元地方公務員Xの「それさえも平穏な日々」

皆様、はじめまして。元地方公務員XXです。このたびJ−CIA編集部のスタッフ様から、「皆様の知的好奇心を満たす記事を書きなさい」という指示がありまして、ブラウザのお目汚しであることは承知の上で、書かせていただくことになりました。
 ただ、公務員には守秘義務があります。退職しても守秘なんです。その辺りのグレーゾーンを踏まえながら書き進めたいと思います。文章は素人ですので大目に見ていただけるとありがたいです。話も脱線したり次回に続いたりするかもしれません。ご容赦のほどを。ご感想・ご質問もお待ちしております。
 お応えできるかどうかはJ−CIA編集部のスタッフ様のご判断次第です(笑)
2015/02/27(金) 18:27
10
10

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」33日目(復命延期)

こんにちは。元地方公務員XXです。

 どこの自治体でも知名度・イメージアップや観光集客に努めているもので、若年層が減っている自治体では、若年層や子育て世代の定住促進に努めてもいます。そのため、ゆるキャラが乱立したりB級グルメを慌てて作ったりなどとなるんですが、少し前から近所の深い川に架かる橋が有名になりました。
 
 紅葉の季節にはすばらしい眺めになる私の自慢の風景なんですが、川が深い上に橋の位置が川面から相当高く・・・以下省略しますが(苦笑)、「そういう取り上げられ方」は避けたいものです。
 廃墟ブームが先にくるかと思ったら「そっち」でした。「防止」の予算化は間に合ったんでしょうか?
 さて、「戸籍と住民票」の話、3回シリーズをやったんですが、少しはみだした話題がちょろちょろありまして片付けておきたいと思ったら、書くのに手間取り遅くなりました。
 
 延長戦の再延長です。もうしばしお付き合いください。何せちょろちょろした話が多いので相当ウロウロします。
 
 さあ、始めましょう。
2015/02/01(日) 17:59
20
20

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」32日目(外郭出向)

 こんにちは。元地方公務員XXです。ISISに捕まった日本人お二人は殺害されてしまいました。ご冥福をお祈りします。自己責任論などありますが「殺したテロリストが悪い」という基本線を外してはいけないと思います。
 
 さて、「戸籍と住民票」の話、3回シリーズの3回目となります。今回は、前回の住民票と戸籍の話の延長戦です。住基ネットの話を1回目でしましたが、電算化関連を中心に、あくまで個人的な意見として、問題じゃないかな?と思うところを書き連ねてみたいと思います。
 また、在留外国人問題でなぜ「特別永住者は急がないといけないか」と私が振ったのか、当事者の方々は分かっておられると思いますから、全く関係ない日本人の方に向けてざっくり説明もしてみたいと思います。
 
 さあ、始めましょう。
2015/01/29(木) 20:29
15
15

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」31日目(外郭出向)

 こんにちは。元地方公務員XXです。ISISの件はまだ解決していません。記事が出る頃には解決を祈ります。国会もこの件で与野党ともに振り回されているように見えます。
 
 さて、「戸籍と住民票」の話、3回シリーズの2回目をお届けします。前回は「住民基本台帳」や「住基カード」の話まででした。今回は「住民票」と「戸籍」の話の一部をすることになります。
 
 え?珍しく記事が早いですって?2回目の途中までは1回目の記事を出すときに書いてたんです。
 え?じゃあ3回目の記事はですって?頑張ります!(笑)
 
 さあ、始めましょう。
2015/01/28(水) 09:17
20
20

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」30日目(外郭出向)

 ごぶさたしています。元地方公務員XXです。ISISの件で政府がごたついています。記事が出る頃には解決を祈ります。また、猟奇的な事件も同時多発的に起こっています。いろいろ考えさせられます。
 
 さて、知ってるようでしらない在留外国人制度。いよいよ、改正されてからの猶予期間が7月頭で終わります。帰化される方は早めに手続きを済ませましょう。なぜかって? 意外な落とし穴があったりするんです。この記事を読んでくださる皆さんへの「ご忠告」です。
 
 しかし、その前に「戸籍と住民票」の話が必要ですね。3回シリーズでお届けしますが、一見すると関係ない話も混ざっています。しかしよく見れば・・・という構成になっています。在留外国人制度についてはあらためてやりたいのですが非常に難しいんです(苦笑)

 さあ、始めましょう。
2014/11/29(土) 08:14
30
30

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」29日目(選挙事務)

 みなさんこんにちは。元地方公務員XXです。選挙事務のお話です。今回の安倍総理の解散は、全国の自治体でまさに「寝耳に水」。日程が12月というまだアバウトな段階で浮上した時ですら、もうパニックな自治体も多かったはずです。
 
 噂が上がってきたときにちょうど首長選をやっていた自治体、予想される衆院選の日付近くに首長選がある自治体・・・選挙が複雑になり選管がしっちゃかめっちゃかになっていました。衆院選や首長の辞職など、突然降ってくる選挙で自治体は職員はどんなことになるのかを、全国各地の知り合いから入っている泣きのメール&電話を元にお話ししたいと思います。
2014/11/29(土) 01:10
10
10

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」28日目(災害派遣)

 ごぶさたしています。元地方公務員XXです。広島豪雨そしてその前後の数々の台風や御嶽山の噴火、そして長野の地震に阿蘇山の噴火…犠牲者の方々やご遺族様、被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。

 長らく記事をお届けできませんでしたが、ようやく書き上げることができました。書けなかった理由は一つは体調の不調もあったのですが、もう一つは「災害」について書こうと思ったところ、次から次へと災害が発生したため、追加で書かなければならないことがたくさん生じたからです。
 
 というわけで、今年の異常気象を始めとするさまざまな災害について、自治体の立場からの視点で書いてみようと思います。ただ、ニュースなどでかなり詳しく報じられてもいますので、元役人の私個人の目で見た「なぜ」と「どうなる」の話を中心に進めたいと思います。
 よろしくお付き合いください。
2014/06/19(木) 10:32
20
20

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」27日目(兼務解除)

 さて、今回も特別編です。と言いながら「とてつもなく」遅くなってしまいました。申し訳ありません。
 今年、花粉症を発症しまして、ようやく花粉症の先輩方がおっしゃる辛さが身に染みて分かりました。
 地方自治体では、やれ新年度やれ議会などと言ってる間に決算そしてボーナスに向けて気分がソワソワする頃です。
 
 前回の記事で橋下徹大阪市長の「出直し選」直前のお話をしました。
 結果はあちこちで報じられた通り・・・というか、メディアも関心が低く争点すらない選挙となりました。無駄遣いという話も大きく報じられましたね。
 
 6億ウン千万円・・・私には想像もできない金額ですし、大規模な自治体ゆえの額だと感じました。
 そして日本維新の会の分裂。
 この選挙以降の一つ一つで、橋下徹という人間と大阪維新の会・日本維新の会の動向が、次の統一地方選をメドに動いていくという、一つの転換点かもしれません。
 しかも本人は強気を崩してないというか、むしろ強めてきたようですね。
 
 前回と同様に選挙直後そして新年度管理職人事異動にかけて、大阪市・大阪府・大阪府下の市町村の管理職を中心に、緊急「公務員限定」世論調査を人づて数珠つなぎに敢行しました。
 ご協力いただいた皆さんありがとうございます。
 
 記事の配信が遅れた分、量を多めに2ヶ月間にわたりいろんな方にお話を伺いました。
 前回と今回の記事2つでワンセットを構成しています。
 前回は選挙となっての生の声編、今回はこの選挙の意味と影響の解説編です。
 今回も生の声から、これからの橋下徹という人がどうなるのか、そして行政の現場はどうなっていて今後どうなるのかを見ていきます。
 「維新」崩壊の序曲と例えた公務員が多いこの出来事をいま改めて振り返ります。
 
 では、始めましょう。
2014/06/03(火) 08:07
40
30

3日の《NK225F》戦略解析(東京time)&おはよう!FX!&《米国市場》

副題:これでイケイケはやはり「変だな、妙だな」。


トラディショナルなテクニカル分析でいけば、昨日2日の東京timeでは、「かなり派手に上がったものの、いまいち中途半端」なものが残ったのも確かです。どういうことかと言えば、「窓埋め」論になります。
2014/03/08(土) 17:41
33
33

【特別編】元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」26日目(兼務発令)

前回の記事からずいぶん日が空いてしまいました。
年末年始、記事にしたい事柄が結構あったのですが、私が次々と病に倒れたため、動けませんでした。申し訳ありません。
 
さて、今回は特別編です。東京都知事選に隠れた形になってますが、橋下徹大阪市長が辞職して出直し選に打って出ました。
元地方公務員の私から見ると、ある意味凄い選挙だと感じましたが、近くにいる人たちはどう捉えているか、大阪市・大阪府・大阪府下の市町村の管理職を中心に、緊急「公務員限定」世論調査を人づて数珠つなぎに敢行しました。
ご協力いただいた皆さんありがとうございます。

今回と次回の記事2つでワンセットを構成しています。
今回は生の声編、次回はこの選挙の意味と影響の解説編の予定です。
選挙直前になってしまいました。タイムリーと言えるかな?
では、始めましょう。
2013/12/19(木) 10:15
15
15

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」26日目(議会待機)

 こんにちは、元地方公務員XXです。
 寒くなり今年もいよいよ末に近づいてきました。
 地方議会ではラストスパート、年末に向けて役所の各部署も忙しくしている時期です。
 予算関係や豪雪対策・福祉関連が動いているかと。
 J−CIA読者の皆様も、乾燥する時期ですので火災予防、また運転される方は路面凍結、豪雪地帯では雪への対処をお忘れなくというか大分降ってますね。ドカ雪なので雪下ろしなど気をつけてください。
 
 さて、猪瀬直樹東京都知事が、徳洲会からの5000万円がらみで辞職するのではとの一報を目にしました。
 二階堂ドットコムでも「カバンコント」と評されていましたが、何してるんだと思った方も多いかと思います。
 今回はいつものお話から一旦外れまして、この猪瀬問題と「この時期にトップがああなったら、職員=公務員はどう思うか」をお話ししたいと思います。まあ号外だと思ってください。
2013/11/29(金) 19:19
30
30

《NK225F》29日のナイトセッションの戦略と解析 &FX!雑感

副題:ね!!(笑)。ゲッツ!ショート屋(売り屋)、大漁旗!!(≧∇≦)
2013/11/25(月) 00:15
10
10

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」25日目(出向復命)

 秋を通り過ぎて冬ですね。今年は異常気象に拍車がかかっています。
 こんにちは、元地方公務員XXです。急に寒くなって風邪を引きました。こないだまで最高気温30℃とか言ってたのにいきなり10℃以下で、朝一番で雪おろしとかどうなってるんでしょう?腰痛い…
 フィリピンでは台風30号で大被害が出ました。役場とかで募金集めてます。
 895ヘクトパスカル、瞬間最大風速が100mオーバーって、聞いたことがありませんし、例えば自分の町ならどのような被害が出るか想像ができません。少なくとも役場が吹っ飛べば何もできないのではと思います。職員も足らないでしょうから。
 
 前回、オリンピック絡みのお話をさせていただきました。猪瀬知事はいまそれどころではないようですが…

 前回の終わりに引き続きの話題として「国体=国民体育大会」の話題をさせてほしいという振りで終わりましたので、数十年に一度都道府県に降ってくる巨大公共事業、国がお金をじゃぶじゃぶ言わせるこの話をしていきます。
2013/10/30(水) 22:14
25
25

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」24日目(出向発令)

 またごぶさたしてしまいました。XXです。書くネタはあったのですが、病状が悪化して療養していました。
 伊豆大島はまた大変なことになっています。台風が過ぎ去った後の土砂災害が心配です。防災関連で「消防」という話題もやりたいのですが、少し先送りします。
 
 さて、2020年の東京オリンピック・パラリンピック決まりましたね。招致成功でマスメディアもはしゃいでますが、コッソリ予算が増えることも報じてます。自治体側からすれば、このようなスポーツ大会はいろいろなメリットがあります。私も関わっていたことが少しありますので、裏側もお話ししようと思います。
2013/09/09(月) 19:12
30
30

《225F》9日のナイトセッションの戦略と解析 &FX!雑感(バトルポイント暫定値など)

本日の東京タイムは、もう始まる前から(笑)ワッショイワッショイのお祭りムードですから、私的にはその「程度」の把握、観測に時間を割くことになりました。

五輪招致なるご祝儀相場。
2013/08/07(水) 13:32
25
25

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」23日目(公務災害)

皆さんこんにちは。XXです。
 この一週間、山口と島根の豪雨災害を見て、今年の異常気象の酷さに驚いています。
 被害に遭われた地域の皆さまにお見舞い申し上げます。
 加えて、農作物の管理が相当大変で野菜の値段も上がっています。
 また、何といっても驚いたのが鰻ですね。
 ついこの間まで普通に食べてたのに、いきなり絶滅危惧種寸前って。
 何かウラがあるんじゃないか?とうがった見方をしてしまうのは、元役人の悲しい性でしょうか。

 さて、少し前になりますが、宝塚市役所に来た市民がクレームの挙げ句、火炎瓶投げてポリタンクのガソリンを撒き、庁舎1階が大火災になる事件がありました。
 たまたま来られていたNHKの契約カメラマンさんが、リアルな映像を撮っていたため、ニュースで見られた方も多いかと。
 発端は固定資産税の滞納で貯金を差し押さえられた腹いせとのことです。
 6名の負傷された方が出ましたが、死者が出なかったのが不幸中の幸いでした。建物4日後には該当部署も業務を再開しました。
 ということで、今日のお話は「行政対象暴力」です。
 ここのところ「公務員バッシング」と相まってとても増えています。
 私の体験談も交えながらお話を進めたいと思います。
2013/06/30(日) 15:00
15
15

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」22日目

 こんにちは、元地方公務員XXです。
 またまた時間があいてしまいました。すみません。

 梅雨といいながら始めは空梅雨と高い気温で、農作物の管理も難しく水不足の懸念が出てました。ようやく雨が降ったら台風と大雨で田畑が大変とは困りものです。
 他方、橋下徹氏の慰安婦がらみの発言が一大事になってますが、大阪市長だったり大阪維新の会代表だったり日本維新の会共同代表だったり私人だったり、曖昧ですよね。本人は使い分けてるおつもりなんでしょうが、混ぜこぜになってることが裏目に出てるように個人的には感じます。
 知り合いの大阪市役所関係者に聞くと、苦情の電話が市役所のあちこちにかかっているとか。職員からすればたまったものではないと思いますね。
 大阪から遠く離れたところにいる私からみると、とうとう国益を損なうところまで来たか・・・と感じます。
 さて、今日は「地方自治体のIT事情」というお話をしたいと思います。
 最近、住民票がコンビニで発行できたり、工事や物品調達が電子入札になったり、図書館の本の予約がネットでできたりと、IT化が進んでいるように感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 実は…というお話です。
2013/05/22(水) 13:11
10
10

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」21日目(超過勤務)

こんにちは、元地方公務員XXです。ゴールデンウイークも終わり、やれ議会だやれ決算だと、自治体はあいも変わらずドタバタする時期に入りましたね。4月1日の人事異動で昇格された方々は、研修と仕事でてんやわんやかと思います。
 
 先日のニュースにて、3・11の被災自治体で復興予算の未消化、即ち使わないままの予算が1兆円以上にとってなったとか。
 これは、地元自治体の仕事がいっぱいいっぱいの限界に来ている一つの証拠です。
 例えば、復興住宅の建設のための土地の確保でいくと、地権者への説明・同意から買収に至るまで、非常に煩雑な手続きと時間や手間がかかります。
 ところが、
2013/05/06(月) 01:52
30
30

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」20日目

 こんにちは、元地方公務員XXです。
 ようやく温かくなってきて、花粉も少なくなってきました。花粉症の皆さんにはようやく「本当の春」が来たという感覚ではないでしょうか。
 地方自治体は、国の暫定予算が本予算に差し代わり、自分の仕事絡みの決算と国の決算に向けての精算報告の作成など慌ただしく、知り合いに聞いたところ「ゴールデンウイーク?何それ?」と言ってました。
 特に、生活保護も含めたケースワーカー不足は深刻を通り越してます。
 不正受給や若年層の生活保護受給、あるいは受給者から医療機関や住居の家主が変なことをしていないかチェックする体制、加えて子どもたちの危機を救うための児童相談所やDV被害からシェルタリングを行う相談施設など、住民の命に関わる正規職員の雇用を進める自治体にお住まいの皆様、以前にもお願いしましたが、ぜひご理解いただきたいと思います。
さて、前回に引き続き春にふさわしく「地方公務員の採用」というお話を進めてみようと思います。私が昔、地方公務員として採用された時のことを思い出しながら、その後職務として私が見た採用の実態をお話ししましょう。順序が逆ですが前回は「採用されたとき、その後」。今回は「採用試験や採用の傾向」のお話です。
2013/05/05(日) 13:51
30
30

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」19日目

こんにちは、元地方公務員XXです。
5月を迎えて、皆さま慌ただしかったりアンニュイだったりしていることと思います。
 新社会人やそれを受ける管理職や先輩の方々、就職が決まらない学生のために走り回る親御さんや先生など、3月から4月は師走以上に切羽詰まってたりしてはいないでしょうか。
 さすがに、J−CIAの読者の方、しかもこんな記事を有料で読む就活中の学生さんはそうそういないと思いますが…
 私も公務員時代に少し人事を担当した時期がありました。面接官はもっと上の管理職がやるので、私はひたすら事務の下働きでした。それでも一度経験すると、大体合格する方を見て分かるようになりました。
ということで、春にふさわしく「地方公務員の採用」というお話を進めてみようと思います。
 私も昔、地方公務員として採用されました。その時の話や、その後職務として私なりに見た採用の実態をお話ししましょう。2回にわたって進めます。順序が逆ですが今回は「採用されたとき、その後」。次回は「採用試験や採用の傾向」としたいと思います。
2013/04/11(木) 11:34
10
10

元地方公務員XXの「それさえも平穏な日々」19日目(超過勤務)

 こんにちは、元地方公務員XXです。前回の18日目が感覚が空いてしまったので、編集部にもご迷惑をかけてしまいました。

というわけで今回記事をがんばって2本書いてみようと思い、19日目をお届けします。

今回は具体的なお話というよりかは、資料を作るトリック・テクニックのお話をしたいと思います。民間の方は、資料作りのときに必ず使っておられることかもしれません。自治体だと、どんな風にするのかという例を挙げながら、この記事をお読みの皆さんはおそらくどこかの「住民」でしょうから、自分のところの自治体がまやかしをやっていないか、そのチェックの参考になればと思います。

 自治体職員の方で読んでおられる方はいらっしゃるんでしょうか?編集部から読者層や読者数など聞いたことがありませんので分かりませんが。冗談はさておき。「統計のマジック」です。大阪市営地下鉄のインチキもお届けしますよ。
次のページ>>