笑っちゃう話・いい話・悪い話・小話

おまり大声では言えない、思わず笑ってしまった話をたまーに書いて参ります。
2018/02/13(火) 13:54
15
15

【小話】”アキオちゃん”の慶應大学時代

 グランドホッケーという、マイナーなスポーツをやっていた。当時は、相当の体力があり、技術より、体力プラス経験値から、日本代表にも選ばれていた。
 
 北海道での、
2018/02/11(日) 09:16
0
15

受難の人(見れない画像を修正しています)

とある文化人が、左翼の上場企業の社長と揉めているようだ。面白そう!
2018/02/11(日) 08:29
10
10

基地外おかき屋の件

おかき屋の記事を見て、投稿させて頂きます。

記事に書かれている通り、一旦は終了宣言し、実際に一旦終了した様ですが、年が明けて、また始めた様です。だだ、走らせているトレーラの数は減らしている感じです。
右翼にまたやられますよね。
2018/02/10(土) 08:54
10
10

二階堂の適当なつぶやき(1)

もちろんこんな文章じゃ、誰も評価してくれないだろうし、むしろ評価されてもヘコむだけなので面倒だ。どうせ、悪い部分しかいわれない。
2018/01/30(火) 21:08
 

<金曜日に破産宣言かな>CCの今後は?

 コインチェック。「日本円の入金はできます」って、なんだよそれ詐欺の最後のかっさらいかよ(笑)。
 CCはいまビットコインだけ動かせる。でも、「日本円での出勤はできない」だって。意味ないじゃん。

 金曜日廃業でそのあとしばらくしてから手錠なのかな。警視庁にサバがおさえられてたら商売ならねーんだし、ウェブとかそっちはサーバー違うから更新できるでしょうが
2018/01/25(木) 23:58
23
19

【ケーススタディ】このメール、あなたならどう返す?

【追記あり】

インターネットサイトをやっていると、いろんなメールが来ます。変なメール、応援メール、キチガイその他(笑)

こういうメールが来たらみなさんはどうしますか?私は病院に行けとしか言えないんですが。これはマジものですよ。こういうのが来るんです。ビックリしますよ。
2018/01/25(木) 17:32
5
5

二階堂流:私のグウタラ管理法

私(二階堂)はグウタラである。それに、何かをやってる途中に違うものが入ってくると、前にやっていたことを忘れたりするという、落ち着きのなさだ。そして何をしていたのか分からなくなり混乱する。うまくスムーズに計画通り行けば本当にいいものがかけたりするのだが、ひとつ崩れるとあとからズタボロになっていく。そしてグウタラしてしまったり・・・

そこでいろいろためした。スケジュール管理、メモ、付箋をパソコンに、手帳、デジタルメモ・・・


結局全部ダメで、たまたま設定していたものがグウタラを解決した。それは、
2018/01/25(木) 17:24
 

東京都港区で詐欺電話/新宿区の怪しい医療機関と病気

東京都港区のお知らせメールでこんなのがありました。以下転載。騙されないようにしてくださいね。
2018/01/23(火) 08:27
42
42

【財務省がムカツクので】S学会施設を施工する上での注意事項を掲載!

 財務省(国税庁)が、元鳩山事務所の小澤秘書を明らかに新聞に情報リークして悪く書かせいじめて嫌がらせしたので、以下を掲載!全部、財務省以下が悪い!S学会は怒れ!!!国土交通省頑張れ!

俺はかつて、国税庁への口利きもしていた。俺に何かすれば国税も吹っ飛ぶ(実は永田町から国税への陳情なんてナンボでもあるのですよ・笑)みんなで死のうか!クビになるのはそっちだけ、こっちは弁護士並べて訴訟で居直れば関係ない。カネは全部使っていてタマリはない。嫌がらせされたら目をつぶし関係人を締め上げる。ヒマでカネが欲しいシナ人なんてナンボでもいるのでね。最後は俺は死ぬ覚悟もある。小役人にそこまではできないだろう。
「そうか〜がっかーぁぁい」当サイトは創価学会を応援している。だから八王子の施設でテンプラ食わせて(マニアックだ・笑)

「そうか〜がっかーぁぁい」→CMも勝手に!笑
 
以下本文。某施設建築の際の注意事項を記している。スプリンクラーの設置を「不特定多数の人じゃなくて特定の人が来るだけだから問題ない」といいはるフジテレビ建設(どこのゼネコンか分かるよね)が笑えます。8年くらい前の文章です。
---------------------------------------
 過去に創価学会関連施設 6現場を担当した経験上、基本的な事項で下記を注意、及び気を使う必要がありますので、参考にしてください。
 
 もちろん、ここに列記した内容はあくまでも基本的な事項です。
2018/01/22(月) 20:33
49
49

【あまり昼間に話さない方がいい話】佐々木さんと馬と愉快な仲間達

 家のプールで中毒者が出て大騒ぎ、だった大魔神。まぁ、佐々木さんは馬主もやってるね。自分で馬みれて育成できない人は、シャダイさんの一族のだれかと仲良くするしかないんだよね。佐々木もそう・・・
 
 佐々木はノーザンの吉田勝己→俊介のラインだね。そして、
2018/01/22(月) 10:57
30
30

世の中に 知られていない 金持ちだ

http://www.nikaidou.com/archives/98327
http://www.nikaidou.com/archives/98340
というわけで、上記リンクのとおり、会社を次々と手中に収める内山アドバンスの嫁のことをかいたらいろいろ反響があった。プロ向けだがお伝えする。麻生セメントとも競合する会社だ。
よく書けば「いろんな会社を傘下にしてしまう」といったところか(笑)。まぁ気軽に読んでください。世の中にはこういう会社もあって、名前が出ないけど儲かってるということを。儲かってる人は表に出ません。アッチこっちでて宣伝しなくちゃならないってことは「宣伝しないと客が来ない」からです。
----------------------------------
光子は極端に言えば、正基の漁夫の利を得ているに過ぎません。正基の人脈こそ凄いです。
そして、正基は目立ちたがり屋ではありません。陰と陽、夫は陰に徹し、妻は陽が好きなのです。
2018/01/17(水) 17:42
50
50

京都あれこれ昔話つぶやき(事情を知る男達シリーズ)

京都とは、ええな〜
その昔、崇仁・協議会の向こうをはって、新福菜館の地上げに行った。当時で、新福のオヤジの月給が800万円やった。これは、アカンと思たで〜
2018/01/12(金) 23:04
10
10

絶対保証!日本に来ているロシア美人も「狙えます!!!」

 ロシア。
 警察的には「敵国」となる。ロシア人、それも大使館職員あるいは高官の子供らは、警視庁外事1課がデータ化して「警備公安的な視点で」マークしている・・・
 
 でも。そんなことどーでもいーじゃん!(笑)美人のスラブ系なら、クソ生意気で嘘つきな日本のバカ女よりもいいのだ! 
 
 本日はそんなロシア女についてのおもしろ情報だ!
2018/01/04(木) 18:12
5
5

夜のつぶやき:日本人がいなくなる。

日本人というのは、滅びる。なぜなら、
2017/12/31(日) 11:55
30
30

二階堂ドットコムから飛んできた方へ一行情報

http://www.nikaidou.com/archives/97751
例の学校法人の件は、
2017/12/25(月) 21:40
10
10

在りし日のハマコー

在りし日のハマコー
こんなレコードを借り受けたので、とりあえずデジタル化してみた。レコードの状態がかなり悪く、ノイズリダクションはオートでやっているがたまにポツポツいうのは、時代が違うからだと思って許してください。
 
それにしても、これ、浜田事務所に許可取った方がいいのかな(苦笑)もう50年たってるような気がするけど。
2017/11/17(金) 19:08
10
10

【インチキ馬喰SEVENのマイルCS予想付き競馬レポート】

さて好きなレースはと問われると
(昔の)エリザベス女王杯 春の天皇賞 ジャパンカップといった具合で
他のレースは興がのらないわけですが 業務上の必要性もあり見ざる得ないわけで
脳みそが走り出さないが、見なければいけないという 
都市伝説で言われる産婦人科医が陥るようなジレンマとお付き合いしている私ですが


先日のエリザベス女王杯からやっと脳みそ回りだしてるみたいですねーww
北海道銘菓「白い恋人」が好きそうな佐々木さんの持ち馬(ヴィブロス)を真っ先にすっ飛ばし
ルージュバックも何その馬といわんばかりにすっ飛ばし
「危ない人気馬」を真っ先にすっ飛ばせるようになったのは 復調しつつある証拠ですね


テーマは「ふったおんなにふられたおんな ふったおとこにふられたおとこ」
まぁまぁ 的を外れたテーマではありませんでしたな
2017/06/26(月) 10:13
 

【インチキ馬喰SEVENの宝塚記念レース回顧】

今回の予想と分析のテーマはピンクモンスターと空気を読まない奴がやらかすというテーマでした 

世間の過剰人気に逆らってキタサンブラックを大本命から外したり読みはドンピシャ (笑)
当たり馬券という解答を手に入れようとしたら競馬の神様に邪魔された感じですね(苦笑)
競馬の神様は往々にして死神か厄病神です。何も考えなければ意外と出し抜けたりするのですが
(それをビギナーズラック等と表現されたりするわけです・・・)
2017/06/24(土) 21:22
 

【IT馬喰SEVENの当たらない競馬予想 2017宝塚記念!これから本気出す!】 

*え?今度はピンクの八枠??ピンクモンスター?キタサンブラック?

夏至を超えセレクトセールが近づいてまいりました。
六月も後半になると、そろそろセレクトセールだなという感覚です
今週も暇を見て、お付き合いのある旦那さんに向けての
セレクトセール名簿の確認と分析を行いながら。

内枠を引いてレースを支配することが多かったキタサンブラック
あまりに内枠を引き有利なレースを進めるもので
八百長だのふざけた話も巷に流れてますが
その空気を呼んだように(今回の予想は空気を読むというのがテーマになります)


なんと今回はピンクの八枠に入りました 


前回天皇賞の時は 北朝鮮ミサイル詐欺で 黒枠二番
黒は北に対応する北方玄武のカラーになりますが
母の父は朝鮮総連の大物がらみのサクラバクシンオーといい
北がらみのテーマに支配されていました。


今回は 「ピンクモンスター」豊田真由子議員がらみの
ピンク八枠 モンスター的強さを誇る最強馬がピンクに入りました
あぁ キタサンブラック=ピンクモンスターだなと 感じています


おわったあとに関連付けする
サイン馬券には否定的なのですが
日本の競馬は大相撲と似たような神事といった部分もあり
世相が割と反映されたりする部分もあります
「ピンクモンスター」豊田真由子議員の一件はキタサンブラックに繋がりそうです
さて世界芝中長距離最強馬の道に「モンスター」キタサンブラックはまた一歩踏み出していくのでしょうか?
2017/06/10(土) 06:03
 

【IT馬喰SEVENの(春は大きく出遅れた)G1シーズンだけの多分当たらないベルモントステークス競馬予想】 

東京競馬場にセレクトセール前のセレクト出身馬による大花火が打ちあがりました 

先日行われた 安田記念は こちらで本命に挙げたグレーターロンドンは四着でした
自信度も低く設定しましたので荒れるという前提での予想を立てましたので
私の予想を外して購入された方も多かったと思います
(馬券を取った方をいましたらおめでとうございます)
レース終了後掲示板をみてましたが 一着から五着まで着差は
全てクビという ハンデ戦の京都金杯でも見てるのかなといった錯覚にとらわれるような
レース結果ではありました

データだけみるなら一着から五着までさほど力の差はなかったというレースになります。
(直線で不利を受けた馬がずいぶんいましたので この影響を受けた有力馬がかなりいました)

グレーターロンドン号は素質を秘めてますが慢性的な脚部不安を抱えており
なかなか理想通りに使えないという泣き所がありますが
G1初挑戦であれだけの競馬をしてますので、今後も通用するという自信を陣営を深めたのではないでしょうか
順調ならば新潟の関屋記念。秋に入って東京競馬場で行われる毎日王冠等を使ってくると思います
今後も注目の一頭です
ケチをつけるとするならば広いコースを使った方が馬への負担も減るのではないかなと考えます
そうなると 東京 京都 新潟 競馬場あたりになるでしょうか 
条件付きでとはなりますが 今後も注目できる素質馬ではあります


勝ったサトノアラジンはセレクトセール出身馬ということもあり 勝負かかってた感じですね
関係者も大花火(笑)がうちあがり 
今年のセレクトセールは目玉もたくさん控えており視界よしといったところでしょうか
関係者の皆様はいいムードでセレクトセールを開催できるのではないかなと思います


調教師の池江先生のコメントが面白かったですね 苦労された結果が出ておめでとうございます
IT界隈のすずめはおしゃべりですので 期待して入れたが あいつ口だけだからとか 
すぐ噂が広まりますからね、手に取るようにお気持ちがわかります

昨今の調教師先生の仕事は旦那を確保していい馬をどんどん入れることですから
池江先生は血尿出る日もあったのではないでしょうか
池江先生の今後にも注目です セレクトセールでも良い馬を確保されるでしょう
とにもかくにも
里見オーナーをはじめとして関係者の皆様おめでとうございます!!!


二着のロゴタイプですが 現場でみていて んーやられたという感覚を受けました
玄人に好まれるタイプの馬ですが、仕上がりもよく非常に美しく映りました。
実力を再確認するレースとなりました。
 
血統表を見ると吉田照哉さんゆかりの血統で埋め尽くされてる
一種のロマンを感じる血統なのですが、なかなか強い馬です
この走りっぷりでしたら次走も楽しめると思います
札幌記念→毎日王冠という使い方になるのでしょうか
理想はやはり1600から1800メートルあたりでしょうか
札幌記念が1800メートルでしたら鉄板といえるのですが・・・
と言えどもロゴタイプは楽しめる馬ですね いずれこの馬についても記事を書くかもしれません
次のページ>>