは、少なくとも60円上昇しました。ダイフクは、250円以上上昇しました。日本製鋼所は、150円程度上昇しました。ホシザキは、500円上昇しました。
 
 ケーヒンは、月曜日に30円程度上昇しました。ヤマハ発動機は、100円程度上昇しました。デンソーは、150円近く上昇しました。神戸製鋼は、30円程度上昇しました。デンカは、45円程度上昇しました。ステラケミファは、800円上昇しました。資生堂は、90円程度上昇しました。トクヤマは、25円上昇しました。ファンケルは、40円弱上昇しました。コーセーは、400円上昇しました。ロート製薬は、70円程度上昇しました。太平洋セメントは、8円程度上昇しました。日本カーボンは、180円程度上昇しました。タカラトミーは、30円程度上昇しました。鹿島は、20円程度上昇しました。大成建設は、10円程度上昇しました。コムシスホールディングスは、30円程度上昇しました。不二製油グループ本社は、80円程度上昇しました。アルコニックスは、400円程度上昇し続けました。ツルハホールディングスは、250円程度上昇しました。フルキャストホールディングスは、140円程度上昇しました。ツクイは、45円程度上昇しました。アウトソーシングは、100円程度上昇しました。
 
 
 下落した銘柄は以下の通りです。
 
 スルガ銀行は、40円程度下落しました。イオンフィナンシャルサービスは、30円程度下落しました。クックパッドは、20円近く下落しました。トレンドマイクロは、200円程度下落しました。デンヨーは、30円程度下落しました。マブチモーターは、150円程度下落しました。日機装は、30円程度下落しました。アース製薬は、70円程度下落しました。
 
 DICは、100円以上下落しました。日本ペイントホールディングスは、60円程度下落しました。サカタインクスは、30円程度下落しました。アーレスティは、20円程度下落しました。DOWAホールディングスは、20円程度下落しました。大林組は、20円程度下落しました。ライト工業は、20円近く下落しました。長谷工コーポレーションは、25円近く下落しました。千代田化工建設は、40円弱下落しました。サントリー食品インターナショナルは、150円以上下落しました。
 
2017/08/14(月) 14:47
2,980
1,980

2017年夏、MASAKI が買うならこんな株〜〜厳選 9銘柄 〜〜第一弾

日経平均が20000円どころをなかなか超えられずにもたもたしていたところに、満を辞して来ましたね。「下げ!」 。下げらしい下げに「まさかこんなに下げ幅が拡大するとは」と驚きの声が上がる一方で、「想定内の下げ」と一見落ち着き払ったムードを醸し出す意見も出てきたりで、いやあ毎回思いますが、日本市場を取り巻く相場環境は面白いですよね。
上げたあとから強気、下げたあとから弱気は治らず?(笑)。

細かくは、先週末のように19750は想定していた下げの範囲内とギリギリ認めた、言えたにしても、さらに一段階下の19250や19000や、(今後はさらに激しくは18750をもみていないと)、それは「想定していた」ことにはならないぞ、が一点ですねえ。現実にも先物は水曜日の夜には19350を見ていたのですからね(東京タイムよりもさらに一段下の)
また、こうした場合ありがちなのは、「押し目が来たら買いたい」「買おうかな」ですね。
ここでMASAKI の記憶を遡ると、当時の機関投資家(金融法人、事業法人)はこんな調子でした。いまはわかりませんが。例えばこの「押し目買い」にしても、残念ながらMASAKI の印象ではこれがえらく下手くそでしたよ(笑)。
どう言うことかと言うと、例えば今回の相場の流れに当てはめれば、20000円前後でずいぶん長く動かなかったわけですが、こうした時には「押し目が買いたい。例えば19750前後とか。あればね。」との意向があったとします。周知のようにこれはもう先週末木曜日の東京タイムで届いたのですね。(東京タイムでは安値19660あっての大引け19710) そこでこちらとしては「やりましたね。下がりましたよ。19750です」と伝えて注文を待つわけですね。が、今度はさらに下の下の「押し目を待ちたい」パート2になったりするわけです。(笑)。こちらとしては「ん?」と腰砕けになりますが、お客様の意向ですからここはわかりました、ですね。そしてさらなる下値、今回は夜間(正確には翌朝5時半)既述のように19700円台から19350はさらに東京タイムよりも300円以上も下げた(押し目)状況が作り出せた、押し目形成、目の前に展開された、さてしかし、件の機関投資家はどうするか? まあ架空の話を繰り広げてもあまり意味はないのですが、MASAKI が想像するにこれはさらに「押し目を待ちたい、パート3」に進むでしょうと思いますね。(笑)。このスピード感にお客様が怖じ気づいたとも言えますし、あるいはまた「顧客VS営業マン」として考えれば「断り文句」としての常套句だったとも言えますね。
まあ、ことほど左様に「押し目の認定」は千差万別であり百人百様、これを説得することほど野暮なものもないですからね。

買わないのか買えないのか、これはもう投資家の気持ち次第ですからね。 リスクオン、リスクオフなどと最近は横文字でかっこよく語ったりしますが(笑)、そもそも「投資」または「投機」という世界(MASAKI の表現なら「戦場=バトルフィールド」)に足を踏み入れた時点で目の前には「リスクと言う名のランプ」はいつでも点滅しているのですからね。

その「戦場=バトルフィールド」で、いかに負けないように戦うかがすべてだろう?がMASAKI の主張ですね。

そこでこの「押し目買い」ですが、こればかりはもう個人の、投資家の感性に他ならないわけですから、換言すれば「正解」がないと言ってもよいですね。Aさんにとっては20000円があれだけ長かったのだから19750に届いただけでもうもう十分。下がればまた買い増しするよ、かもしれない。またBさんにとっては、自身の相場観かもしれませんが(勘の世界かも)もう少し待ちたいと。またCさんは待ちましょう待ちましょうばかりでやる気があるのかないのかすらわからない。

さて、この論議を語っていても仕方がないですね。投資は理論ではなく感性の世界でもありますから。

過去にはこのMASAKI の選んだ銘柄も思い起こせば、フマキラー、ヤマハ発動機、シマノ工業、最近ではあの日本製鋼所(MASAKI の時代では通称アーム)までもが大きく値上がりしてくれましたね。また、テーマとしてはあの「3Dプリンター関連銘柄」群もそれぞれ「大化け」してくれましたね。


今回は、そこまで「入魂」の銘柄選択とは言えないまでも、リクエストもありましたので、MASAKI がroughに選んでみた銘柄をここに記録しておきますね。

選定にあたっては、まずは銘柄名を隠してのチャート分析から気に入ったものを50銘柄ほどピックアップ。そこからさらに銘柄名をみてさらに確認。その上で今度は業績チェックですね。ここで大事なのはやはり業績は少なくとも、最低条件としても増収増益「傾向」にあることですね。これがあれば、急落があっても復元力、リバウンドの期待は持てるだろうとの皮算用ですね。減収減益ならば下げたらそれっきりなんてこともありますからね。 そしてその50銘柄ほどから絞り込んで25銘柄。これもさらにスクリーニングをかけて「9銘柄」に絞り込んでみました。本来ならば5銘柄以下に絞り込むべきでしょうけどね。

それぞれのシナリオは今回は割愛します。が、材料性なども私的には確認したつもりです。過去の銘柄群のようにうまい具合に火がついてくれるとよいのですが。それを念じながら。

では参ります。
2017/08/14(月) 07:03
98
98

Market Forecast 2017/08/14 久々のビッグチャンス!!

 今日は自信の記事です。ぜひご覧ください!
 
 先週末の北朝鮮の騒動は大変でしたね。あれよあれよという間に日経の先物が下落してしまいました。これで、週をまたいで株を保有していることの危険性がおわかりいただけたのではないでしょうか。出来るだけ短期間の売買で着実に薄利を狙っていくというのが、最適なのです。いくら中長期で5%上昇するとしても、相場のセンチメントで10%下落してしまえばそれでおしまいなのです。今後は、今回の北朝鮮のイベントのような市場攪乱要因がますます増加すると見られます。だからこそ、慎重なトレードが求められるわけです。
 
 先週上昇した銘柄は以下の通りです。
 
 三井住友フィナンシャルグループは、50円程度上昇しました。オリックスは、20円程度上昇しました。日立キャピタルは、80円近く上昇しました。ネットワンシステムズは、60円程度上昇しました。三菱電機は、20円弱上昇しました。日本電産は、12500円で買っていれば、200円程度は儲かりました。ソニーは、月曜日に4400円近くでエントリーできていれば、100円弱は儲かりました。ホシデンは、200円近く上昇しました。CKDは、50円程度上昇しました。テルモは、60円近く上昇しました。スズキは、200円以上上昇しました。SUBARUは、70円以上上昇しました。いすゞ自動車は、30円弱上昇しました。古河電気工業は、月曜日に買っていれば、500円近く上昇しました。日本ゼオンは、30円程度上昇しました。三菱ガス化学は、100円近く上昇しました。参天製薬は、5円程度上昇しました。旭硝子は、50円程度上昇しました。日本電気硝子は、60円近く上昇しました。ANAHDは、4円程度上昇しました。商船三井は、5円程度上昇しました。三菱商事は、20円程度上昇しました。住友商事は、20円程度上昇しました。ミスミグループ本社は、60円程度上昇しました。スタートトゥデイは、100円程度上昇しました。ココカラファインは、150円程度上昇しました。良品計画は、800円程度上昇しました。
 
 下落した銘柄は以下の通りです。
 
 LINEは、150円近く下落しました。日本ユニシスは、70円程度下落しました。沖電気工業は、20円程度下落しました。ファナックは、400円以上下落しました。アンリツは、25円程度下落しました。コマツは、3000円で売っていれば、80円近く儲かったでしょう。太陽誘電は、150円下落しました。アドバンテストは、30円程度下落しました。東京エレクトロンは、180円程度下落しました。三井造船は、4円下落しました。川崎重工業は、5年下落しました。日立造船は、6円程度下落しました。ライオンは、120円程度下落しました。アンジェスは、100円程度下落しました。デサントは、20円前後下落しました。山崎製パンは、40円弱下落しました。カルビーは、150円以上下落しました。カカクコムは、40円以上下落しました。
2017/08/07(月) 10:03
70
60

Market Forecast 2017/08/07 中国を食らいつくせ!

 実際のところ、ここまで景気が良いのは何年ぶりのことでしょうか。その原因は、中国の過剰とも言える景気対策です。中国共産党の党大会は10月とみられていますので、その時期までは現在の景気も維持されると見て良いのでしょう。
 
 しかし、マーケットには、下落を始めた銘柄も多数見られます。今が分水嶺という見方も出来ます。決算もほぼ出そろい、今後は特定の材料に一喜一憂するマーケットが続くことでしょう。だからこそ、銘柄の選択が非常に重要な時期に入ったとも言えます。
 
 上昇した銘柄は以下の通りです。
 イオンフィナンシャルサービスは、170円ほど上昇しました。オービックビジネスコンサルタントは、140円程度上昇しました。東宝は、100円程度上昇しました。日本電産は、700円程度上昇しました。日立国際電気は、70円程度上昇しました。小糸製作所は、6400円でエントリーしておけば250円程度は儲かりました。日立建機は、月曜日の暴動でエントリーしていれば、60円程度儲かりました。マツダは、60円程度儲かりました。
デンソーは、少なくとも100円は上昇しました。日新製鋼は、少なくとも30円程度上昇しました。住友金属鉱山は、60円程度上昇しました。沖電線は、10円程度上昇しました。花王は、少なくとも60円程度は上昇しました。信越ポリマーは、1000円でエントリーしていれば、60円程度は儲かりました。コクヨは、60円程度上昇しました。任天堂は、500円程度儲かったはずです。ダイセキ環境ソリューションは、1400円でエントリーしていれば、60円は儲かりました。安藤・間は、25円程度上昇しました。ヤマトホールディングスは、70円程度上昇しました。日本通運は、40円弱上昇しました。サカイ引越センターは、250円程度上昇しました。豊田通商は、100円程度上昇しました。ニトリホールディングスは、1000円程度上昇しました。コメリは、100円弱儲かったはずです。総合メディカルは、250円程度上昇しました。ベルシステム24ホールディングスは、30円程度上昇しました。白洋舍は、200円近く上昇しました。
 
 下落した銘柄は以下の通りです。
 VOYAGE GROUPは、200円以上下落しました。サイバーエージェントは、130円程度下落しました。富士通ゼネラルは、20円程度下落しました。KOAは、100円程度下落しました。東京エレクトロンは、900円程度下落しました。新光電気工業は、20円程度下落しました。日立ハイテクノロジーズは、150円程度下落しました。アイシン精機は、300円程度下落しました。日立金属は、25円程度下落しました。JMCは、70円程度下落しました。KIMOTOは、5円は下落しました。東芝プラントシステムは、17円程度下落しました。千趣会は、20円程度下落しました。インフォマートは、60円以上下落しました。
 
 
2017/07/31(月) 05:09
50
50

Market Forecast 2017/07/31 銘柄選択が天国と地獄を分ける!

 先週は、「コントラストのはっきりした週になる」と予想しましたが、果たしてその通りになりました。加熱しすぎた半導体関連銘柄が下落する一方で、世界的な景気回復を感じさせる力強い動きも確認できました。「今週は若干の調整があるかもしれません」と先週は予測しましたが、上昇銘柄の交代が先週の最もドラマチックなドラマでした。
 
 上昇した銘柄は以下の通りです。
 
 リクルートホールディングスは、20円弱上昇しました。東宝は、230円上昇しました。
 ブロードリーフは、35円程度上昇しました。太陽誘電 70円以上上昇しました。日本信号は、10円弱上昇しました。安川電機は、150円近く上昇しました。東京エレクトロンは、500円弱上昇しました。アドバンテストは、120円近く上昇しました。ディスコは、400円近く上昇しました。THKは、100円近く上昇しました。ファナックは、1000円上昇しました。三菱電機は、少なくとも25円は上昇しました。NOKは、少なくとも25円上昇しました。
 
 サカタインクス 2000円を下ったところでエントリーした人は、今週に持ち越しですね。アステラス製薬は、30円近く上昇しました。JCRファーマは、150円近く上昇しました。帝人は、15円弱上昇しました。東海カーボンは、20円程度上昇しました。太平電業は、80円近く上昇しました。トーセイは、10円弱上昇しました。ヨシムラ・フード・ホールディングスは、200円弱上昇しました。クリエイト・レストランツ・ホールディングスは、20円以上上昇しました。スタートトゥデイは、200円以上上昇しました。
ゲンキーは、300円程度上昇しました。東京都競馬は、70円近く上昇しました。
 
 また、下落した銘柄は以下の通りです。
 
 ヒト・コミュニケーションズは、40円近く下落しました。ディー・エヌ・エーは、50円近く下落しました。TDKは、7800円程度で売っていれば、200円程度下落しました。東京製鉄は、月曜日の内に30円程度下落しました。UKCホールディングスは、60円弱下落しました。北越紀州製紙は、20円弱下落しました。
 
2017/07/28(金) 18:29
5,980
4,980

【Inside Report】絶対自信の総力特集!夏のレジャー資金、神懸かり的に稼げる5本!防衛省もからみます。

※注意!本レポートは当たってますが、単なる情報・言論記事です。題名や本文に特定の文言等があっても、特定の投資商品の売買を推奨するものではありません。本記事は、当サイトの情報力を知っている方が「ほぉー!」と思ったり、その他いろいろな情報を収集するために出しているものであります!なので「株で一発儲けよう」という方はこの記事の購入をお見送りください(笑)。購入後の質問等には金商法の規定でお答えできません。購入後のキャンセルも受け付けません!恐縮です!
 
※本記事は値下げいたしません。
-------------------------
レジャー資金から、学資資金まで。この夏はちょっと吹いてみないか!5銘柄プラス1のおまけ情報付き。夏のJ-CIAは金神がついてて、すごい儲かりました。あ、その時記事書いてない・・・最近、思いつきで買ったら上がるんです。50万ほどしか抜けませんでしたが500万で3日で50万なら十分でしょう。

さぁ!金を使う予定のある人も、儲ける予定のある人も、全員、絶対に買わないと損!一部の人に大好評の「一発ギャンブル株」もありますよ。ではでは参りましょう!まずは、防衛省も永田町も関係する一発銘柄から!次に手堅い1銘柄!さらに手堅い2銘柄、そして学資保険のごとく2銘柄。ガッツリ儲けてガッツリあそびましょう!
デイトレ派も慎重派も楽しめますよ!

 
2017/07/26(水) 00:44
30
30

Market Express 2017/07/26 ここでやってくるどんでん返し!

Market Express 2017/07/26 ここでやってくるどんでん返し!
 某外資企業の業績が大幅に変動しました。トレンドの転換点になるような大企業です。この企業の収益の変動は、日本の同種企業にも大きな影響を及ぼすことでしょう。この数日、マーケットを覆っていた嫌な雰囲気を吹き飛ばすには十分な材料です。早い者勝ちです。皆さん手軽にさくっと儲けてくださいね。
 
1.某社の回復(本文では実名で表記されています)
2.日本市場への影響は
2017/07/23(日) 23:10
30
30

Market Forecast 2017/07/24 いっそうの銘柄選択で、確実に儲ける!!今回はセール!

アメリカの政治状況が混沌としてきました。現在の株価の水準は高止まりであることはマーケットの参加者ならば、十分に承知していることです。トランプ大統領の危機は、行き過ぎた相場の危機ということもできるでしょう。今週は若干の調整があるかもしれません。
 先週上昇した銘柄は以下の通りです。
 松竹は、80円程度上昇しました。ロームは、150円以上上昇しました。ローランド ディー.ジー.は30円程度上昇しました。ソニーは、30円以上上昇しました。ダブル・スコープは、300円上昇しました。戸田工業は、60円近く上昇しています。安川電機は、400円上昇しました。アマノは、30円近く上昇しました。ディスコは、800円近く上昇しました。ハーモニック・ドライブ・システムズは、500円以上上昇しました。ミクニは、15円程度上昇しました。第一精工は、300円近く上昇しました。SUMCOは、少なくとも40円は儲けられたはずです。三井金属は、15円近く上昇しました。昭和電工は、250円近く上昇しました。ホギメディカルは、300円弱上昇しました。日本郵船は、5円程度上昇しました。寿スピリッツは、400円近く上昇しました。S FOODSは、17日の出だしで買っていれば100円以上儲かったでしょう。コスモス薬品は、1000円近く上昇しました。
スタジオアタオは、500円以上上昇しました。ディップは、少なくとも60円上昇しました。エス・エム・エスは、250円近く上昇しました。
 下落した銘柄は以下の通りです。
 KDDIは、30円弱下落しました。象印マホービンは、10円程度下落しました。三協立山は、50円近く下落しました。住友ゴム工業は、40円近く下落しました。サッポロホールディングスは、40円程度下落しました。いちごは、4円程度下落しました。IDOMは、月曜日の内に10円程度下落しました。ユニー・ファミリーマートホールディングスは、100円以上下落しました。ファーストリテイリングは、2300円程度下落しました。
電通は、100円以上下落しました。オオバは、20円程度下落しました。平和は、30円程度下落しました。SANKYOは、20円程度下落しました。
2017/07/19(水) 02:02
40
30

Market Express 2017/07/19 Big Shortで儲けろ! 相場が瓦解する瞬間を予想する!

そろそろ、相場は崩れるはずと思っておられる方も多いのではないでしょうか。今年の株価の上昇は、アメリカと中国の国内事情による点が大きいといえます。とするならば両国の国内事情から、一世一代の大暴落のタイミングを予測できる、もしくは大暴落につながる要因を事前に察知しておくことは可能になるでしょう。
 まあ、先のことはわかりませんが、現金の比率はそろそろ上げておいた方がよいでしょう。相場の下落時は、一世一代の買い場でもあります。今回のチャンスを多くの方々に生かしていただければと思います。
 ただ、今回は現段階での予測ですので、状況が変動次第また追ってお知らせすることにします。
1.相場が崩れない原因
2.アメリカ経済の現状
3.アメリカ経済の盲点
4.相場が崩れるのはいつか
5.結論
2017/07/17(月) 08:22
50
50

Market Express 2017/07/17 停滞した相場を突き破って儲ける秘訣!

相場が停滞しているからこそ、銘柄を丁寧に選んでいくことが必要になります。バットを短く持って、確実にトレードすることが欠かせません。アメリカ経済や中国経済に対する懸念は残りますが、その隙間をかいくぐって上昇する銘柄に別途使用ではありませんか。案ずるより産むがやすしです。
 上昇した銘柄は以下の通りです。
 コスモス薬品は、1200円以上上昇しました。ディスコは、600円上昇しました。スズキは、火曜日に少し下がったところでエントリーしていれば、250円以上儲かったでしょう。THKは、100円近く上昇しました。麻生フォームクリートは、8円上昇しました。日本基礎技術は、30円上昇しました。古河電池は、50円近く上昇しました。SUMCOは、80円以上上昇しました。SCREENホールディングスは月曜日の内に60円程度上昇しました。ネットワンシステムズは、30円以上上昇しました。クボタは、30円近く上昇しました。サンデンホールディングスは、15円近く上昇しました。SUBARUは、30円近く上昇しました。山陽特殊製鋼は、10円弱上昇しました。日立金属は、30円程度上昇しました。日本特殊塗料は、120円程度上昇しました。前田建設工業は、40円近く上昇しました。JR西日本は、40円以上儲かったでしょう。アサヒグループホールディングスは、60円近く上昇しました。江崎グリコは、月曜日の寄り付きで買っていれば、80円は儲かったでしょう。ネクステージは、130円程度上昇しました。ウエルシアホールディングスは100円弱はもうかったはずです。アスクルは、3600円でエントリーしていれば、少なくとも50円は儲かったでしょう。サーラコーポレーションは、70円近く上昇しました。コシダカホールディングスは、60円弱上昇しました。ラウンドワンは、80円程度上昇しました。
 下落した銘柄は以下の通りです。
 出光興産は、120円近く下落しました。ジャパンディスプレイは、3円以上上昇しました。第一三共は、30円程度下落しました。石油資源開発は、月曜日の内に20円下落しました。国際石油開発帝石は、月曜日の内に10円下落しました。JXTGホールディングスは、10円近く下落しました。東邦チタニウムは、13円程度下落しました。大阪ガスは、8円以上下落しました。ユニゾホールディングスは、40円近く下落しました。JR九州は、40円下落しました。アダストリアは、60円近く下落しました。エービーシー・マートは、100円下落しました。ヨンドシーホールディングスは、70円程度下落しました。ローソンは、70円程度下落しました。セブン&アイ・ホールディングスは、70円程度下落しました。乃村工芸社は、100円弱下落しました。
2017/07/14(金) 09:23
0
4,980

【Inside Report 超極】ほれ来た、次は「あの電力」の大スクープ!!!

※注意!本レポートは当たってますが、金融商品の売買を勧める記事ではありません。単なる情報・言論記事です。題名や本文に特定の文言等があっても、特定の投資商品の売買を推奨するものではありません。本記事は、当サイトの情報力を知っている方が「ほぉー!」と思ったり、その他いろいろな情報を収集するために出しているものであります!なので「株で一発儲けよう」という方はこの記事の購入をお見送りください。購入後の質問等には金商法の規定でお答えできません。購入後のキャンセルも受け付けません!恐縮です!
※ネタ元からの依頼で、「両でしか買えないようにしてほしい。マスコミが来ても困るからなるべく高めに」と言われましたので変更いたしました。やっぱりガスより電気です。
-------------------------
 
現在、機密に指定されている事項だ。ただ、「機密になってること自体を外に公表できない」というジレンマがあるため、当サイトで書くのは何ら問題がない・・・ないわけではないが「高くしてくれ」と指定されている。
 
じゃ、いきますよ!
2017/07/12(水) 02:35
50
50

【Super!! Market Express】 2017/07/12 早起きは三文の得

 もうこの株価水準は持たないという声はよく聞くのですが、日経平均はなかなか2万円台から下がらないようです。GPIFは正義ですね。外人投資家がどれほど売りを浴びせても、丁寧に買い拾われるのですから、実際のところたまったものではないでしょう。とはいえ、アメリカからはそろそろバブルもはじけるという話が伝わっています。
 ここでもうけるならば、短期の売買が安全ということになるでしょう。当たり前の銘柄も含まれていますが、そこは確実に押さえたいものです。ささ、早く起きたそこのあなた。、金儲けのチャンスですよ。

1.今日買わなくてどうする!?7月12日スペシャル
2.この2週間で勝負!
3.今回のBuy the Dip
2017/07/10(月) 07:21
98
98

Market Forecast 2017/07/10 的を絞って儲ける!!!

賃金上昇率が十分ではない点を除けば、雇用統計の数値が予想よりも良かったのは良いニュースでした。中国経済など、懸念材料も残りますが、さし当たっての不安は若干払拭された印象があります。ただ、これから相場が全体的に上昇していくかと言えばそれも疑問でしょう。分野ごとにうまく的を絞る必要があります。
 先週の上昇した銘柄は、以下の通りです。
 DNAチップ研究所は、700円近く上昇しました。驚くべきことに70%の上昇率でした。フィックスターズは、月曜日の内に500円上昇しました。日東電工は、400円近く上昇しました。フマキラーは、300円上昇しました。アスクルは、300円以上上昇しました。三菱UFJフィナンシャル・グループは、10円以上上昇しました。三井住友フィナンシャルグループは、40円程度上昇しました。みずほフィナンシャルグループは、3円程度上昇しました。三井住友トラスト・ホールディングスは、60円程度上昇しました。T&Dホールディングスは、30円以上上昇しました。日立は、10円程度上昇しました。日立マクセルは、60円以上上昇しました。スター精密は、80円以上上昇しました。武蔵精密工業は、40円近く上昇しました。日立金属は、50円程度上昇しました。トクヤマは、20円近く上昇しました。第一三共は、月曜日の内に50円以上上昇しました。ミスミグループ本社は、50円以上上昇しました。アークランドサカモトは、20円程度上昇しました。ハイデイ日高は、150円程度上昇しました。
 下落した銘柄は以下の通りです。
 ミクシィは、400円近く下落しました。ニトリホールディングスは、200円程度下落しました。SCREENホールディングスは、150円程度下落しました。しまむらは、150円程度下落しました。東芝は、12円程度下落しました。沖電気工業は、10円程度下落しました。アドバンテストは、40円以上下落しました。東京精密は、80円程度下落しました。大日本住友製薬は、15円程度下落しました。三越伊勢丹ホールディングスは、16円程度下落しました。ライトオンは、10円程度下落しました。バイク王&カンパニーは、3円程度下落しました。ハニーズホールディングスは、50円程度下落しました。オリエンタルランドは、150円程度下落しました。パソナグループは、30円程度下落しました。
2017/07/03(月) 05:26
500
500

Market Forecast 2017/07/03 もうすこし続くロスタイム

 先週で株価の上昇も終わりかと見られていましたが、国際環境から言えば、まだいけるという雰囲気も散見されます。ただ、アメリカ政府の政策転換がマーケットに大きな影を落としそうです。特定の分野で株価が下がりそうです。政治的な危険性に注意しながら今週も慎重にトレードしてください。今週は読めばびっくり情報が含まれています。従来の相場観とは全く逆の情報ですので注意してください。本文中に下線を引いておきましたので是非参考になさってください。
 
 先週上昇した銘柄は以下の通りです。
 アズジェントは、800円以上上昇しました。村田製作所は、300円程度上昇しました。アイフルは、20円程度上昇しました。ゼンリンは、月曜日に100円以上上昇しました。アスクルは、100円以上上昇しました。
 
 グリーは、80円近く上昇しました。トレンドマイクロは、50円程度上昇しました。ヤーマンは、月曜日の内に300円程度上昇しました。シャープも、4円程度上昇しました。田淵電機は、10円以上上昇しました。山陽特殊鋼は、30円程度上昇しました。日立化成は、40円程度上昇しました。東洋紡は、3年程度上昇しました。JCRファーマは、80円程度上昇しました。東洋ゴム工業は、40円程度上昇しました。ブリヂストンは、40円程度上昇しました。住友大阪セメントは、月曜日の内に5円程度上昇しました。太平洋セメントは、15円程度上昇しました。
 
 下落した銘柄は以下の通りです。
 良品計画は、きっちり1000円下落しました。ツルハホールディングスは、800円下落しました。小林製薬は、150円近く下落しました。久光製薬は、80円近く下落しました。長谷工コーポレーションは、30円程度下落しました。川崎汽船は、6円程度下落しました。安川電機は、70円程度下落しました。不二越は、金曜日に空売りを仕掛けていれば、10円以上下落していました。ホープは、最終的に100円以上下落しました。電通は、60円近く下落しました。キリンホールディングスは、60円近く下落しました。
2017/06/28(水) 07:55
50
50

Market Express 2017/06/28 第二のタカタはどこだ!!

 タカタは本当に残念でした。タカタが再現できなかったトラブルをきっかけにあれよあれよと転落していく様には、憐れを通り越して、鬼気迫るものがありました。アメリカでたたかれ、残骸が中国に拾われるというのは、最近のパターンなのかもしれません。
 
 そこで気になるニュースをロイターが伝えています。某財閥系企業の有名な提携企業に関して不利な発表が行われるというのです。その財閥系企業も最近では収益力が落ちています。資源価格から見ても厳しいのですが、今回のニュースが高止まりしている株価に影響を及ぼすのではないかと心配でなりません。
2017/06/26(月) 06:29
500
500

Market Forecast 2017/06/26 最後の上昇

(参考)Market Forecast の情報を使っていかにして儲けるのか
http://www.j-cia.com/archives/13402
------------------------------------
 
 先週と今週は配当が再投資されるという事情もあり順調に進みそうです。もうすこし下落するかと考えていたのですが、まあいいでしょう。
 
 今週はスペシャルな情報として中国経済の実体を物語るエピソードを紹介します。これを読めば、今後の中国経済、そして世界経済の方向性がつかめるはずです。今週を過ぎれば、マーケットは慌ただしくなるという印象があります。それを暗示する興味深いデータも紹介しました。
 
*先週上昇した銘柄を紹介します。
 任天堂は、2000円上昇しました。東建コーポレーションは、1000円上昇しました。ヤーマンは、月曜日に700円程度上昇しました。京セラは、200円程度上昇しました。太陽誘電は、150円程度上昇しました。シーズ・ホールディングスは、120円程度上昇しました。
 第一生命ホールディングスは20円弱上昇しました。スクウェア・エニックス・ホールディングスは、80円程度上昇しました。東芝は、325円でエントリーしておけば335円でエグジットできたでしょう。セイコーエプソンは、少なくとも30円程度上昇しました。ダイセルは、20円弱上昇しました。資生堂は、80円程度上昇しました。ツムラは、月曜日に40円程度上昇しました。小野薬品工業は、30円程度上昇しました。ペプチドリームは、少なくとも150円は上昇しました。日本電気硝子は、30円以上上昇しました。積水ハウスは、20円程度上昇しました。大和ハウス工業は、少なくとも10円は上昇しました。五洋建設は、20円弱上昇しました。前田建設工業は、40円上昇しました。森永乳業は、10円以上上昇しました。伊藤ハム米久ホールディングスは、10円以上上昇しました。日立物流は、80円弱上昇しました。
 
*下落した銘柄は以下の通りです。
 東京海上ホールディングスは、150円以上下落しました。ぐるなびは、少なくとも10円近く下落しました。エニグモは、150円以上下落しました。SCREENホールディングスは、100円以上下落しました。アドバンテストは、少なくとも20円弱は下落しました。日新製鋼は、10円以上下落しました。JXTGホールディングスは、15円近く下落しました。コスモエネルギーホールディングスは、50円以上下落しました。
国際石油開発帝石は、20円下落しました。コメダホールディングスは、50円程度下落しました。すかいらーくは、10円程度下落しました。鴻池運輸は、40円程度下落しました。
2017/06/19(月) 18:58
0
4,000

【Inside Report】あそこがそうなら、ここがそうくる二銘柄!

※注意!本レポートは当たってますが、金融商品の売買を勧める記事ではありません。単なる情報・言論記事です。題名や本文に特定の文言等があっても、特定の投資商品の売買を推奨するものではありません。本記事は、当サイトの情報力を知っている方が「ほぉー!」と思ったり、その他いろいろな情報を収集するために出しているものであります!なので「株で一発儲けよう」という方はこの記事の購入をお見送りください。購入後の質問等には金商法の規定でお答えできません。購入後のキャンセルも受け付けません!恐縮です!

-------------------------
 
http://www.j-cia.com/archives/13434
 
↑上記記事に関連する銘柄の情報です。業界の人なら「あそこだな」とピンとくると思いますが、業界以外の人には必見!ただし、銘柄名しか書いていないので、上記記事を見ないとわからないかもしれませんが、そこはご了承ください。そして大変生意気なことを申し上げますが、この程度の情報料で高いとおっしゃる方は正直、大変申し訳ないですが本記事の御購入をお見送りください。生意気を申し上げまして恐縮です。
2017/06/19(月) 06:26
500
500

すごいアテ!Market Forecast 2017/06/19 不安定化したマーケット

FOMCも終わり、アメリカ経済に対する懸念が表面化しつつあります。確かに金利は上がりましたが、物価の上昇には勢いが感じられません。全体的な流れから言っても大きな岐路に立っています。その点に注意して、今週もトレードしてください。
 
 今週は下落した銘柄から紹介しましょう。
アイスタイルは、20円以上下落しました。田淵電機は、金曜日にはぎりぎり5円下がりました。三井造船は、きっちり5円下がりました。トリケミカル研究所は、初日で80円程度下落しました。富士フイルムホールディングスは初値からは30円弱の下落でした。科研製薬は、火曜日に上昇しましたが、最終的には100円程度下落しました。プレサンスコーポレーションは、月曜日に20円程度の下落でした。コカ・コーラボトラーズジャパンは、120円程度下落しました。アインホールディングスは、500円程度下落しています。サンドラッグは、400円程度下落しました。安藤ハザマは、60円程度下落しました。大和ハウス工業は、300円程度下落しました。平和不動産は、100円程度下落しました。
  
上昇した銘柄は、以下の通りです。
神戸物産は、500円程度上昇しました。ニトリホールディングスは、16300円がまさに底値でした。ここでエントリーした方は、500円程度は儲かったででしょう。カナモトは、爆発しました。300円以上値を上げました。TDKは、200円程度上昇しました。東京エレクトロンは、今週はぎりぎり200円程度抜けました。ホシデンは、1150円まで下がりませんでしたが、1180円でエントリーしていれば、1240円は超えました。アズビルも、4200円程度でエントリーしていれば、120円は儲かりました。東芝は、20円以上上昇しました。ルネサスエレクトロニクスは、100円程度上昇しました。日本カーボンは、10円以上上昇しました。日機装は、ぎりぎり20円程度上昇しました。クミアイ化学工業は、12円上昇しました。ペプチドリームは、500円程度上昇しました。東邦亜鉛は、月曜日に10円程度上昇しました。岡村製作所は、少なくとも20円は上昇しました。日本ハウスホールディングスは、5円程度の上昇でした。カルビーは、50円程度の上昇でした。日本水産は、40円近く上昇しました。アウトソーシングは、初日に100円程度上昇しました。
 
2017/06/16(金) 23:34
3,000
3,000

【鉄板!インサイドレポート】あの電力会社の経営に関わる一大事!官邸も了承!

※注意!本レポートは当たってますが、金融商品の売買を勧める記事ではありません。単なる情報・言論記事です。題名や本文に特定の文言等があっても、特定の投資商品の売買を推奨するものではありません。本記事は、当サイトの情報力を知っている方が「ほぉー!」と思ったり、その他いろいろな情報を収集するために出しているものであります!なので「株で一発儲けよう」という方はこの記事の購入をお見送りください。購入後の質問等には金商法の規定でお答えできません。購入後のキャンセルも受け付けません!恐縮です!
※ネタ元からの依頼で、「両でしか買えないようにしてほしい。マスコミが来ても困るからなるべく高めに」と言われましたので変更いたしました。やっぱりガスより電気です。
-------------------------
高いが、絶対元は取れる情報だ。
とある電力会社から官邸を通じて緊急情報が入った。
「役員会決裁で決定した」との官邸情報!!!完璧鉄板なので安心!確実!高利回り!

とにかくこの記事はこれでも安いくらい。しかも、情報が早すぎるので、まだ余裕がある!間違いない話なので100%いける。
社の最高機密レベル、いや国家運営上も重要な話だ!これが読めるのはJCIAだけ!
2017/06/14(水) 09:45
20
20

Market Express 2017/06/14 とあるアメリカ新興企業の罠

 FANG(ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)のフェイスブック(Facebook)、ネット通販のアマゾン・ドット・コム(Amazon.com)、動画配信のネットフリックス(Netflix)、検索エンジン・クラウド等の旧グーグル(現アルファベット:Google)の頭文字)の株価が下落し、今週のはじめは大騒ぎでした。現在は、少し落ち着いていますが、今後はどうなるかわかりません。
 
 この種の新興企業には、ある種の脆弱性が見られるようです。一言で言えば、政治リスクといえるでしょう。残念ながら、日本のメディアだけでなく、マーケット関係者もこの危険性を認識している人はごくわずかです。今回紹介する米企業が業績を急に落とせば、日本の超有名企業にも大ダメージとなります。
 
 話は変わりますが、トランプ大統領は本当に恐ろしい人物です。甘く見ていると大やけどをするでしょう。
次のページ>>