【トレーダーMASAKIの当てたい相場予測!】

 MASAKIの勝手な予測であって、金融商品取引の助言や指導ではありません。本コンテンツをお読みになって何かの金融商品取引をしても何ら責任は取れませんし、取引しろとも言いません。読み物としてよんでください。
 
 一般的に出回っている手法とは考え方が違うので、はじめは戸惑いの投資家も多いでしょうね。多くはイケイケ型ですから。ただ、負けない、ノーリスクな、という視点でいけば「なるほどな!」に落ち着いてくると思います。当方、狼狽しない、ブレない、がモットーです。でも、あとは自己責任でお願いします。あなたの相場は、あなたにしかできないのですから。
2017/02/24(金) 18:33
298
298

夜はどうする?〜〜24日の夜から来週へ、《NK225F》戦略解析&《FX!》&《米国市場》

副題:魂なし SOULなし!? 手出し無用ノ介

米国市場はこれでMASAKIの数理解析の結果では文字通りの「手出し無用」之助 、そう、「無用ノ介」であるべし、 の「様子見」「ニュートラル」に入りました。あれこれ考えたり、米国株の上げ下げに一喜一憂するのもナンセンスな、解説すらも意味なし!と言うわけです。

と言うことは、残念ながら、悲しいかな、我が東京市場も米国市場追随の癖(へき)があるのでしょうから、(笑)、自ずと「それなりに」のスタンスになるでしょうね。
2017/02/23(木) 21:17
50
50

夜からどうする?〜〜23日の夜から明日へ、《225先物戦略解析》&《FX!ドル円、ユーロ円、ユーロドル》&《米国市場》

副題:たーびゅらんす(乱気流)
日経平均現物市場は連日の寄り天、寄り高ですねえ。
2017/02/22(水) 10:40
50
50

昼から夜、夜から明日、22日のここからどうする?〜〜《225先物戦略解析》&《おはよう!FX!》&《米国市場》

副題:これより週末へは【嵐】【暴走モード】【無秩序、chaos】

やりますねえ、米国市場。昨日昨晩もあげて 。連騰記録はとうとうこれで8(驚)。MASAKIのいうオプション脳思考で言う大きめの節目、壁、「20750攻防」にも果敢にチャレンジの夜となりましたね。いや、もう有無を言わさずのこれは「アメリカファースト」です。
2017/02/20(月) 18:17
50
50

ここからどうする?〜〜20日の夜から明日へ、《225先物戦略解析》&雑感

副題:出た!売買代金は今年最低!!

私用にて外出のためシグナルの記録のみになります。ご了承ください。
2017/02/19(日) 20:51
50
50

日曜日SP〜前日公開〜〜明日20日の《225先物戦略解析》&《おはよう!FX!》&《米国市場》

副題:月曜ボケ注意報発令か

2月は物理的にも営業日が少ないので早くも後半戦突入でせわしない印象があります。特に昨今の相場は地に足がついていないというと言い過ぎでしょうがなんだかふわふわした相場の印象がありますから2月相場のこの締めから3月のメジャーSQまでの数週間はまたまた気が抜けないですね。前回のメジャーSQ(2016年12月)は見事なまでに踏みあげ相場となり多くの売り方派が踏まされたいきさつがありますから(希代の相場師ジョージソロス氏が巨額の損失、一説には1100億円以上を計上したのもこの頃)明けて2017年最初のメジャーSQの動向は大いに注目に値しますね。もう3月相場をにらみながらのポジション構築を進めたいですね。
2017/02/17(金) 19:22
50
50

週末どうする?〜〜後場から夜、夜から週明けへ、17日の《225先物戦略解析》&《FX!》&《米国市場》

副題:買い方派のギブアップ売り、投げ売り注意報発令か!?

さてマーケットの歪みがそこかしこに出てきましたね。はっきりと目に見えるようになってきました。米国市場はフェノメナ、驚異的な減税の期待もあって連日の高値更新ですが具体的な中身がまだ全くわからない。いわゆる期待の増幅のみ。これにより?ドル円の動きがいまいち。1ドル=115円の壁が意外に厚く跳ね返されましたからね。日経平均もどこをどう見ていいのやら、米国株式市場の騰勢に金魚のふんでついていきたいもののこれだけでは片手落ち。為替の後押しも欲しかったところが思うようについてこなかった。こうした流れからもここもとでは日経平均は東京タイムのザラ場でも先物に大きな売り物が観測されるようになり既述のようにチャートの形状がますます悪くなりました。
2017/02/16(木) 18:12
50
50

昼から夜、夜から明日へ、ここからどうする?〜16日の《225F戦略解析》&《FX!》&《米国市場》

副題:陰線

オバマ大統領、じゃなかった(笑)、トランプ大統領、イエレンFRB議長。いまマーケットを動かしているのは(動かしていたのは
)この二人と言えるでしょうが、これでいいのか日本市場!という思いも強いMASAKIです。まあ、一国の首相でもなければ一国の中央銀行の総裁でもないのでそこまで心配してもなんの意味もないのですけどね(笑)。
2017/02/15(水) 19:10
50
50

夜はどうする?〜〜15日の夜から明日へ、《NK225F》戦略解析&《FX!》&《米国市場》

副題:ハート(心、魂)がないな

むかし「ハートのエースが出てこない」と言うイントロのブンブンブンもかわいいキャンディーズの名曲がありましたね。「やめられないこのままじゃ」の歌詞が印象的でした。

昨日の東京市場では「いまごろ?」の感もあった「東芝ショック」等と言う表現も使われ大きく下落した日経平均でしたが本日は切り返しましたねえ。
2017/02/13(月) 18:39
50
50

これからどうする?〜〜13日の後場から、夜から明日へ、《225F戦略解析》&雑感

これからどうする?〜〜13日の後場から、夜から明日へ、《225F戦略解析》&雑感
副題:高寄りはしたが…

日米首脳会談が懸念された事案(為替操作など)もおとがめなしで、これ以上ないほどの友好ムード演出にマーケットもこれを好感し日経平均は先週末金曜日の大幅高に続き 本日も上値追いとなりましたね。
ただし、一部に報じられた写真をみるとまさに「ちょっと体育館の裏来いや!」の風情で、大丈夫かいなと心配にもなりましたね(笑)。
2017/02/12(日) 14:11
50
50

日曜日SP〜事前公開〜〜明日13日の《225戦略解析》&《FX!》&《米国市場》

副題;業界はふたたび「日経平均は20000円へ」、MASAKIは「反落注意報発令」とみたが、さてさて

SQも通過して注目の日米首脳会談も熱いハグ。握手の時間がもっとも長かったらしいですね。友好ムード。なんの問題もなくこのまま「日経平均も20000円へ」の大合唱がまた始まりましたね。
ただ、これも例のイリュージョンの法則、手品の法則。一点に注目が集まっているときはその反対側もよく見ていかなければいけない。

早速見ていきましょうか。MASAKIの目線。MASAKIの数理解析。MASAKIのstrategyです。
2017/02/10(金) 14:17
50
50

昼から夜、夜から週明けへ、週末10日のこれから《NK225F》戦略・ミニSQ &《FX!》&《米国市場》

副題:【暴落崩落急落不時安型、〜の準備をする型】確定。さてさて。

何がどうなってるんです?という話です(笑)。1月末に報道された日銀政策決定会合の景気の観測では「…成長率見通しの引き上げは、海外経済の改善、為替の円安による輸出持ち直し…」と語られていたものが、昨日報道された自動車メーカーの決算では「…自動車大手7社の2016年4〜12月期連結決算が9日、出そろった。前年に比べ円高で推移する為替が収益を圧迫し…」とされていたのですね。
円安が?円高で?同じものを見て評価はこうも違うものなのかという話です。ドル円はチャートで見る限りはショートスパンもロングスパンも「(目先は)円高トレンド」と言えそうなんですけどね。
2017/02/09(木) 19:02
50
50

昼から夜、夜から明日へ、9日の《NK225F》戦略&《FX!》&《米国市場》

副題:にわかに【暴落崩落急落不時安型、〜の準備をする型】に(◎-◎;)!

ヤツが来るのか!?
唐突にでもないですが、これでヤツが来ますね(笑)。日経平均も頑張っていないわけではない。一進一退。いやむしろ、頑張りすぎと言えるほどに頑張っているのですけどね。その是々非々、ジャッジメントデイが近づいている、気配がある、なんですね。先日のテレビ株番組でも「個人投資家や法人の売りをせっせと日銀が買っている。」とまでいっていましたが…。おそらく統計的にもそのような数値がどこかに出ていたのでしょうね。
2017/02/08(水) 14:54
50
50

昼から夜、夜から明日へ、8日の《NK225F》戦略解析&《FX!》&《米国市場》

副題:手出し無用が得策か!?

引き続き《NK225F》はシグナルが目まぐるしく変化の猫の目変化状態です。買ったと同時に売りに変化、売ったと同時に今度は買いに変化と言ったところですから、神経をすり減らす分、寿命を縮めるようならもうやらない方が得策かもしれませんね。

本日は私用によりまた席外し外出となりますので前倒し。前引けにて、数理解析を施しました。ですので《NK225F》戦略は暫定です。
2017/02/07(火) 19:43
50
50

夜から明日へ、7日の《NK225F》戦略解析&《FX!》&《米国市場》

副題:シグナルが乱気流=整っていない=MASAKIは近々の調整ありとして危険視

チャートの形状の悪さはやはり昨晩、より鮮明に浮き彫りになりました。出ていましたね。米国市場追随の悲喜劇をこれから見に行くことになるのでしょうけど、やはり日経平均の価格形成の理由、根拠、ある意味投資家への刷り込みがおかしかったからではないかな?の疑念が残りますね。誰が言い出したのか「円安=日本株高」説にしろ現場の声とも違和感があったのですねえ。MASAKIの知人である大手自動車メーカーの秘書の子(とてもきれいな子です)がいましたが、彼女が言うにもFX!にそんなには左右されないよ、と。円高または円安でそれほど騒がないよと言うのです。騒ぐのはやはり証券業界なのかもしれません。
2017/02/06(月) 18:16
50
50

夜はどうする?〜〜6日の夜から明日へ、《NK225F》戦略解析&雑感

副題:陰に陽に、大逆転は面白い

なんだか魚の骨が喉に引っ掛かったような1日、東京タイムになりましたねえ。(笑)。ミニSQ週を迎える月曜日。「魔の火曜日」「魔の水曜日」はこれからですし、最近は「魔の木曜日」になったりしたこともありましたからね。油断大敵。
2017/02/05(日) 17:37
50
50

日曜日SP〜事前公開〜明日6日の《NK225F》戦略解析&《おはよう!FX!》&《米国市場》

副題:矛盾拡大増幅?これを「博打場、鉄火場」的に押しきるのか!?それでいいのか!?

米国市場が再び2万ドルを回復しましたね。当欄ではお馴染みで、米国市場と東京市場の質の違い、換言すれば投資家にとって「愛」があるかないか、(笑)、つまりは投資家がマーケットとして儲けやすいかどうかをしばしば論じてきました。米国市場が2万ドルに乗せたのは当欄ではその売り方VS買い方の力学的解析から「いつでも可能」とまで談じていましたが、先週末は例の雇用統計の発表の夜(月に1度の祭りの夜)でしたが、この内容も市場予想よりも良かったとなれば買いが買いを呼ぶのは大いに納得でしたね。また、その経済指標の発表は例によってきっかけでもありましたね。なぜならMASAKIのstrategyでは、シグナルも「買い」でしたから「上げやすく下げにくい」イメージそのままに自然体として早くも結果が出たとなるわけです。
2017/02/03(金) 18:17
50
50

夜から週明けはどうする?〜〜3日の《NK225F》戦略解析&《FX!》&《米国市場》

副題:クセがすごい(売りがすごい)東京市場か!?

激動の2017年はもうだいたい覚悟というかうっすらとわかりますが、まさに何が起きるかわからない。昨日もMASAKIはビックリ仰天。なんと「安倍首相、公的年金(GPIF)をアメリカのインフラ投資等に利用へ!日米首脳会談で提案!」との一報に、何度もその文面を読み返しましたからねえ。行間に意味があるのかと何度も読み返しましたよ。まさに口あんぐり。
2017/02/02(木) 17:17
50
50

これからどうする?〜〜2日の夜から明日へ、《NK225F》戦略解析&《FX!》&《米国市場》

副題:痛快に決まりましたね!!売り戦略(^^)v

2日の東京市場東京タイムはMASAKIとMASAKIの支持者、以外の投資家の方及び業界の方々にとっては「まさか!!(◎-◎;)!魔坂の下げ」に写ったことでしょうねえ。日経平均は前日比三桁の下げ。多くの投資家及び業界の方々は「上へ」を見ていたようですからね。
2017/02/01(水) 19:31
50
50

昼から夜、夜から明日はどうする?〜〜1日の《NK225F》戦略解析&《FX!》&《米国市場》

副題:痛快に決まりましたね!!買い戦略(^^)v

多くの投資家及び業界の期待(MASAKIの見方では「野望」)だった「1月相場、月足陽線」は昨日あえなく砕け散りました。これをして、マーケットも少なからず同様。いやいや「動揺」。加えてトランプ大統領の過激な発言!?「名指しで日本批判」もクローズアップされていました。が、MASAKIは思いますがトランプ大統領の言動や動向を悪役扱いするのはなんだかおかしな話ですよね。トランプ氏はなにも変わっていないからです。むしろ大統領候補時代に言っていたことを、当選後に忠実に「ちゃんと」実行にうつしているだけですからね。公約、そう約束したことをちゃんと守っているわけですから。ある意味約束をちゃんと守る人として信用、いや信頼がここにはありますよね。
2017/01/31(火) 18:49
50
50

夜はどうする?〜〜31日の夜から明日1日へ、《NK225F》戦略解析&《FX!》&《米国市場》

副題:さあどっちだ?上か?下か?

大引け前にうちのチャイムが鳴ったので、くそ忙しいときに(笑)、困ったな誰だろうとドアの覗き窓から見ると、不可思議にも昔なつかしい戦友(もちろんマーケットにおいて)の顔が…。
次のページ>>