2017/11/24(金) 08:58
1,000
1,000

巨悪でもないが・・・貧乏人には伝わらない社会の裏

巨悪、でもないが小粒な、でも誰も触らない、不正義がまかり通る世の中というのはこんな者である。http://www.nikaidou.com/archives/96667ではいこう、この続きを。
2017/11/24(金) 08:31
80
80

【インチキ馬喰SEVENのジャパンカップ予想付き競馬レポート】

前回のおさらい
ピックアップ馬で最上位は三着

体調が戻ってきており本来の力を出せると言い切った
桜花賞馬 レーヌミノルは人気以上に健闘して四着 次回は買える馬と判断します
(阪神カップか京都牝馬特別でしょうか?)

それにしても
ミルコデムーロの勢いが全く落ちず 今週も馬券からみですか?という声とともに
三歳馬が弱い弱いという声もこれでずいぶん消えるでしょう
皐月賞二着のペルシアンナイトがマイルCS優勝ですから 手のひら返し
くーるくると みなで回してるでしょう 

私にとってはいよいよ分水嶺 いい加減目を覚めせと言わんばかりに ジャパンカップの御開帳です

今回のテーマは
(絵描き達が入れ込んだ 狂走馬という芸術)です
アディおじさんも出てくるよ

インチキワールドを覗きたい方はぜひ御覧じろ
2017/11/22(水) 14:07
50
50

【インテリジェンスA】米国の北朝鮮テロ支援国家指定で動く!

はじめに

2017年11月20日、トランプ米大統領はホワイトハウスでの閣議の冒頭に、2017年11月20日付で北朝鮮をテロ支援国家に再指定することを表明した。
2008年に「北朝鮮のテロ支援国家指定」は解除されていたが、今回、再指定することをトランプ米大統領は決断した。
さらに、2017年11月21日には「米財務省」は独自の追加制裁を発表し、向こう2週間のうちに順次、具体的な制裁措置を打ち出してゆく模様である。
2017/11/21(火) 16:53
50
50

【インテリジェンスJP】中央省庁の役人に告ぐ!「JR東海は、中国に負ける!」

 電気自動車の製造・販売で有名な米国テスラモーターズのCEO、イーロン・マスクが夏頃にツイッターで「ニューヨークと首都ワシントンDCを結ぶハイパーループの敷設について、米国政府から口頭でトンネル掘削工事の許可を得た」とツイートし、一部で話題になっていた。
 
 その後続報を耳にしないが、彼のツイート通りであればハイパーループと受注を争っていた日本のJR東海のリニアモーターカーは敗れたことになる。
 
 JR東海は、ロビー工作のために、ワシントンDCに事務所と人員を置いて、
2017/11/21(火) 12:17
50
50

【インテリジェンスA】宋濤・中国共産党中央対外連絡部部長の訪朝と今後の北朝鮮情勢をズバリ!!!

はじめに

2017年11月17日、宋濤・中国共産党中央対外連絡部部長は習近平・中国共産党総書記の特使として平壌・北朝鮮入りした。
宋濤・中国共産党中央対外連絡部部長は2017年11月17日、「崔竜海」朝鮮労働党副委員長と会談し、中国要人が過去に訪朝した際に行われてきた慣行にのっとり金正恩氏への贈り物を手渡した。
翌日、2017年11月18日、宋濤・中国共産党中央対外連絡部部長は「李洙墉」朝鮮労働党副委員長と会談した。
北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会は2017年11月18日、宋濤・中国共産党中央対外連絡部部長とそのデレゲーションをもてなす宴会を開催した。
その宴会には「李進軍」駐北朝鮮中国大使や大使館員もまねかねていた。
宴会のホストは、「李洙墉」朝鮮労働党副委員長であった模様。
宋濤・中国共産党中央対外連絡部部長の「訪朝日程」は、11月20日までの予定とされているが、宋濤・中国共産党中央対外連絡部部長が金正恩氏と会談・面談等を行ったか否かに関する信頼できる情報は流れていない模様だ。
金正恩氏が習近平氏の特使である宋濤氏との面談の有無にかかわらず(金正恩氏が宋濤氏に「公式」に会うことはないと思われる)、宋濤氏の今回の訪朝は、いわゆる「北朝鮮問題(北朝鮮の核とミサイルの問題)」を巡る「中朝間の交渉」がようやく公式に本格稼働を開始するといった象徴的なものになるものと思われる。
だが、象徴的な動きにとどまるとしても宋濤氏の今回の訪朝は大きな意味を持つものとなり、北朝鮮が今後展開する「外交」上、大きなポイントとなるものと思われる。
2017/11/20(月) 09:41
50
50

【インテリジェンスJP】ヨーロッパのサイバーとインテリジェンス動向

みなさん、「情報なんて関係ない、ヨーロッパがどうしようと関係ない」と思っておられる方もいらっしゃるだろう。ただ、多くの情報を集めれば、為替や株にも役立つというものである。

ヨーロッパにおけるサイバー業界、インテリジェンス業界における注目ネタを2本お届けする。

1.EUのサイバー関連規制強化について
2.イギリスGCHQの元長官の今
2017/11/20(月) 09:39
50
50

【インテリジェンスA】「宋濤」中国共産党中央対外連絡部・部長の訪朝

はじめに

2017年11月17日、中国は中国共産党中央対外連絡部の「宋濤」部長を習近平・中国共産党総書記の特使として北朝鮮に派遣した。
今回の「宋濤」中国共産党中央対外連絡部・部長の訪朝日程は4日間前後が予定されている模様。
「宋濤」中国共産党中央対外連絡部・部長は、金正恩氏に近いといわれている「李洙墉」朝鮮労働党副委員長との会談が予定されている。
現時点の一部報道によると、「宋濤」中国共産党中央対外連絡部・部長は、「崔竜海」朝鮮労働党副委員長と会談した模様である。
2017/11/17(金) 19:08
100
100

【インチキ馬喰SEVENのマイルCS予想付き競馬レポート】

さて好きなレースはと問われると
(昔の)エリザベス女王杯 春の天皇賞 ジャパンカップといった具合で
他のレースは興がのらないわけですが 業務上の必要性もあり見ざる得ないわけで
脳みそが走り出さないが、見なければいけないという 
都市伝説で言われる産婦人科医が陥るようなジレンマとお付き合いしている私ですが


先日のエリザベス女王杯からやっと脳みそ回りだしてるみたいですねーww
北海道銘菓「白い恋人」が好きそうな佐々木さんの持ち馬(ヴィブロス)を真っ先にすっ飛ばし
ルージュバックも何その馬といわんばかりにすっ飛ばし
「危ない人気馬」を真っ先にすっ飛ばせるようになったのは 復調しつつある証拠ですね


テーマは「ふったおんなにふられたおんな ふったおとこにふられたおとこ」
まぁまぁ 的を外れたテーマではありませんでしたな
2017/11/15(水) 22:42
77
77

【NHK二階堂放送協会】年末に向けて今日も喋りますよ!

有名俳優が病気でかわいそう/テレビは見ません/デブの裸踊り/文科省はロクなのいない/鳥取県警じゃぁ・・・/皇族とは/衆院選/補正予算を早く!/特許庁の話/これからの芸能人の稼ぎ方/芸能界で偉いと思う二人/ラブホテル経営/他
 
(*一部お聞き苦しい部分、また、カットしまくっている部分がありますが大人の事情でご了承ください)

--------------------------------------------
出演者(順不同):中山さん/ナベさん/局長/芸能U/二階堂 
 
・2017年第8回(通算41回)  
・収録時間:約65分  
・収録日:11月15日
2017/11/15(水) 13:32
50
50

【インテリジェンスA】実現しなかったトランプ米大統領とプーチン露大統領の「公式会談」幻に終わったトランプ米大統領とプーチン露大統領の「公式会談」

はじめに
   
 2017年11月11日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)が閉幕した。APEC(アジア太平洋経済協力会議)に合わせ、トランプ米大統領とプーチン露大統領の米露首脳会談の実現に向けて、様々な試みがなされてきた。
 
 結局、米露首脳による公式会談は実現しなかったものの、2017年11月11日にトランプ米大統領とプーチン露大統領によるシリア情勢に関する共同声明が発表された。
2017/11/15(水) 05:33
50
50

【インテリジェンスJP】北朝鮮のミサイル・核兵器開発を支援する中国と、トランプの本気度

 米国政府は先月、可動式ミサイルを運ぶための車両を北朝鮮に提供している中国企業に対して、初めての経済制裁を科した。しかしながら、今回対象とされた中国の武漢三江航天進出口有限公司(Wuhan Sanjiang Import and Export Co. Ltd.,)への経済制裁は、イランへの装備品供与について重点を置いたものであり、米国財務省の発表も実に密やかであった。
 
 北朝鮮との取引については、ついでの様に触れられたのみであったが、中国がこっそり北朝鮮の金正恩を支援していることに対する、米国政府からのささやかな非難のサインとはなっただろう。

トランプ大統領は最近も、
2017/11/14(火) 19:21
50
50

【インテリジェンスA】トランプ米大統領の訪韓を巡る動き

はじめに

 2017年11月11日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議のためにダナン(ベトナム)を訪問中の習近平・中国国家主席と文在寅・韓国大統領が会談した。
 
 習近平・中国国家主席と文在寅・韓国大統領は、朝鮮半島情勢を安定的に管理する必要があり、北朝鮮の核とミサイルの問題については最終的には対話を通じて平和的な方法で解決するとの認識で一致した。
 
 APECの首脳会議にあわせた今回の中韓首脳会談は、孔鉉佑・中国外交部長助理と南官杓・韓国国家安全保障室第二次長を中心に中韓の間で合意にいたった「中韓合意文書」を再確認し、国際社会にアピールすることが主目的であったものと思われる。
2017/11/13(月) 16:54
50
50

【インテリジェンスJP】最近の注目インテリジェンス

米国の某情報機関に勤める知人が最近注目しているネタを、6つご紹介する。

1,北朝鮮に協力するウクライナ企業
2,台湾版FBIの活躍
3,ミャンマーで展開するイスラエル軍事企業
4,ますます情報機関を重用する習近平
5,米国サイバー軍の体制強化
6,CIAの機構改革
2017/11/13(月) 14:51
50
50

【インテリジェンスA】トランプ米大統領の今回のアジア外遊

はじめに

2017年10月31日、米ネットメディア「AXIOS」は、トランプ米大統領の娘のイヴァンカ・トランプ米大統領補佐官がトランプ米大統領のアジア歴訪に同行し、我が国・日本、韓国、中国で各種の会議やイベントに参加する当初の予定が変更され、韓国と中国への訪問が中止となったとのニュースをキャリーした。
各種報道や各種発表によると、どうやら米外交当局はこの「予定の変更」を「2017年10月31日の夜(AXIOSによるニュース・リリースの後であった可能性が高い)」になって、韓国と中国の外交当局に伝えた模様である。
イヴァンカ・トランプ米大統領補佐官の予定変更の理由は、一応、「ワシントンに戻らなければならない用事ができたため」、「トランプ大統領がイバンカ米大統領補佐官を含む主要閣僚に対し、国内に残って税制改革関連法案等への対応に注力することを指示したため」という説明がなされているようだ。
だが、イヴァンカ・トランプ米大統領補佐官の予定変更の最大の理由は、トランプ米大統領から中国と韓国に向けた「シグナル(不満の表明)」であるものと思われる。



イヴァンカ・トランプ米大統領補佐官の予定変更

トランプ米大統領のアジア歴訪にイヴァンカ・トランプ米大統領補佐官が同行する予定にあわせ、
2017/11/11(土) 22:31
50
50

【インチキ馬喰SEVENのエリザベス女王杯予想付き競馬レポート】

もはや気持ちはジャパンカップに向かっています
やる気があるか?ないか?と問われれば
そのようなものは 忘却の魔獣に食わせてとっくに捨てた

ニューヨークヤンキース大好きっこのニューヨーカーのごとく
手首くるくる 360度回転はあたり前

はじめは関羽の如し、終わりは孫正義の如しが私の座右の銘で御座います


今週熱心に読んだ漫画は
武田鉄矢先生原作 小山ゆう先生画の
おーい龍馬でした

幕末をテーマにした漫画ですが出演してくる方々の何人かは近代競馬にかかわっている方で御座います
競馬がらみでいうと西郷どんと山内の殿様も注目
他にも小岩井牧場三菱グループ岩崎弥太郎など 競馬がらみの人材もターンと出演されてましたな

そういえば栗東の山内一族の山内調教師が競走馬の覆面につけさせてる 三つ葉柏は
山内家の家紋でございます
最近の若い者はベンツマークと勘違いするそうで 日本は平和です 

★今週の気になったニュース


・トランプ大統領 来日


・座間の殺し 座間ねぇ・・・ヌミディア騎兵はこねーし、象兵は使い物ならなかったんだっけ?w
       実は現場知ってましてちょと複雑です もちろんチュニジアの方じゃなく神奈川ですよ


・サウジの連続王族殺人(未遂)事件 古くは董卓 最近ではポルポトやらのスキームではないんですかね桑原桑原
なにせ王族の数が多いから弾は尽きないわけですが 殺しの手法に趣向を凝らさないことを願います


・武豊さん調教中の落馬で乗り代わり
(マイルCS、ジャパンカップは乗られる様子)
→あれの件ですよね あれの件w
べつに他の奴もやってるんだし「ええじゃないか」という印象ですが 嫁さんは株を上げた模様で
それにしても相手の姉ちゃんはパッとサイデリアみたいな女だよねぇ 


今週のテーマは
【ふったおとこにふられたおとこにふったおんなにふられたおんな】
ホームランか三振か?そんなことより バットは握る気すらねえし
打席にはいるつもりもねーんだから大体ボールなんかなげてくるなとあまりやる気がございません
それでも みたけりゃ とくと御覧じろ
2017/11/11(土) 09:03
30
30

【短編連載】南シナ海マリン・エンジェル作戦 最終回

 国際法的には何の根拠もない、えげつない領海拡大をひたすら画策する中国は、いずれ自壊する!
 一発の銃弾、砲弾、ミサイルも撃つことなく、南シナ海を埋め立てて造った中国海上要塞を立ち往生させ、中国海軍、中国海上民兵、中国海警の蠢動、威嚇、暴行を封じ込めるダーティでアンダーグラウンドなプロパガンダ戦争が密かに始まっている。
 南シナ海に関わる諸国のために、ひいては海の自由と平和を守るため、敢然と立ち上がったのはアニメキャラの水着美少女たちだった。
------------------------------------

7.世界を変えた…? 死んだ海の天使

 マリン・エンジェルたちはまず世界中のネット空間で有名となった。アニメキャラを愛するオタクたちから、まず中国批判の火の手が上がったのである。以前にも習近平さんをクマのプーさんになぞらえた画像が閲覧禁止になるなど、アニメ、マンガの持つ破壊力、浸透力を警戒していた中国政府だったが、南シナ海とアニメキャラを結びつける発想には全くの虚を突かれたという感じだった。次々とマリン・エンジェル擁護のサイトや投稿、シェアが相次ぎ、収拾がつかない状態となった。炎上するサイトや中国のサイバー警察にブロックされるサイトも数知れず。マリン・エンジェルに言及しただけで逮捕される者もいたらしい。
2017/11/10(金) 23:49
 

◎京都府福祉事業の概説(2017.11.9現在)Ver1.0

*これ以外にもあるとおもいますが、各役所の方、匿名でいいのでツッコミをお願いいたします。

------------------------------

子育てしながら働きがんばるメンヘルサバイバーでシングルマザー・シングルファーザーのあなたへ。


a.子育て


http://www.pref.kyoto.jp/kenko/kodomo/index.html
子育て支援情報 未来っ子ひろば
http://www.pref.kyoto.jp/kosodate/index.html
ひとり親家庭(母子家庭・父子家庭)には [子育て支援情報 未来っ子ひろば]
http://www.pref.kyoto.jp/kateishien/ouen_16hitorioyakatei.html
ひとり親家庭のしおり(制度や相談窓口の案内)
http://www.pref.kyoto.jp/kateishien/documents/shiori.pdf
就・修学支援、奨学金等(援護制度等)
http://www.kyoto-be.ne.jp/kyoto-be/cms/index.php?action=pages_view_main&page_id=31


1.児童手当について
児童手当制度は、
2017/11/10(金) 23:42
50
50

私の履歴書(仮)12−A

私の履歴書11ーAの続きです。
http://www.j-cia.com/archives/13689
-------------------------------------

 巣鴨にすんでいた。正確にいえば私の家は別にあるのだが、いかんせん不便すぎて巣鴨の2LDK新築を使わせてもらっていたのだ。スポンサーは、女子大生(笑)。
 なんでそんなことになったのかというと、どうも親が「カネは出すけどあとは知らない」という放任主義だったというか裕福な家だったようで。外から見れば同棲生活を送っていた。ただ、一緒に買い物に行くとかそういうこともなかったし、単なる同居人であった。
 
 それよりも、
2017/11/08(水) 20:15
50
50

【インテリジェンスA】安倍首相の「自由で開かれたインド太平洋戦略」

はじめに
 
 2017年11月6日、安倍首相とトランプ米大統領は首脳会談で、アジア・太平洋・アフリカ地域の安定と成長を目指す上で、「自由で開かれたインド太平洋戦略」の推進で一致した。
 
「自由で開かれたインド太平洋戦略」は、我が国・日本、米国、豪州・オーストラリア、そしてインドを加えた四カ国の連携を基軸として世界の過半に及ぶ人口を擁する「インド太平洋地域」の発展・繁栄・平和で重要となる海洋秩序の維持と強化の枠組みを作り、海洋秩序の維持と強化を推進し、「自由で開かれたインド太平洋」の実現を計るというもの。
 
 今回の日米首脳会談において、安倍首相はトランプ米大統領の理解と賛同を得たとし、「自由で開かれたインド太平洋戦力」は日米共通の戦略となり、「日米協力」の新たな「象徴」となってゆくものと考えられる。
 
 今月中旬に予定されているAPEC(アジア太平洋経済協力会議)等を端緒に、日米両国が協力してASEAN諸国を中心に呼びかけてゆき、国際的なレジーム・枠組みの形成を進めてゆくものと思われる。
2017/11/08(水) 07:04
50
50

【インテリジェンスJP】金を取るか、治安を取るか、米中の狭間で小ずるく立ち回るフィリピンの行く末

 フィリピンのドゥテルテ大統領の故郷であるミンダナオ島のダバオ市は、中国政府が一帯一路政策に基づいて約束した同市への莫大な資金援助と投資を、今か今かと待ちわびているが、雲行きが怪しくなってきている。一年前にドゥテルテ大統領は中国を訪問した際に、これまでフィリピンと長い同盟関係にあった米国とは距離を置くとし、外交方針をドラスティックに変更した。

ドゥテルテ大統領の方針変更を受け、
次のページ>>