インテリジェンス

2017/03/06(月) 08:10

【インテリジェンスK】アメリカの動き 特別編 北朝鮮攻撃はどのように行われるのか

 マティス国防長官に続き、今度はティラーソン国務長官が来日します。(3月17日)。そして、水面下では米国防関係者と日本の防衛省の間の協議が始まっています。
 
 本来であれば、トランプ政権にとっては、中東情勢が最優先課題であるはずなのですが、目下のところ、焦点となっているのはアジア、特に北朝鮮です。ニューヨークタイムズによれば、オバマ政権下で、北朝鮮の核施設をサイバー攻撃する準備を整えていたと言われています。そして、実際にサイバー攻撃が行われ、北朝鮮のミサイル実験が相次いで失敗した時期もありました。オバマ大統領からトランプ大統領への引き継ぎの際も、北朝鮮問題の深刻さが伝えられていたと言います。
 
 韓国では、大統領は弾劾され、次期政権は親北政権になると見られています。とすると、アメリカは北朝鮮に対する攻撃を後回しには出来ないということになります。パククネ大統領の弾劾が確定すれば、半島の情勢は一気に流動化することになります。
 
 今回はアメリカによる北朝鮮がどのような手順で行われるのかをお伝えします。

関連記事

よく読まれている記事

「インテリジェンス」の最新記事

お薦め商品


カテゴリトップに戻る