インテリジェンス

2017/04/24(月) 06:28

【インテリジェンスK】アメリカの動き総力特集4月24日 緊迫する北朝鮮情勢

 焦点になるのは25日前後の動きでしょう。ここで第二次朝鮮戦争勃発となる可能性は十分にあります。カールビンソンだけではありません。中国人民解放軍も中朝国境に軍を配置しています。ロシアも同様です。
 
 このような切迫している時期だからこそ、改めてアメリカ・中国・北朝鮮の立ち位置を検証しておくことには意味があります。北朝鮮が核実験を強行した場合、極東を巡る情勢は根本的に変わってしまいます。我々はその心の準備をしておかねばなりません。
 
 現段階で言えるのは、韓国や中国に滞在することは非常に危険だということです。たとえ会社の仕事があったとしても、命の方が大切だと思います。実際問題として、朝鮮半島で有事が発生した場合、(少なくとも現段階で)韓国政府は自衛隊機の韓国への乗り入れを認めていないので、国外脱出の方法がなくなります。そして、日本人は人質にされるという噂もあります。くれぐれも命を大切にしていただきたいと思います。
 
[トランプ大統領の課題]
[習近平の課題]
[金正恩の問題]
[ロシア]
[北朝鮮が核実験を実行した場合のシナリオ]

関連記事

よく読まれている記事

「インテリジェンス」の最新記事

お薦め商品


カテゴリトップに戻る