2018/02/21(水) 14:00
398
398

チョイ早版〜ここからどうする?〜〜21日の後場から夜から明日への、《225先物戦略解析》&《FX!》&《米国市場》

副題: どどん波!(笑)。出た!

「米国市場、ダウが一時300ドル以上も下げました」と、昨晩の米国市場の様子を業界は例によって「ので、ので…」とファンダメンタルズ然として解説するわけですね。一方ではMASAKIのシンプルな単純な数理解析では「リベンジ波動からのリバウンド(綾戻し)も達成。これ観測して少々やり過ぎスピード違反」とも指摘。あとは下げるだけとしてそれが何ドルであれ「下げて当たり前」 と見て明記してきたわけですね。ですからここには一喜一憂もなく狼狽もなく冷静にその下げっぷりを受け止めることが出来ましたね。
2018/02/21(水) 08:08
50
50

「ミュンヘン安全保障会議」と「2018年平昌冬季五輪の歓迎レセプション」に関する一考察・・・ドイツの動きに注目か?

はじめに

2018年2月16日、外交・安全保障政策や外交防衛問題を話し合う「ミュンヘン安全保障会議」が3日間の日程(2月16日に開幕、2月18日に閉幕)でミュンヘン(ドイツ南部)で開催された。
「ミュンヘン安全保障会議」は1962年より毎年2月初旬〜中旬に開催されており、今回、54回目を迎えた。
外交・安全保障政策、安全保障問題や外交防衛問題等に関する国際会議である。
この「ミュンヘン安全保障」には数十カ国におよぶ首脳・閣僚・閣僚級高官・高官(各国の政府首脳、外相、国防相、安全保障担当者、高位の軍人・軍関係者、情報・諜報担当者・関係者等)や世界各国の研究者(国際関係、外交、安全保障等の分野を中心に)の多くが集まる。さながら外交安全保障の「ダボス会議」といった様相である(2017年のミュンヘン安全保障会議には、百数十カ国におよぶ首脳・閣僚・高官・研究者等が参加)。

例年、我が国からは外相や防衛相、あるいは閣僚級高官やそのクラスの地位の人物が参加しているが、国会審議(常会)の日程に重なることもあり、副大臣や政務官が参加している。
我が国は2014年に岸田外相が「ミュンヘン安全保障会議」に出席し、スピーチ(国際協調主義に基づく積極平和主義)を行っていこう、外相を派遣していなかった。
だが、今回の「ミュンヘン安全保障会議」には河野太郎外相が出席した。
2018/02/19(月) 10:15
42
42

こんなコトが表に出たら死人が出ちゃう!

 まぁ江戸川区や江東区あたりの政治家とカネのちょっとした小話です。
2018/02/19(月) 10:10
10
10

タミフルの”バッタモン”もとい、ジェネリック。

 沢井製薬が今月14日あたりに承認取得、6月に発売予定のタミフルのバッタモンがある。それと同時に「タミフルが販売終了する」という噂がある。
 
 沢井が承認を取ったのはタミフルのパチモン(ジェネリック)なのだが、承認条件が、
2018/02/19(月) 08:54
0
7,980

【超儲かってる】MASAKIが日経225先物で、実質7営業日で運用した結果!すげー!

【超儲かってる】MASAKIが日経225先物で、実質7営業日で運用した結果!すげー!
*ご注意!本記事は高額ですので誤って購入しないでください。購入後のキャンセルは他の記事と同様受け付けませんのでご了承ください!恐縮です!ピンとくる方はぜひお買い上げください。ためらう方は御購入をお控えください。これは相場の話です。
*特別記事ですので、俵での閲覧をできなくしております。なお、本記事は値下げしません。
 
---------------------
 初めての試みです。当サイトにて、日曜日〜金曜日の毎日、夕方〜夜の時間帯で「トレーダーMASAKIの当てたい相場予測」を掲載しておりますが、そこでおなじみのMASAKI氏が「資産運用したらこうなります」、という記事です。まずは手始めに日経225mini先物を運用してみました。2月8日から19日の午前9時時点までの結果をズバッとお伝えします。
 
 実際、長く記事をお買い上げ頂いている読者様は大体「すごくよく当たる」とおっしゃいます。そして、「最初のMASAKI節を理解するまで多少時間がかかったが勉強代だ」と、皆様口をそろえておっしゃいます。(ちなみに二階堂は日経225先物はやりません。MASAKI氏に下手くそと言われるのがイヤだから)
 
 そしてJ-CIAの「トレーダーMASAKI」記事は、アンカーマン二階堂の都合でアップが遅れる場合があるのですが、「まだか!」とお叱りメールを頂戴することもございます。それだけ当たるのでしょうね。(今はなるべく早くアップできるようにしています。)

 というわけで、本記事の値段が高いのは、初の試みだからです。いままでも、アンカーマン二階堂は、MASAKI氏の実際の資金運用を見ておりましたが、「すべての運用実績を掲載すると、特定される。資金を預かっている方に迷惑はかけられない」という事情で、掲載がかないませんでした(運用益年利100%以上はザラでした。たまにダメな1年とかもありましたが、それでも2年間で1.6倍とか)。
 
 今回、ご厚意で500万円の種銭をご用意頂き、「超安全コースで、運用実績出してみようか」とMASAKI氏からお申し出がありました。種銭は500万円。でも、保証金ギリギリまでは使っていません。一枚二枚程度の売り買いです。それでも、利回りがすごい!
  
 見てみたいですよね!でも、申し訳ないのですが、本記事の値段は高いです。「なにをもったいぶっているんだ」とお思いかもしれませんが、それは、あともう一つ、秘密の理由があるからです。それは見てのお楽しみ・・・ていうか見た方がいいと思います。資産運用がお好きな人は。
(ボケている画像は記事購入後、ハッキリご覧になれます)
 
 
2018/02/19(月) 04:41
50
50

【インテリジェンスJP】中国に裏庭(南米・カリブ)を浸食される米国の外交無策 

 チリの首都サンティアゴで先月開催された、中国とラテンアメリカ及びカリブ海の33カ国による次官級会議は、地理経済の地殻変動と言えるものであった。この会議で中国の王毅外相は、世界第二位の経済大国である中国とラテンアメリカは、自由貿易の為に共に尽力すべきだと訴えた。彼曰く、「保護主義貿易への抵抗」であり、「開かれた世界経済実現の為の取組み」なのだと言う。
2018/02/18(日) 14:49
398
398

日曜日SP〜〜事前公開〜明日19日の《225先物戦略解析》&《おはよう!FX!》&《米国市場》

副題:「究極の、アルティメットまちまち」の週に

MASAKI は「19日からの週は悩ましい1週間になるなあ」と見ています。いや、例のVIX 指数いじりから始まるグローバルな株式市場の大混乱、株価の乱高下でしたが、気がつけば一人勝ちは揺るがない米国市場の株高(反発)と、単に弄ばれただけだったのではないかの疑惑が浮上の日本市場(=金魚のフンとして他市場に追随することしかしない)という「質の違い」がくっきりと浮かび上がったからですね。構造的な問題と言ってしまえばそれまでですが、それぞれにマーケットに対峙する姿勢(マインドやスタンスから)はその「むずかしさ」が台頭してきたことも確かでしょう。東京市場の場合は数々の矛盾もあからさまになりつつありますからなおさらです。
2018/02/17(土) 13:16
5,980
4,980

【Inside Report】だから買えといってるだろ!!もっと上がるぞ!!

【お約束の前置】*注意!本記事は掲載時までの情報に基づく言論記事であり、投資指導、助言などのいかなる行為もしておりません。当サイトは綿密な取材やインサイドインテリジェンスを行っておりますが、結果を保証するモノではありません。従って、購入後の返金やポイント返還はできません。皆さんの視点と当サイトのインサイド情報がマッチしたときには、莫大な利益が出ることでしょう。ただ、表題及び本文にどのような記載があろうとも、金融商品の売買を勧める記事ではありませんのでご了承ください【お約束前置終わり】
*本記事は、当分の間、値下げはありません。
--------------------------------
まずは、この記事を御購入した方
http://www.j-cia.com/archives/13557
おめでとうございます。いかに早かったかがおわかりになるでしょう。当然当サイトも教えてもらっているのですが。
 
記事代が高くても、年間ベースでは元が取れるうちの金融記事。おっと!!うちは単なる言論サイトなので、いかなる投資商品もしくはその他の金融商品についての助言も行いませんし、投資顧問認定業者の指導に取って代わるものでもありませんが(笑)、まぁ、そりゃ、もうかるべよ。うちは基本的に運用益の25%払いなんだよね。いちいち匿名組合にするのがめんどくさいから、契約上は金を借りておいて、利益が出たら20%は税金、30%は運用担当、で、残り25%を「返済」していく感じ・・・
  

いや、そんな話はどうでもいいのだ。早く買えという記事だ。記事も株も買って損はない!!!絶対、とはいつもは言わないが絶対だ!!!
どこかって?すぐ言いますよ!それは、
2018/02/16(金) 20:11
 

【インチキ馬喰SEVENの競馬レポート#4】

(不定期連載中です)
今回の「おまけ」は 【フェブラリーS(G1)】に多分絞っています。まちがっても土曜発売のダイヤモンドS(G3)と京都牝馬S(G3)はあると思います(笑)
 
テーマは「騙し騙され騙しつづけて尚インチキは続きます」

今回のお題
「反省会」「めでたい種馬ビジネス」
「競馬でみる中東情勢」
「外人騎手」

---------------------------------------------------------------------------------
レポートは長くなりますのでまず予想から
2018/02/16(金) 07:39
10
10

そういえば、タミフルがなくなるらしいですね?

いまのところタミフルが無くなる話は、下々の社員には、
2018/02/16(金) 07:36
10
10

三流省庁・文科省の”忖度”科学技術振興機構!

科学技術振興機構
半端ない職員数!
各省庁の落ちこぼれ軍団をかき集め、学術研究のために、(下らん勉強会)を日本全土で開催支援。
最大イベントは、東京、青海の日本科学未来館で開催されるフェスもどき。
2018/02/16(金) 06:23
50
50

【インテリジェンスJP】情報機関の人材獲得合戦

 人材の良し悪しが組織の盛衰に関わる重大事であることは論を待たないが、良い人材を獲得するといのはそう簡単な事ではない。ましてや、その組織が一国の命運に関わる様な、例えば情報機関や国防軍などであれば、なおさらに優れた人材が必要であり、その獲得に葉苦心している。最近の米国とイスラエルにおける、情報機関の人材獲得に向けた動きについて報告する。

1.韓国における米国インテリジェンス活動のトップ人事
2.CIAが学生の獲得に向けて大盤振る舞い
3.シン・ベト(イスラエル総保安庁)の技術者不足
2018/02/15(木) 04:30
50
50

【NHK二階堂放送協会】こじんまりと語る。

誕生日/オリンピック/文句/素人が簡単に儲からない/カボチャの馬車/怪しいテーマパークの金集め/皇室をハメる奴/インチキ通貨/あぶない会社/某宗教/南朝鮮つぶれたらパナ買い/日銀/資産防衛/噴火を避けろ   /他
 
(*一部お聞き苦しい部分がありますがご了承ください)

--------------------------------------------
出演者(順不同):ナベさん/局長/二階堂
 
・2018年第2回(通算44回)  
・収録時間:約73分  
・収録日:2月13日
2018/02/15(木) 04:23
50
50

膀胱ガン特効薬「アラグリオ」の落とし穴

 アラグリオ。中外製薬がだした膀胱ガンに効く新薬だという。
 
 「新薬で、確かに、膀胱がんの患者さんにとってはいいクスリです。手術で完治する確率が飛躍的に上がる素晴らしい薬です。ですが、実は、この薬を使った治療にも落とし穴があるんです。」
 
 気になるこの先!こういう話は他の媒体では難しいだろう!
2018/02/14(水) 11:48
22
20

こういうメールが来だしたら、ある程度大きなサイト。

このようなメールが来るようになれば、まぁまぁ大きいサイトだと思っていい。

もちろん真面目に読まないように。突っ込む気にもならないキチガイである。
2018/02/14(水) 10:38
20
20

【一行情報】あのIT企業が自民党落選組を飼っている!!

永田町には茶番がたくさんある。この間の総選挙で、
2018/02/14(水) 06:56
30
30

野田佳彦が・・・

元総理、野田佳彦。いつまで政界にいるのかわからないが、その昔、秘書が代々木で「歯科往診利権」なるモノを推進していたが、あれはどうなったのだろう。
 
当時の秘書はもういないが、
2018/02/13(火) 23:25
22
22

夜のひそひそ話。

頂いたひそひそ話を掲載。大事件ではないのでナイトキャップ代わりにどうぞ。
2018/02/13(火) 13:54
15
15

【小話】”アキオちゃん”の慶應大学時代

 グランドホッケーという、マイナーなスポーツをやっていた。当時は、相当の体力があり、技術より、体力プラス経験値から、日本代表にも選ばれていた。
 
 北海道での、
2018/02/13(火) 11:19
50
50

【インテリジェンスJP】米国の国土安全保障省の、アテにならないサイバーセキュリティの裏側!

 日本政府には、通称NISCと呼ばれる、内閣サイバーセキュリティセンターという組織が内閣官房にあり、日本のサイバー対策を一元的に扱う様な体とされている。しかし、各省庁のサイバー関連部門の人々に聞くと、NISCに対しては期待できない。
 
 サイバー攻撃を軍事的なものなのか、それとも犯罪事案として対処するのかの判別が難しい場合も多いし、所管省庁がどこかということが問題になる。所管省庁の縄張り争い、或いは責任回避という面倒な事態を、NISCという殆ど権限を持たされていない各省庁からの寄せ集め集団が、上手に捌けるとは思えない。
次のページ>>