2016/06/29(水) 18:23
298
298

夜はどうする?〜〜29日の夜から明日へ、《NK225F》戦略解析&《FX!》&《米国市場》

副題:千里眼(笑)。15570はビンゴでしたね。

寂しいのは(笑)、今年はもうなあ、どう頭をひねって考え倒しても「マーケットがどんなに頑張っても、高値更新はないな、(-.-)y-~」、との漠然とした思いですね。
今週は月替わり、6月相場ももうカウントダウン、金曜日には早いもので7月なんですね。もう「七夕」ですよ、織姫彦星。と言うことは、まるまる半年が経過です、2016年。やはり早い。

しかしここまでアバウトに言えば今年の買い(買い戦略を語るなら)は、突っ込みを買ってリバウンドで売る、しかなかったですもんねえ、こうなると。これからもそうなりそうですよね。陰鬱です。
2016/06/29(水) 17:40
77
77

ブリュッセル情勢 Brexitの真の勝利者は、キチガイメルケルではない。

 マーケットの今後を考える上で、ブリュッセルでどのような議論が行われたのかを知っておくことは、欠かすことが出来ません。正直申しまして、メルケル首相を誰か止めてあげられないのかと深く懸念します。これでは、暴走キチガイ列車です。その一方で、キャメロン首相、ファラージュ党首の発言が光りました。彼らの発言は、恐らく長く歴史に残ることでしょう。
 それでは、ブリュッセルの夜の暗闘をお知らせすることにしましょう。

1.国民投票後の暗闘
2.次に何が来るのか
3.今後の方向性
2016/06/27(月) 23:20
50
50

Market Express 2016/06/27 欧州市場をぶちこわすドイツ

このところ、ドイツのメルケル首相の暴走が止まりません。国内にも反発が生まれています。このままでは欧州市場は崩壊してしまいます。取り急ぎ,お知らせします。
2016/06/27(月) 08:37
50
30

【インテリジェンス・K】アメリカの動き 6月27日 日本に吹いたBrexitという神風

今週は英国のEU離脱一色になりました。国際秩序がこれほど大きく変動したことはなかったでしょう。しかし、マーケットへの影響を別にすれば、今回の英国のEU離脱は、日本にとっての神風でした。Brexitは、対中戦を準備するアメリカの対抗手段の一環だったのです。中国との戦争は着実に近づいていると考えざるを得ません。

[英国のEU離脱]
[アジアでのBrexit評価]
[中東]
[ヨルダン]
[トランプ]
[ベトナム]
2016/06/27(月) 07:55
70
50

Market Forecast 2016/06/27 Brexit後の世界 残り物にも福がある!!

 先週の英国のEU離脱情報は、200兆円の価値があったと言えるでしょう。ついにロンドンのブックメーカーにも勝利を収めたわけで、その点では自慢しても良い成果であったと考えます。この情報だけで、相当儲かった人もいるはずです。
 
 実際、先週は「Brexitの影響で、三菱UFJHD、三井住友FG、みずほFGといったメガバンク、ゆうちょ銀行、かんぽ生命などの金融機関は瞬間的に大きく下げる危険性がある」という予測は、EU離脱情報と合わせて利用すれば、相当の利益が生み出せたはずです。
 
 今回の場合、残り物にも福はありそうです。今週もじゃんじゃんもうけてください。
2016/06/26(日) 12:39
30
20

【投稿】妄想の国際情勢【貧民メソッド】

貧民メソッド(貧乏をこじらせた妄想です)

>南シナ海についての考察
1.国務省(パンダハガ)は東南アジアをシナ勢力圏と考えておりシナは米国黙認のもと南進を続けました。
 不足する物資(資源やエネルギーや食糧)を現有戦力で可能な北進で確保してから、海空軍力の増強に合わせてジリジリ南下するのが戦略的には正しかったと思われますが、北進せず豪州まで南下する必要があり海空増強が必要となる南進を選んでいます。
 侵略された周辺国は陸軍中心で海空軍が弱く連携していないので各個撃破されましたが、平均年齢が若く経済成長してるので軍事費増加分を海空に優先しつつ各国と連携すれば、これ以上の南下を阻止しつつ10年ぐらいで押し返せるのではと思っていました。
2.ソビエト(ロシア)と対抗するためにシナを育てるべきだと考えるパンダハガーチームはシナが何をやっても擁護していました。
 ロシアと同盟して侵略を続けるシナをかばいきれなく成ったパンダハガは崩壊し、南シナ海は米軍(ドラゴンバスタ)の担当になり昨年5月に海上哨戒機が飛びました。
 シナのこれ以上の南進は軍事衝突の可能性があることが周辺国に明らかになり、周辺国への軍事圧力が意味をなさなく成り、経済援助するから現状を認めろと時間稼ぎを始めました。
3.時間稼ぎしつつ人工島防衛方法を考えていたようですが手詰まりのようです。
 人工島防衛を考えていなかったシナは、海空だけでは守り切れず要塞化(陸が立てこもる)しても時間稼ぎにしかならないのがわかり、エスカレート(核戦争リスク)戦略で対抗していましたが、エアフォースは今年1月からステルス機(F22やB1やB2)を配備し、昨年5月から約一年経過してシナはエスカレート戦略も使えなくなりました。
 この包囲網を突破するには早くて10年はかかると思われ、大陸国家が陸を削って海空優先を何時までも続けられるとは思えず、周辺国や背後のインドも経済成長してますから10年後も軍事的劣勢は変わらないと思われます。
4.外交でもミスしています。
 外交で挽回しようと関係ない国まで巻き込み、他国と交渉する際は対話と圧力が必要になりますが、南シナ海問題はシナへの圧力に使えると多くの国に思わせるミスをおかしました。
 プーチン氏までソチにアセアンの防衛大臣やトップを呼んで政治利用するようになり、南シナ海はシナと周辺国の資源争奪戦(領土、漁業資源、海底資源)から各国のパワーゲームの場になっています。
5.周辺国は自国の利益を考えています。
 シナは資源独占で得られる利益より軍事費や援助費が上回ると思われますが国内の権力闘争が激しすぎて撤退できないと思われます、周辺国は侵略の不安から解放され経済援助を要求しつつ軍事衝突が起きるまで待って領土を取り戻せばよくなりました。
 米国はシナよりもロシアへの対応が優先するのと、大統領選で民主党優位の間は次の大統領が南シナ海問題をシナへの圧力に使えるように行動すると思われますが、共和党候補が優位に立った場合は民主党候補支援や自身のレガシーとして小規模な軍事紛争を許可する可能性があります。
2016/06/26(日) 12:15
26
26

【二階堂】備忘録6/26「忘却」

忘れていたのである。3日坊主とか、ネタがないとかそういう問題ではなく、忘れていた。
「お前はネットで書くのが本業じゃないのか」
とお思いの方も多いであろうが、まぁおっしゃるとおりだ。だがしかし、忘れてしまったものは仕方がない。秘書がいないのでこういう時こまるのだが、いたらいたでウザいような気がする。なにせ、予定変更のキャンセルフィーだけで月に何十万も使ってしまうくらいのわがままだから。
2016/06/23(木) 13:10
30
30

【大手トレーダーYの】大相場!ここで儲けずいつ儲ける!!

ドリカムの歌で「決戦は金曜日」ってのがありましたね・・・。さて明日の早朝から相場が大きく荒れそうな雰囲気です。
 
本日は明日に迫った英国民投票の短期的影響、長期的影響に関して考察してみたいと思います。
 
まずは短期的影響(明日の早朝から東京時間土曜日朝までの動き)
 
結果はこれまでの世論調査、ヒアリングなどから僅差(3、4ポイント)で残留派が勝利。東京時間早朝からGBPは1000ポイント近く上昇→ドル円もポンド円に引っ張られて上昇するも106-107円台からは売りも入り徐々にスピード落とす。
2016/06/23(木) 05:57
40
40

Market Express 2016/06結局離脱するの?FX、勝負の一投!!

Brexitに関して最新の状況をお伝えします。
ブルームバーグによれば、「オッズチェッカーが各社の賭け率から算出した指数によれば、残留の確率は79%と14日の63%から上昇。」とあります。しかし、これには裏があるようです。それ以外にも女王陛下の意向、暴露されたキャメロン首相の嘘、そして採取的な結果の予想をお伝えしたいと思います。
2016/06/22(水) 09:11
22
22

【二階堂】6月22日の備忘録

備忘録、とうたっているこの更新。最初から「日記」ではなく「備忘録」と逃げを打っている俺はずるいのだろうか。で、案の定の三日坊主となってしまった。
三日坊主どころか、まともに3日間も出したことがないこの「備忘録」。
備忘録であるために別に忘れてしまいたいものは書かなくていいのだ、日記とは違うのだと自分に言い訳をして自分で納得。今後も不定期に頑張ろう。
2016/06/22(水) 00:42
50
50

【読者投稿】メルトダウンと独立性がないのにカネ取るNHK

*本記事は「あること」が二階堂のコメントでついていますので高くなってます。はっきり言ってそこ以外は、前々からわかりきっていることなのでどうでもいいかも(投稿者さんごめんなさい)
 
----------------------------------
 先日、メディアがTEPS第3者委員会の発表として、2011年3月14日の武藤副社長の会見でメルトダウンを発表しなかったのは政府の指示だったと発表していました。
 
 ニュースで当時のビデオが流され、広報担当社員?が武藤副社長に、「官邸から…の言葉は絶対使うなとの指示が…」と囁いているのが、ハッキリマイクに拾われています。
 
 メディアは当然、当時この囁きを聞いている訳で、それを第3者委員会の発表として5年も経って発表するのは何故なんでしょう?
 
 ものすごい違和感を覚え、理由を考えてみましたが良く判りませんね。
2016/06/21(火) 23:25
100
100

【プロ向き】金曜の動きその1〜財務省より一行情報【村上】

シンガポールのヘッジファンド、エフィッシモ キャピタル マネージメント。なんのことはない、村上ファンドだ。
2016/06/21(火) 23:16
 

米国によるシナ包囲網は狭まっている

日本の大手メディアはどこも報道しませんね。

 去る6月13日に、米国下院は343号決議案を全会一致で議決していました。
 
 343番の決議案は、中共の臓器生体摘出の犯罪を厳しく非難するもので、中共に対して米国議会が行ったもので最も強烈なものとなります。特に、
2016/06/20(月) 12:19
2,980
1,980

【Inside Report】一部指定替え決定!これは堅い銘柄だ!

*注意!本レポートは金融商品の売買を勧める記事ではありません。単なる情報・言論記事です。題名や本文に特定の文言等があっても、特定の投資商品の売買を推奨するものではありません。本記事は、当サイトの情報力を知っている方が「ほぉー!」と思ったり、その他いろいろな情報を収集するために出しているものであります!なので「株で一発儲けよう」という方はこの記事の購入をお見送りください。購入後の質問等には金商法の規定でお答えできません。購入後のキャンセルも受け付けません!
*本情報は消去する場合があります。お早めに!
------------------------------------

東証一部への指定替え銘柄だ。これはインサイダー情報だ!夏のレジャーにはカネがいくらあっても足りないもの。がっつり儲けて使って、日本経済をよくしましょう!
2016/06/20(月) 09:58
40
30

Market Forecast 2016/05/20 今年前半の天王山Brexitがやってきた!

 今週は中盤までがBrexitでかかり切りになることでしょう。今回は、まだ日本では紹介されていない英国の最新の世論調査の結果もお伝えしています。
 
 英国がどうなるにせよ、日本の株式は売られすぎという印象もあります。今週もがっつり儲けてください。優良銘柄もできるだけ多く紹介しました。
 
 ただ情勢が流動的である事には変わりはなく、また何か大きな変化があれば、追ってお知らせします。
 
1.Brexitの行方
2.中長期的観点
3.今週の方針
4.個別銘柄
2016/06/20(月) 09:21
30
20

【インテリジェンス・K】アメリカの動き 6月20日 “謀反”による国際社会の変調

 先週銀行のIRを読むことになったのは、知り合いから「実は福州に・・・」という話を耳にしたためでした。その結果、痛感したのは金融関係者、とりわけメガバンクの人は、「アメリカの動き」は読まない方が良いということでした。世界観があまりに異なるのです。せっかく「全米上位10行に入るんだ」とがんばっておられるのに、水を差す趣味はありません。それぞれが自分の信じる世界観に従って奮励努力すれば良いのです。
 
 ただ、付け加えるならば、インテリジェンスは世界観とは全く別の生ものです。そして、その世界観のほつれめが、マーケットにとっての絶好の標的となることもよくあるようです。個人的にはインテリジェンスを無視して、金融機関が存続しうるのか貴重なデータが入手できるので実に楽しみなのです。
 
 今回は、国務省、ドイツが次々と“謀反”を起こしたという話が中心です。謀反と言っても象徴的な意味ですが、ここに来て国際情勢において、既存の方向性に逆行する動きが生まれてきたようです。英国の国会議員射殺事件もそうですが、オーランドの乱射事件の闇は深そうです。
[国務省の反乱]
[アフガニスタン]
[イスラム国]
[NATOでの謀反]
[アジア]
[Brexit]
2016/06/18(土) 09:02
20
20

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」46日目(外郭出向)

こんにちは。元地方公務員XXです。

 熊本で大きい揺れが続いていますね。
 八代へ広がっているとなると中央構造線が動くんじゃないかと心配しています。
 被災者の皆様にはお見舞い申し上げます。
 前回の記事に引き続き「水道」です。
 水道には「上水道」と「下水道」があります。そして水道は整備の地域格差が大きいインフラの代表格です。今回は「上水道」のお話をお届けします。
 進んでいないところよりも進んでいるところが深刻な課題を抱えていたりもします。
 「また大阪か」と思われるかもしれませんが、大阪市で「水道事業の民営化」という話題も出ていますが、この話にも触れたいと思います。
 少し前回よりも短めの記事になるのでオマケを盛り込んであります(笑)

 では、始めましょう。
2016/06/18(土) 06:04
20
20

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」45日目(外郭出向)

こんにちは。元地方公務員XXです。
 まだ熊本で大きい揺れが続いていますね。
 被災者の皆様にはお見舞い申し上げます。
 災害に関する記事は今までもお届けしてきました。
 このところヤバいと自治体が頭を抱えるのが、インフラの災害対策です。
 公共施設の耐震化はニュースでもご覧になっているかと思いますが、とても大事なのになかなか進まないものを今回取り上げたいと思います。
 「水道」です。
 水道には「上水道」と「下水道」があります。
 そして水道は整備の地域格差が大きいインフラの代表格です。
 進んでいないところよりも進んでいるところが深刻な課題を抱えていたりもします。
 今回はまず「下水道」のお話を中心に進めたいと思います。
 次回の「上水道」の話とセットになっていますので、ダブる部分もあります。
 ご容赦ください。
 話題としては地味と思われるかもしれませんが、「水がひかない」即ち水害の後の水害のお話も含んでいます。もう梅雨ですしね。
 では、始めましょう。
2016/06/17(金) 01:33
10
10

深夜緊急Market Comment 6月17日 マーケットの動きについて

英国のEU離脱を巡って様々な情報が交錯しています。中には大変重要な情報もありますので、選りすぐりでお伝えします。営業日3日程度で有効な方針をお伝えします。
1.中国の動向
2.原油価格
3.英国はEUを離脱するのか
4.ポンドはいつ買うべきか
5.円の介入水準
6.GSのイエレン評価
2016/06/17(金) 01:08
40
30

【インテリジェンス・K】三菱東京UFJ銀行は本当に大丈夫なのか?

少し、気になることがあり、2015年の三菱東京UJF銀行のディスクロージャー誌を見る機会があった。そこで少し驚いた事があったので報告したい。

1.言葉を持たない銀行
2.危機への対応
3.PDの返上の意味
4.通貨の信用 仮想通貨について
5.銀行の役割とは

 
※参考 MUFGのIRより
 
平成26年11月、当社の子会社である三菱東京UFJ銀行は、同行が平成19年〜平成20年に自主的に社内調査を実施した、米国の定める経済制裁国向けの決済取引に関する報告書の調査・作成過程において、委託先であるPricewaterhouseCoopers LLPに対して行った指示および米国ニューヨーク州金融サービス局(New York State Department of Financial Services。以下、「DFS」といいます。)に対する説明に関し、DFSとの間で、
315百万米ドル(370億円)の支払
当時の関係者平成27年5月、カブドットコム証券は、金融庁より、システム管理が十分でない状況であるとして、金融商品取に対する対応
J胴颪離泪諭璽蹈鵐瀬螢鵐伊瓢濛从機能等(OFAC規制対応を含む)のニューヨークへの移転ならびに
ぢ荵絢垉ヾ悗飽兮中の米国の経済制裁対応に関する同行の内部管理態勢検証についてDFSが必要と認めた場合に期間延長を行うことを合意しました。
 
次のページ>>