【インチキ馬喰SEVENの競馬レポート】

日本の競馬血統研究者の中で5本の指に入るSEVEN氏の不定期競馬レポートです。
2018/02/16(金) 20:11
 

【インチキ馬喰SEVENの競馬レポート#4】

(不定期連載中です)
今回の「おまけ」は 【フェブラリーS(G1)】に多分絞っています。まちがっても土曜発売のダイヤモンドS(G3)と京都牝馬S(G3)はあると思います(笑)
 
テーマは「騙し騙され騙しつづけて尚インチキは続きます」

今回のお題
「反省会」「めでたい種馬ビジネス」
「競馬でみる中東情勢」
「外人騎手」

---------------------------------------------------------------------------------
レポートは長くなりますのでまず予想から
2018/02/10(土) 00:08
3
3

【インチキ馬喰SEVENの競馬レポート#3】自信の予想追記あり

(不定期連載中です)
今回の「おまけ」は 共同通信杯(G3)と京都記念(G2)です

今年の牡馬クラシックロードは激戦が想定され
昨年は弱い弱いとマスコミの世論操作が目立ちましたが
今年は文句なく強い馬がそろっていて見ごたえのある競争が想定されます
今回は日本ダービーの試金石にもなる共同通信杯を分析致します
といいつつも京都記念も「おまけ」としてついてきます

あいかわらずだらだらと書き散らかしますが
【いろいろなひとの憂鬱】(というよりも吉田さんちとDMMさんちの憂鬱)
「まだまだキタサンブラックありがとう」「酔っぱらいの親父でもシンキングスポーツ」 をテーマに
レポートをお送り致します

【レポートは長くなるので先におまけの予想】
2018/02/02(金) 19:30
98
98

【インチキ馬喰SEVENの競馬レポート#2】

(不定期連載中です。内容は濃いです。その辺の雑誌に負けません。)
今回の「おまけ」は 東京新聞杯(G3)です

前回の川崎記念は配当は安かったといえど狙い撃ちで
まず幸先のいいスタートでした。

今回からJRAの重賞を分析に取り掛かるわけですが
冬場のJRA重賞 すこし今年は今までと雰囲気が違う感じがします
一線級の馬が休養して春の繁殖シーズンに行われる大レースを目標に調整してくるわけですが
その間隙を縫って力が足りない馬が損失補てん的に重賞を勝つという傾向が
ありましたが 少し雰囲気が違って見えます

社台グループさんの一強時代が訪れ使い分けが行われてるというものも
原因ではあるとは思いますが
仕上がりが遅れていた馬が年開けてパフォーマンスを発揮しだし
特に東の横綱キタサンブラックが引退したあとの絶対的横綱が居なくなった
古馬中長距離戦線にも顔をだしてくるのではと予感が湧いてきています

あいかわらずだらだらと書き散らかしますが
【2018年牡馬クラシックロードの展望#1】をテーマに
レポートをお送り致します