経済インテリジェンス

2017/02/06(月) 07:35

Market Forecast 2017/02/06 トランプのうっかり発言で崩れる相場

ファンダメンタルには問題がないのに、アメリカ大統領の発言で為替が動き、相場が荒れに荒れています。しかし、このようなときこそ、ボラティリティの高さを利用するべきでしょう。今週のポイントも、売りの機動運用ということになりそうです。
 今週は予想通り下がった銘柄から紹介しましょう。メタップスは、200円以上下がりました。富士通ゼネラルは、150円以上下落しました。ニフコは50円以上下落しました。
フィールズは15円以上下落しました。新日本無線は、25円以上下落しました。日本航空電子工業は、50円近く下落しました。関西電力はぴったり40円下落しました。ディー・エヌ・エーは、300円程度下落しました。愛知製鋼は、200円近く下落しました。静岡ガスは10円程度下がりました。LINEは、100円以上下落しました。日揮も100円程度豪快に下げました。
 これに対して、上昇した銘柄は、以下の通りです。
 VOYAGE GROUPは100円程度上昇しました。日立製作所は、少なくとも5円は抜けたはずです。アルプス電気派少なくとも100円程度儲かったでしょう。TDKは、水曜日には100円程度儲かったでしょう。日本電産は、100円以上上昇しました。ダブル・スコープは、50円弱は儲かったでしょう。SUMCOは、月曜日に50円程度上昇しています。フジクラは、80円上昇しました。古河電気工業は、100円以上儲かったことでしょう。キーエンスは、600円程度儲かったでしょう。SMCは、どうやっても200円以上は儲けられたでしょう。安川電機は40円程度上昇しました。東洋機械金属は、20円程度上昇しました。日本バルカー工業は80円程度上昇しました。広栄化学工業は、20円程度上昇しました。東京製鉄の上昇は20円弱と行ったところでしょうか。大阪チタニウムテクノロジーズは、買いを入れた日時にもよりますが、最大100円程度は儲かったでしょう。
イントランスは、月曜日の内に20円は儲けられたでしょう。ジェイアイエヌは150円以上上昇しました。

1.月曜日に確定している未来
2.悩ましいスケジュール
3.為替相場・資源価格
4.中国経済・EU経済
5.今週の戦略
6.個別銘柄

関連記事

よく読まれている記事

「経済インテリジェンス」の最新記事

お薦め商品


カテゴリトップに戻る