インテリジェンス

2017/02/14(火) 02:52

【インテリジェンスY】トランプ・タービュランスとランダム・ウォーカー

はじめに

2016年の米国では様々な条件が重なり揃うことでパーフェクト・ストームが生じてしまった。そしてその米国のパーフェクト・ストームはトランプ米大統領とその政権を生んでしまったのだという言う向きがある。
そして、2017年1月20日にトランプ氏が米大統領に就任してからおおよそ二週間で立て続けに署名された大統領令はおおよそ22件にものぼる。
それらの嵐のようで飽和攻撃のような大統領令の多くは、多くの議論を呼ぶような内容のものであった。
そして、トランプ米大統領の政治姿勢、その政治手法、トランプ米大統領とその政権が次々と打ち出す政策は、さらなる「嵐」を呼び起こしている。
官庁、軍、議会、司法、メディア、シンクタンク、ロビイスト、企業の多くは、トランプ米大統領とその政権をどのように把握し、どのように対応すればよいのか苦慮し、そして右往左往しているのだ。
現在のワシントンDCの状況を見た一部の人たちは、米国は乱気流に突入してしまったのであり、タービュラントな時代(乱気流=トランプ・アドミニストレーション)に入ったとみているようだ。
「不確実性が高い」とみられているトランプ米大統領とその政権との距離をうまくとろうとそれぞれがランダム・ウォークしているといった様相を呈している。

関連記事

よく読まれている記事

「インテリジェンス」の最新記事

お薦め商品


カテゴリトップに戻る