2016/05/30(月) 18:32
198
198

夜はどうする?〜〜30日夜からあした晦日へ、《NK225F》戦略解析&雑感

副題:連日のサイテー更新(売買高、売買代金はまたまた今年最低) 〜「みんな浅い!!」〜スッ天井のサイン説を提唱してみた

伊勢志摩サミットよりもオバマ大統領の広島訪問の方が強烈に印象に残った先週でしたね。
株式市場からみれば、肝心のそのサミットですが、ネットで読む限りは、どうも安倍首相「やっちゃった」感がありますねえ。世界から浮きまくり?
2016/05/30(月) 15:17
0
3,980

【特別記事】*本記事に内容はありません大きく張ればいい。

(*解説もありませんので誤って購入しないでください。この記事は特別記事で、内容は何もないかもしれません。でも・・・あるかもしれません。当サイトは情報に関して保証はしません。単なる「文字列での表現」ですので、本サイトの情報をもとに金融商品の売買を行わないでください。)
-----------------------------------
 
「さーて、来週のサザエさんは?」と聞くと、「ああ、明日から会社や学校だ」とおもってうんざりする方が多い。世間ではこれを「サザエさん症候群」と呼んでいるらしいが。
 
 さて、どの会社がいいだろうか。でも、一応、内容はないことになっている。どうしようか。ここでビビッて買えない奴は大体だめだね。で、中身がなかったら「騙された」ってゲラゲラ笑わないとだめ。それくらいの人に向いているかも。
2016/05/30(月) 08:49
298
298

Market Forecast 2016/05/30 祝!景気対策!拡大版

 先週は「財政出動による景気回復が意識され,それに応じて日本株も少しずつ上げていく」と予想しましたが、ほぼその通りの展開になりました。おかげさまで、国際石油開発帝石も40円高でした。
 
 日本経済の減速がだれの目にも明らかになってきた段階での新たな三本の矢はどこまで相場を上げてくれるのでしょうか。

1.全てはクルーグマンプロットのとおりに
2.中央銀行の動向
3.マーケットの否定的要因
4.今週のマーケット概況 安倍首相は何を語ったのか
5.個別銘柄
6.外国為替
2016/05/30(月) 08:04
50
50

アメリカの動き 5月30日 静かに始まる戦争準備

 明日、明後日に戦争が始まるわけではないにせよ、世界規模の戦争が起きることはもう避けようがなさそうです。その陣営の色分けも完成しつつあります。あとは、きっかけを待つばかりです。今回はその点をグローバリズムという大きな視点から解説しました。今回は解説できませんでしたが、インドやインドネシア、オーストラリアも非常に積極的な動きを見せています。

 また、トランプ候補の背後関係も徐々に明らかになりつつあります。トランプを押しているのはやっぱり“あの国”でした。

[グローバリズムから見た第三次世界大戦]

[オバマの広島訪問の意味]

[CNNのCは]

[対中戦を準備するオバマ大統領]

[東欧での米軍の動き]

[中東]

[ロシア・日本]
2016/05/29(日) 16:59
298
298

日曜日SP〜事前公開〜明日30日の《NK225F》戦略解析&《おはよう!FX!》&《米国市場》

副題:前場bullでも後場bearか!?

いやはや早いですね。明日30日で五月も大詰め。30日&31日でもう次の水曜日からは六月相場ですか…。月末のドレッシング(お化粧買い)云々にもなりそうですが、それ以上に先物でいけば四半期ベースですから、早くも今年2016年は2回目のメジャーSQを迎えることになるのですね。 それを思うと、五月の例の「幻のSQ値の、16845円」からこれをとらえた月末までの1ヶ月弱の動きはなんだかもう慌ただしく落ち着かないままあっという間でしたね。
2016/05/28(土) 10:57
100
100

【NHK(二階堂放送協会)】危ない話も満載で「解決してあげる!」

3次サービサーの恐怖
バァサンの買い物
二階を撃沈
吉本がひどい 笑
雑音多め
グラビアアイドルのウラ話
風俗、売春・・・
すごい興奮!!!!
しずかシリーズを流行らせる
甘利を助け出した
ハゲ知事辞任無し
オリンピックやめよう!!
今の医療は酷である
二階堂が助けてあげる!
上場会社でも潰すか!!!
和田アキ子が元気なし!!!
--------------------------------------------
出演者(順不同):局長/中山さん/ナベさん/小太郎さん/芸能記者N/二階堂 
 
・2016年第4回(通算28回)  
・収録時間:約63分  
・収録日:5月28日
2016/05/26(木) 13:44
20
20

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」44日目(災害派遣)

こんにちは。元地方公務員XXです。
 熊本地震で被災された皆様にお見舞い申しあげます。また亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
 地震の余震がなかなか収束しない現状、また震源が北東や南西に伸びているという状況を見て、とても心配しています。
 避難も長期化して様々な課題が出てきています。前回の記事と少し重なりますが、状況が長期化した際に役所サイドが頭を抱えることを分かりやすくお話しできればと思います。
 それでは、始めましょう。
2016/05/26(木) 13:21
50
50

「当てない」地震予知(2)「当てない」地震予知とは何か

 インテリジェンスの世界というのは、ジグソーパズルとよく似ています。しかし、全てのピースが手元に有るわけではなく、他のパズルのピースが紛れ込んでいることもしばしばです。しかし、一旦いくつかのピースから全体像が推測できれば、未知の部分もある程度推定できるという営為なのです。
 
 地震の発生の仕方を、このインテリジェンスの方法で考察すればどうなるでしょうか。その結果は、予想外かつ奇想天外な仮説でした。この仮説に基づけば、地震予知に失敗しても、その被害は最小限にとどめることが出来るでしょう。今回の情報は、従来の地震の解説本などとは異なり、抜本的に読者の皆様の地震観を変えてしまうことでしょう。
1.地震の被害の回避方法
2.地震予知が外れる理由
3.東京都は大震災を回避できるのか
4.今回のまとめ
2016/05/23(月) 17:40
15
15

ユッケ集団食中毒事件「焼肉酒家えびす」の元社長は東京でゼロからやり直し

5人が死亡した「焼肉酒家えびす」のユッケ集団食中毒事件(2011年4月)で、富山地検は5月19日、業務上過失致死傷容疑で書類送検された運営会社フーズ・フォーラス(特別清算中)の元社長(47)と、ユッケ用生肉を納入した大和屋商店(東京都)で出荷を統括していた元役員(41)について、嫌疑不十分で不起訴処分とした。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016051900929&g=soc

腸管出血性大腸菌O-111による食中毒を引き起こしたフーズ・フォーラスのK元社長(本文中にて実名は記載)は、事件直後の記者会見で「生食用の牛肉はありません!」と大声を張り上げるなどして、生食用の牛肉についての基準を作らない厚労省の責任を指摘しつつ、加熱用の牛肉を生で提供するのが業界の常識であるとの主張をした。K元社長は会見中に報道陣の前で土下座をしたが、「パフォーマンス」とのバッシングを浴びた。

今回はその刑事責任については問われないことがほぼ確定したというわけだ。このK元社長、その後の動向については様々な噂がネット上で飛び交っているのだが、思わぬ場所で思わぬ仕事をしながら再起を目指しているという。当サイト独自の取材源から他では知ることのできない話をお伝えしよう。
2016/05/23(月) 04:51
60
50

Market Forecast 2016/05/23 Sell In June?

果たして、Sell in May は存在したのでしょうか。4月までのフェイクマーケットで「売り」が霞んでしまったというのが本当のところでしょう。
 現在のマーケットを支えているのは、商品市況,特に原油価格の上昇です。これのお陰でアメリカの金融機関も破綻をぎりぎりのところで破産を免れているわけです。逆に言えば、原油価格が崩れればどうなるかは、容易に想像できるというものでしょう。
 話は変わるのですが(笑)、いまシンガポール沖にはある種の船が大挙して停泊しているようです。これらの船は一体何をしているのでしょうか(爆!)。
 というわけで今週も始めましょうか。今週の目玉はサミットです。少なくともサミットを終えるまでは、相場は一定方向に向かうでしょう。
1.シンガポール沖には・・・
2.ソロスの動向
3.順番の整理
4.今週のマーケットの概況
5.個別銘柄
6.外国為替
2016/05/23(月) 04:42
30
30

【インテリジェンス・K】アメリカの動き 5月23日 伊勢志摩サミット特集

最近の懸念は、対ロ交渉がうまく進むのかどうかです。安倍首相は、ロシアに対する経済支援を先行させるつもりなのではないでしょうか。そうなれば、日本国に対する背信でしょう。本コラムでは確かに,対ロ交渉のメリットについて力説してきましたが、現在のヨーロッパの状況を見る限り、水面下での動きが慌ただしくなってきました。率直にいってNATOとロシアの戦争はもういつ起こってもおかしくないのです。
 その意味で、安倍首相とプーチン大統領の交渉に関してもそろそろ決断の時が迫っているように思えます。昨年メルケル首相から持ち出されていたNATO参加というオプションも真剣に考慮しなければならないのではないでしょうか。
[隠されたアジェンダ]
[オバマ大統領の広島訪問]
[北朝鮮を巡る米中]
[日本・ベトナム]
[テロの脅威]
[リビア]
[サイクスピコ条約100周年]
[英国]
[台湾]
2016/05/22(日) 20:28
40
30

【インテリジェンス・K】プーチンの動き 5月23日 メルケル狩り

 このところプーチンの西ヨーロッパ諸国に対する工作が激しくなっています。対象はメルケル首相を初め、英国、オランダ、フランスと多岐にわたっています。このプーチンによる工作が成功すれば、ヨーロッパでのドイツを中心とする権力構造は完全に覆ることでしょう。
 
 現在のマーケットでは、英国はEUに残留するという意見が主流です。しかし、このプーチンの動きを知ってもなお英国はEUを離脱しないといえるでしょうか。ひょっとするとドラマチックな展開が待ち受けているかも知れません。
 
1.リサ事件
2.ロシアのプロパガンダ攻勢
3.各国への影響
4.ロシアの手口
5.日ロ交渉への影響
2016/05/21(土) 20:59
100
100

【負け組】セカンドフロア

【負け組】セカンドフロア
説明のしようがない書類。
ホンモノであるかどうか、わからない。
でも、公証人のはんこまでついてあるし・・・
2016/05/21(土) 18:03
30
30

【新シリーズ】「当てない」地震予知(1)自分の住む場所のリスクを調べよう

2011年の東日本震災に続き、熊本の地震も大きな被害を引き起こしました。ここでは、地震予知というよりは地震のリスクをどのようにして把握し,回避するかに焦点を合わせて解説したいと思います。
 
1.地震予知は何のためにあるのか
2.自分の住んでいる場所は安全か
3.素人でも確認できる方法
2016/05/20(金) 14:42
19
42

【マジで?】大物芸能人逮捕間近!!!

なんかあちこちで噂になっているので書いておく。だが、名前をズバリ書くことはしない。うちのサイトをよくわかってる方のみ、お買い上げください。
問いあわせには一切応じません!ご了承のほど!!!
----------------------------------------
【続報】大物俳優X、逮捕カウント情報について

 発端は清原和博である。それが警察、そして週刊誌へと渡ったという話だ。現在判決公判を待つ清原だが、取調中に「自分以外の薬物使用者」について語っていたと、逮捕当初から言われている。「大物司会者」というのは、少し前に番組共演したあのアイドルのことだが、今回は「大物俳優X」。その人物の背景からあくまで断定はしないでおくが、聡明な本サイト読者であれば確実に理解できるはずだ。
2016/05/20(金) 14:29
0
198

【一行情報】とある議員候補が、狙われている

*本情報は、マスコミであれば「なーんだ」と思う話かもしれませんが、「え?あそこが?」と思う情報でもあります。そのため値段を高く設定しております。正直なところ、うちの情報をあちこちにばらまかれると当局がうるさいので、高くしとけばそんなに買わないだろう=流通しないだろうという目論見です(笑)
 
 そのため、この情報料を冗談で笑い飛ばせる方以外の購入はお断りします。誤って購入されてもポイントの返還等には応じられませんのでご注意ください。
--------------------------------------------
 
完全に当局に狙われている人物がいる。薬物犯だと言うから香ばしい。
2016/05/20(金) 14:24
20
20

必死さが足りない。

自分にも言えることだが最近「必死さ」が足りないような気がする。「こいつめゆるさん」と思うようなこともなくやたらと達観してしまっているからだ。
 
 昨今の報道で、東京知事の舛添がたたかれている。
 しかしわたしにしてみれば、「舛添が悪い奴だ」と報道でいくら”帰化され”、もとい、聞かされたところで、
2016/05/19(木) 22:58
40
40

【大手トレーダーYの相場分析】5月20日号

 今月に入ってメキシコペソが対ドルで下落しており、確かにトルコやブラジル、南アフリカなど所謂高金利通貨国で政情不安で通貨が売られる傾向があるにはありますが、メキシコはそうでも無いとの認識です。
 
 また最近の原油高の動きからメキシコ買いになっても良さそうです。現状では確固としたデータはありませんが、トランプ大統領の誕生を織り込む形でメキシコ売りになっているとの分析もあります。本日は米大統領選に関して考察して行きます。米大統領選に関しては「自由貿易に暗雲、通貨安競争への波及」が相場的な解釈でしょう。
 
 以下3点を中心に考察して行きます。
2016/05/16(月) 06:58
98
98

Market Forecast 2016/05/16 政府の景気対策に期待!

 企業の決算もそろってきましたが、円高のダメージは大きかったようです。それでも、円高が有利に働く銘柄もあるわけで、銘柄の選択がますます重要になっています。
 今週は、日本政府の景気対策を睨んだ動きになるでしょう。したがって、1000円台の下げは可能性が低いですが、かといって大幅に上昇することも期待できません。ですから、慎重にトレードする必要があります。
 ただ、G7後には政府の景気対策が発表されますから、それを狙って買いから入るのが今週の戦略といえるのではないでしょうか。
 
1.ドイツ銀行
2.量的緩和の効果
3.今週のマーケットの概況
4.ズバリ上がる銘柄下げる銘柄
5.外国為替
2016/05/16(月) 06:49
50
50

【インテリジェンス・K】アメリカの動き 5月16日 爆発、トランプ節!

 ここに来てトランプ候補の勢いが止まりません。世論調査でもついにヒラリーに並ぶようになりました。これは、トランプ本人の力と言うよりもアメリカ国内政治での諸官庁も巻き込んだ一大権力闘争の結果なのです。表面には現れていませんが、中国と同様にアメリカも激しいつばぜり合いが行われている最中なのです。
 
 一方で、今回の大統領選は、中国の運命にも多大な影響を与えます。トランプ候補の勝利は、中国にとって有利に働きそうです。
 
[トランプの動き]
[アメリカでも始まった権力闘争]
[中国は米大統領選をどう見るのか]
[イスラム国の終焉]
[ロシア]
[中国の反撃]
[イラン]
  
次のページ>>