社会ニュース

2017/06/19(月) 06:19

【インテリジェンス・K】アメリカの動き 6月19日 You are fired!とトランプは言われるのか!?

 日本の命綱を握っているのはアメリカです。これは事実なので否定のしようがありません。しかし、そのアメリカがおかしいのです。ふらついているのです。中国との対決が間近に迫っています。その中で、日本が生き残るにはどうすれば良いのか。それは、日本人がアメリカを知ることです。政策にしても、対応にしても、まずはそこからなのです。
 
 そのトランプですが、特別検察官による調査は続行中です。しかも捜査する検事が腕利き揃いです。今回はそのトランプの罷免・弾劾の可能性を考えます。
 
 その一方で中国の海洋進出は止まりません。このままでは、インド洋は中国の海になることでしょう。とするなら、日本に取って信頼出来るアジアの同盟国はインドということになるでしょう。
 
[トランプ罷免の可能性]
[トランプの反撃]
[カタール]
[アメリカが中国から離れられない理由]
[パキスタン]
[日本・インド]

関連記事

よく読まれている記事

「社会ニュース」の最新記事

お薦め商品


カテゴリトップに戻る